*** june typhoon tokyo ***

The night is still young...

名古屋×FC東京【J1リーグ】

2018-10-07 23:59:59 | FC東京

 大森移籍後初ゴールと永井の古巣弾で、FC東京が長い連続未勝利トンネルから脱出。

 連敗で再び降格ゾーンに戻った名古屋と8試合連続未勝利で優勝争いから脱落、ACL圏外へ順位と落としたFC東京という両者ともに負けられないなかでの戦いは、FC東京が8月19日の札幌戦以来の複数得点でようやく2ヵ月ぶりに勝利。長いトンネルから抜け出し、再びACL圏内への挑戦可能な順位に踏みとどまった。

 序盤から前線から素早いプレスをかける“ファストブレイク”を仕掛けていったFC東京。5分には太田のFKからフリーの森重の頭でゴールを狙うも、名古屋のGK・ランゲラックに阻まれて得点ならず。その後も圧力をかけていくが、アタッキングサードに入ってからのパスの精度やボールロストが散見されると、次第に名古屋がボールを支配し始める展開に。ただ、名古屋もパスを左右に回すものの足元へのパスが多く、それほど崩す場面は見られない。前線のジョーもボールを貰うために下がってくるなど、攻撃のバランスはイマイチ。このあたりは、エドゥアルド・ネットが累積警告により不在、負傷から復帰したガブリエル・シャビエルはまだ様子見のベンチスタートという状況に加え、8分に右SBの宮原が負傷で交代を余儀なくされ、早くもカードを1枚切らざるをえなくなった展開も影響したかもしれない。負傷の宮原に代えて長谷川アーリアジャスールを投入しボランチへ、和泉を右SBに移し、ポゼッションを高める名古屋だったが、支配率の数字ほど攻撃に脅威は感じられなかった。
 一方、FC東京はディエゴ・オリヴェイラと永井の2トップへロングボールを走らせ、高めで攻撃的な名古屋のDF陣の裏を突こうとするも、ややディエゴ・オリヴェイラ、永井それぞれへの単発でのボールが多く、サポートがなく孤立する場面が頻繁に見られ、打開するまでにはいかない。橋本のミドルシュートなどもあったが、コンビネーションのなかからのシュートの選択というよりも、連動性がやや欠けたなかでのシュートゆえ、停滞を破るきっかけを作ろうとする意図は見えたが、枠外ということもあり、それほど効果的ではなかった。

 後半も両者とも攻めあぐねるという意味での一進一退が続いたが、65分にディエゴ・オリヴェイラが右サイドから相手DFを交わしてボックス内へ進出、ゴールラインを割る寸前にグラウンダーで折り返すと、中央へ駆け込んだ大森がダイレクトにネットを揺らしてFC東京が先制。ラインを割ったかどうか微妙なところではあったが、名古屋がセルフジャッジして動きを止めた一瞬の間が、この試合の大きなポイントとなる得点に繋がった。大森はFC東京移籍後初ゴール。名古屋はすかさずこの日ジョーと2トップを担ったFW青木に代えて怪我明けのガブリエル・シャビエルをピッチに送って反撃を試みるも、FC東京の攻勢は止まらず。68分に自陣右サイドから東が縦に一本のパスを送ると、これに反応した永井がとペナルティエリアライン上で内へ切れ込み、対峙した名古屋DF・中谷を交わしてシュート。これがゴール右上隅に決まって、FC東京が追加点を挙げる。

 降格圏脱出のためにホームでの負けは許されない名古屋は、前田が右サイドから内にカットインしてからのミドル、75分には金井に代えて秋山を投入し、3枚目のカードを使い切る。敵陣への圧力を高めたい名古屋だが、FC東京は前線のディエゴ・オリヴェイラや84分に投入された矢島が前から懸命に名古屋DFを追い、容易に攻撃へ移らせない。アディショナルタイムは名古屋が攻勢を仕掛け、FC東京が必至のディフェンスで食い止める展開に。すると、前田がエリア手前右から上げたクロスがチャン・ヒョンスのオウンゴールを誘って1点差に。だが、時すでに遅く、中央を固めてこじ開けさせなかったFC東京が名古屋を振り切り、アウェイで勝ち点3をゲット。連続未勝利を8で止めて、ACL争いにかろうじて踏みとどまった。名古屋は7連勝後、3連敗。

