*** june typhoon tokyo ***

The night is still young...

FC東京×仙台@味スタ【ルヴァンカップ】

2018-05-16 23:59:59 | FC東京
 ホームでのグループステージ最終戦を勝利で飾れず、グループ最下位でルヴァンカップを終える。

 ルヴァンカップのグループステージ最終節は互いに低調なまま、オウンゴールによる1点を守った仙台が勝利し、グループステージ首位通過を決めた。

 前節でグループステージ突破の望みを絶たれたFC東京は、なかなか連動した攻撃が生み出せない。2トップの富樫と矢島、2列目の久保とリッピ・ヴェローゾとの距離感、連係も微妙でテンポよくボールを運べないでいると、仙台がボールを支配していく展開に。リーグ戦でも先発する西村を中心に、サイドからのクロスを絡めた攻撃で得点を狙う。

 30分、仙台は自陣でFC東京からボールを奪うと、一気にFC東京ゴールへと攻め込む。左サイドのスペースへ抜け出した永戸が中央にグラウンダーの速いクロスを放つと、これに対応しようとした山田の足にボールが当たって、そのままゴールへ。法政大学の同期となる永戸と山田の間で起こったオウンゴールで、仙台が先制した。

 ルヴァンカップ突破はならずとも、ホームでの勝利を見せたかったFC東京だったが、その後も仙台の攻勢を受けることに。40分には仙台がエリア内での混戦からジャーメイン良、西村が矢継ぎ早にシュートを放つが、3度連続してGK大久保択生が跳ね除けて、ゴールを死守。FC東京のなかでこの日一番の奮闘ぶりを見せていた。

 後半もFC東京は攻撃のギアが上がらず、1点を追う身でありながら、仙台ゴールへ向かう気迫や推進力があまり感じられず。一方、オウンゴールというラッキーな形でリードした仙台も、不用意なカウンターを受けないように裏のスペースを消す重心が低めのポジショニングを取り、失点を防ぐことに注力。FC東京が久保のドリブル突破からのスルーパスや細かいパス回しから攻撃を続ける時間帯もあったが、仙台はしっかりとした守備からの縦への速いカウンターで押し返して2点目を狙う形へ移行。どちらもゴールを奪うチャンスはあったが、FC東京はリッピ・ヴェローゾや矢島の決定機などはあったものの、全体的にゴールへ迫るスピードとアタッキングサードからの精度に難があり、仙台もリスクを負ったチャレンジを控えたため、質としては低調な応酬で時間が経過。互いに自らの流れの中で得点を奪えないまま、仙台がオウンゴールでの1点で逃げ切った。

 FC東京はクオリティという部分でレギュラー組と差が出たが、それ以上にホームで勝利を挙げようという気迫があまり感じられなかった。もちろんピッチ上の選手たちは勝利へ向けて奮闘していたとは思うが、チームとしての連係が生まれず、それぞれが単発で何とかしようとして空回りした状態が最後まで続いてしまった感じだ。その意味で、この試合で先発したメンバーはもう一つ、二つ、技術的な精度はもちろんのこと、メンタルの部分でもレギュラー組を脅かす存在としてのパフォーマンスは潜めたままとなってしまった。惜しい部分もあったとはいえ、最も印象に残ったのが大久保択生のセーヴという試合内容は、やはりいただけない。

 ルヴァンカップをグループステージ敗退で終えたことで、控え組や若手はカップ戦とはいえ、これで実践的にJ1でチャレンジ出来る舞台を失った。今後はJ3や練習で大きくアピールしなければならないが、レギュラー組との差はそう簡単に埋まらない。ルヴァンカップでさまざまに露見した課題をどのように克服していくか、その即応性と精度を高めることがチーム層を厚くすることにも繋がる。その部分を強く意識して、いざという時に備えておかねば、レギュラー組と競争するポジションにさえ這い上がることは厳しい。一層の奮起を望みたい。

◇◇◇

【YBCルヴァンカップ グループステージ 第6節】
2018年05月16日(水)19:03 試合開始 味の素スタジアム
入場者数  6,016人
天候 晴 / 気温 24.2℃ / 湿度 58%
主審 飯田淳平 / 副審 唐紙学志、森川浩次 / 4審 佐藤貴之 / 追加副審 佐藤誠和、数原武志

 FC東京 0(0-1 / 0-0)1 仙 台

≪得点≫
(東):
(仙): オウンゴール(30分)

◇◇◇
≪スターティングメンバー≫
GK 01 大久保択生
DF 29 岡崎 慎[U-21]
DF 04 吉本一謙  → 柳 貴博(78分)
DF 22 山田将之
DF 25 小川諒也
MF 15 久保建英[U-21]
MF 10 梶山陽平
MF 44 品田愛斗[U-21]
MF 51 リッピ・ヴェローゾ → 平岡 翼(65分)
FW 17 富樫敬真
FW 23 矢島輝一  → 原 大智(65分)

≪サブスティテューション≫
GK 30 廣末 陸[U-21]
DF 26 柳 貴博[U-21]
DF 47 木村誠二[U-21]
MF 40 平川 怜[U-21]
FW 19 平岡 翼
FW 24 原 大智[U-21]

≪監督≫
長谷川健太

◇◇◇















































◇◇◇





◇◇◇

【JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ】
第01節 2018/03/07(水)19:30✕FC東京 0-1 横浜FM(A・ニッパツ
第02節 2018/03/14(水)19:00〇FC東京 1-0 新 潟(H・味スタ
第03節 2018/04/04(水)19:00✕FC東京 0-3 仙 台(A・ユアスタ
第04節 2018/04/18(水)19:00△FC東京 2-2 横浜FM(H・味スタ
第05節 2018/05/09(水)19:00✕FC東京 2-3 新 潟(A・デンカS
第06節 2018/05/16(水)19:00✕FC東京 0-1 仙 台(H・味スタ

【Aグループ 順位表】
01 仙 台 11/6/3/2/1/10/06/+4
02 横浜FM 11/6/3/2/1/10/08/+2
03 新 潟 07/6/2/1/3/09/10/-1
04 FC東京 04/6/1/1/4/05/10/-5
※勝点/試合/勝利/引分/敗戦/得点/失点/得失点

※順位
グループステージが終了した時点で、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。ただし、勝点が同じ場合は以下の順によって順位を決定する。
①勝点が同一のチーム同士で行った試合の勝点
②勝点が同一のチーム同士で行った試合の得失点差
③勝点が同一のチーム同士で行った試合の得点
④勝点が同一のチーム同士で行った試合のアウェイゴール
①~④を適用してもなお、順位が決定しない場合、①~④を当該チームの直接対決に限り再度適用して、最終順位が決まる。この手順で決定に至らない場合、⑤~⑨が適用される。

⑤グループ内の全試合の得失点差
⑥グループ内の全試合の得点
⑦順位決定にかかわるチームが2チームのみで、その両チームがフィールド上にいる場合はPK方式(ABBA方式)
⑧反則ポイントの少ない順
⑨抽選
















にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 サッカーブログへブログランキング・にほんブログ村へ
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« FC東京×札幌@味スタ【J1リー... | トップ | Johnny Gill@Billboard Live... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

FC東京」カテゴリの最新記事