 前へ圧力をかける攻めがようやく戻りつつあり、複数得点も生まれたFC東京。アディショナルタイムでのオウンゴールは余計で、出来ればクリーンシートで終わりたかったものの、未勝利というトンネルを抜け出すために必要な勝利を得られたことはポジティヴに考えていい。しかしながら、名古屋が重心を前にしたスタイルはFC東京にとっては与しやすしという部分もあり、この試合で完全に吹っ切れたといえるかといえば微妙だ。攻め手もディエゴ・オリヴェイラや永井が孤立する場面が多く、その両者がボールを運んでサイドに流れると、エリア内には攻撃の人数が足りないという状況は大きな課題だ。ロングボールで走らせて打開するとしても、そのサポートを意識して、前線と中盤がいい距離感を保てないと、攻撃の迫力も生み出せない。また、ボールを高い位置で奪ってからのスピードダウンも気になるところ。つまるところ、前線への走り出しの動きが少ないから、味方の上がりを待つためにスピードダウンして、相手の帰陣の時間を与えてしまうというクセはまだ払拭されないままだ。
 それと、アタッキングサードへ攻めながら安易に後ろへ戻して、GKからロングフィードという展開も多用するべきではない。せっかくボールを支配しながらも、ボールの支配を相手に渡す確率を高めてしまうのは勿体ない。もう一つ、自陣でピンチの時にはセーフティファーストでボールを切ることを徹底してもらいたい。無駄にボールをキープしようとして相手に引っ掛けられれば、致命傷のボールロストになりかねない。

 残り5試合はC大阪、横浜FM、磐田、川崎、浦和となる。C大阪とは5差、浦和とは4差とそれぞれ勝ち点にそれほど差がなく、一つの勝敗でACL争いに加わってくる可能性が高いし、川崎は優勝を決める大一番になる状況も考えられる。磐田も未勝利が続き、降格圏に落ちぬよう必死の形相で向かってくるはずで、楽な試合は一試合たりともない。FC東京もタヌキがマスコットにチームではあるが、“捕らぬ狸の皮算用”をせず、目の前の相手を確実に倒す、熱くも冷静な判断で試合に挑む必要がある。

 次節は代表戦ウィークを経ての2週間後。本日の試合でCBのチャン・ヒョンスが累積警告により出場停止となるが、チーム全体でカヴァーし合って、必ずホームでの勝利を挙げてもらいたい。

◇◇◇

【明治安田生命J1リーグ 第29節】
2018年10月07日(土)16:03試合開始 豊田スタジアム
入場者数 33,251人
天候 晴 / 気温 26.7℃ / 湿度 46%
主審 木村博之 / 副審 平間亮、勝又弘樹 / 4審 間島宗一

 名古屋 1(0-0 / 1-2)2 FC東京

≪得点≫
(名): オウンゴール(90+4分)
(東): 大森晃太郎(65分)、永井謙佑(68分)

◇◇◇
≪スターティングメンバー≫
GK 33 林 彰洋
DF 02 室屋 成
DF 48 チャン・ヒョンス
DF 03 森重真人
DF 06 太田宏介
MF 38 東 慶悟
MF 08 高萩洋次郎
MF 18 橋本拳人
MF 39 大森晃太郎 → 丹羽大輝(90+6分)
FW 11 永井謙佑  → 矢島輝一(84分)
FW 09 ディエゴ・オリヴェイラ → リンス(89分)

≪サブスティテューション≫
GK 01 大久保択生
DF 26 柳 貴博
DF 05 丹羽大輝
MF 27 田邉草民
MF 07 米本拓司
FW 13 リンス
FW 23 矢島輝一

≪監督≫
長谷川健太


◇◇◇






◇◇◇
【明治安田生命J1リーグ 2018シーズン日程】
第01節 2018/02/24(土)14:00△FC東京 1-1 浦 和(H・味スタ
第02節 2018/03/03(土)15:00✕FC東京 0-1 仙 台(H・味スタ
第03節 2018/03/10(土)15:00✕FC東京 0-2 磐 田(A・ヤマハ
第04節 2018/03/18(日)15:00〇FC東京 1-0 湘 南(H・味スタ
第05節 2018/03/31(土)15:00〇FC東京 3-2 G大阪(H・味スタ
第06節 2018/04/08(日)14:00〇FC東京 5-2 長 崎(A・トラスタ
第07節 2018/04/11(水)19:00〇FC東京 2-1 鹿 島(H・味スタ
第08節 2018/04/14(土)15:00✕FC東京 0-1 C大阪(A・ヤンマー
第09節 2018/04/21(土)13:00〇FC東京 1-0 清 水(A・アイスタ
第10節 2018/04/25(水)19:00〇FC東京 3-1 広 島(H・味スタ
第11節 2018/04/28(土)15:00〇FC東京 3-2 名古屋(H・味スタ
第12節 2018/05/02(水)19:00△FC東京 0-0 神 戸(A・ノエスタ
第13節 2018/05/05(土)14:00〇FC東京 2-0 川 崎(A・等々力
第14節 2018/05/13(日)16:00△FC東京 0-0 札 幌(H・味スタ
第15節 2018/05/20(日)15:00△FC東京 0-0 鳥 栖(A・ベアスタ
第16節 2018/07/18(水)19:00〇FC東京 1-0  柏 (A・三協F柏
第17節 2018/07/22(日)19:00〇FC東京 5-2 横浜FM(H・味スタ
第18節 2018/07/27(金)19:00✕FC東京 0-1 長 崎(H・味スタ
第19節 2018/08/01(水)19:00〇FC東京 2-1 鹿 島(A・カシマ
第20節 2018/08/05(日)19:00〇FC東京 1-0 神 戸(H・味スタ
第21節 2018/08/10(金)19:00✕FC東京 1-2 G大阪(A・吹田S
第22節 2018/08/15(水)19:00✕FC東京 0-1  柏 (H・味スタ
第23節 2018/08/19(日)13:00✕FC東京 2-3 札 幌(A・札幌ド
第24節 2018/08/26(日)19:00△FC東京 0-0 湘 南(A・BMWス
第25節 2018/09/02(日)19:00△FC東京 0-0 鳥 栖(H・味スタ
第26節 2018/09/15(土)14:00✕FC東京 0-1 仙 台(A・ユアスタ
第27節 2018/09/22(土)19:00△FC東京 1-1 広 島(A・Eスタ
第28節 2018/09/29(土)17:00✕FC東京 0-2 清 水(H・味スタ
第29節 2018/10/07(日)16:00〇FC東京 2-1 名古屋(A・豊田ス

第30節 2018/10/20(土)19:00 FC東京 vs C大阪(H・味スタ
第31節 2018/11/03(土)14:00 FC東京 vs 横浜FM(A・日産ス
第32節 2018/11/10(土)14:00 FC東京 vs 磐 田(H・味スタ
第33節 2018/11/24(土)14:00 FC東京 vs 川 崎(H・味スタ
第34節 2018/12/01(土)14:00 FC東京 vs 浦 和(A・埼 玉

◇◇◇
【明治安田生命J1リーグ 2018順位表】※2018/10/07現在(暫定)
01 川 崎 57/29/17/06/06/44/21/+23
02 広 島 56/29/17/05/07/42/25/+17
03 鹿 島 46/29/13/07/09/42/34/+08
04 FC東京 46/29/13/07/09/36/28/+08
05 札 幌 44/28/12/08/08/38/41/-03
06 浦 和 42/29/11/09/09/41/30/+11
07 仙 台 42/29/12/06/11/39/44/-05
08 C大阪 41/28/10/11/07/34/31/+03
09 清 水 40/29/12/04/13/45/41/+04
10 横浜FM 38/29/11/05/13/52/49/+03
11 神 戸 37/29/10/07/12/34/41/-07
12 G大阪 36/29/10/06/13/31/39/-08
13 湘 南 35/28/09/08/11/32/36/-04
14  柏  33/29/10/03/16/38/45/-07
15 磐 田 33/28/08/09/11/30/42/-12
16 名古屋 31/27/09/04/14/44/50/-06
17 鳥 栖 30/29/07/09/13/23/31/-08
18 長 崎 28/29/08/04/17/34/51/-17
※(勝点/試合数/勝利/敗戦/引分/得点/失点/得失点差)

◇◇◇






◇◇◇













にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 サッカーブログへブログランキング・にほんブログ村へ
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« FC東京U-23×G大阪U-23@西が... | トップ | 早稲田大×明治大@神宮【東京... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

FC東京」カテゴリの最新記事