JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

同窓会

2014-05-23 12:20:19 | 日記
 高校の同窓会があった。初夏を思わせる土曜の夕方、高校のある地元のホテルの一室を借りて100人を超える人達がどことなくおそるおそる集まった。

 私の通った高校は1学年400人超。卒業時には11クラスだったらしい。約4分の1の元生徒が集まった計算だ。卒業時のクラスで集まるクラス会は年に2回もやっているので、よく見る顔はもう懐かしいとも感じないが、高校卒業以来30年以上過ぎて見る顔は、懐かしいを通り越して、まったく判別がつかない。胸につけた名札をチラチラ見ながら、男女の別なく目があった人間には誰かれ構わず話しかけてみる。すると面白いことに、お前のことはよく覚えている、などと話し始める人が何人もいた。

 黒板に書いた落書きの話、放課後の部活の話、化学室の暗幕に隠れていたコウモリの話、先生のものまね、柔道一家の先生の家に間違って忍び込んでしまった可哀想な泥棒の話。ある女性には、毎朝同じバスで通っていたのを覚えているか、と聞かれたが、その瞬間まで自分がバス通学であったことすら忘れていたので、一緒にバスに乗っていた人のことなど覚えているわけがない。が、いやもちろん覚えているさ、ははは、と心なしか弱々しい笑いを交えながら話しを続けることができるぐらいには年を取った。向こうも、そんなことがわかるぐらいには年をとっているわけで、分かり合える空気が漂うお互い様の同窓会だ。

 なるべく多くの人と話すように努力してみたが、結局半数と話しをすることすらできなかった。体型の問題だけで言うと、何人か特別に大きく膨らんでいる人を除いては、おおむねスマートだったことには驚いた。泳いでいるとか走っているとか健康に気を使っている人が多かった。そのせいか容姿全般にやけに老け込んでしまったなと思わせる人は居なかった。同窓会に出席した人と、しなかった人を比較検証してみたらどんな結果になるのだろう、そんなことも考えた。

 その昔であれば、50代半ばともなれば、次の世代に先を譲って隠居の身でも構わなかっただろうが、今はそうはいかない。柔軟に変化できなければ生き残って行けないのは企業も人も同じだ。時代の要請に合わせて変化しながら自分の生活を自分で作っていかなければならない。先はまだまだ長い。企業や役所の中で出世して、それなりの地位に就いている人も多かったが、変化を先取りして自分で起業したり、フリーランスで活躍している人が多かったのにも驚いた。団塊の世代のギラギラと脂ぎったはじけようとは大きく異なるが、しっかり周囲を見ながら和やかにしなやかに自分の道を歩いている仲間たちが多い世代であるように思う。

 おそらくどんな組織であっても、わが仲間たちの世代が現場の中心になって物事を決断し推し進めているのだろう。大変な日々を過ごしているに違いない。そんなことは微塵も感じさせずに高校時代の笑い話を持ちだして無邪気に笑い合っている彼らにもっと敬意を払うべきだったかな、と振り返って今思う次第だ。(三)


monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

ゴルフその4

2014-05-22 09:00:00 | 日記
昨年4月に「ゴルフその3」を書いてから1年がたってしまったが今回は「ゴルフその4」ということになる。
昨年12月より5回連続で100を切れないゴルファーになっている、原因は寒さという事にしてあまり気にしていなかったが、5/1のゴルフは雨上がり後と難しいコースという事もあったが100(パット数39、OB2、パーオン率27.8%)でまたしても100が切れないでいる。

私はパーオン率にこだわっている、パーオンとはホールごとに決められている目的の打数(これをパーという)からこれも目的のパット数2を引いた打数でグリーンに乗せる事を言い、パーオン率とは18ホール中何回パーオンできたかの率である、今回は5回なので5/18で27.7%という事になる。私は、密かに第1目標としてパーオン率55.6%(10/18)、パット数32、ストローク数82、第2目標として88を越えない事としているのだが、これでは少し目標を下げる(ストローク数は上げる)必要がありそうである。
パーオン率で過去最高は72.2%(13/18)であった、ただしこの時4回あるPar3ホールは1回しかパーオンしていない、つまり3回はパーオンを逃している、もしPar3ホールですべてパーオンできればパーオン率は88.9%(16/18)ですごい数字になるの所であった。

私はPar3とクロスバンカー(グリーン近くでなくフェアウエー途中にあるグリーンまでの距離があるバンカー)を苦手にしている、これはメンタル面であることは分かっている、Par3では乗せる意識が強く、クロスバンカーでは遠くに飛ばそうとの意識で力が入ってしま、いずれも意識過剰という事になる。

ところが、今回のPar3ではパーオン率75%(3/4)でグリーンをはずした1回は左に2ヤード程はずし寄せ1パットでパーをセーブし、3パットのボギーが1回でPar3だけでは13ストロークの1オーバーとしている、これも原因は分かっている、3月末にプレーしたときに気がついた(これを開眼という)事で、今まではボールを真直ぐに飛ばそうとしすぎていたが、真直ぐに飛ばす意識をしないで、どちらかに少しボールを曲げる(曲がる意識を持つ)事でかなり良くなった。

もう一つの苦手であるクロスバンカーであるが、これは数年前に6Iで上手く打てた事が改善のヒントになると思っている。足場はバンカー外ボールはバンカー内という状態で「どうせグリーンには届かない」という意識で力が抜けて打てたのである、またプロのバンカーショットは右足踵を上げないで打っている、つまり下半身に力は入っていないのである。もっとインパクトまで、ゆっくり力を抜いて打ってみようと思っている。

実は今回のブログはジェイエスピーでゴルフを始める方々が増えて来たので「基本の基本」と「マナー」について書こうと思って書き始めたのだが、自分の事を書きだしたら止まらなくなってしまった、次回はその「基本の基本」、例えば腰の回し方の基本的考え、手首の使い方(コックという)の方向、バックスイングの支点の考え方などを書きたいと思う、「基本の基本」を押さえれば上達も早いと思うので・・・
また「マナー」についても書きたいと思う、最近の若いトッププロは「マナー」が悪すぎる、海外に出ると同伴競技者からハッキリと指摘されるケースが増えている、恥ずかしい限りである、我々ゴルフを愛する者は気を付けたいと思う。
では、次回のテーマも決まった事で・・・
(鉄)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

3度目のジムライフ

2014-05-21 10:52:01 | 日記
先日、人生3度目となるスポーツジムへの入会を果たした。
1度目は20代最後の年、IT業界に足を踏み入れたばかりの頃だったかと思う。
仕事はそれなりに忙しかったが、やりたかった仕事にようやく就けた事もあり気力も充実していたのか、自分を磨きたいとの思いから以前より興味があったジム通いを始めた。
最寄駅の程近くだったが、自宅とは反対側の立地であまり通いやすいとは言えなかったが、仕事帰りやら休日やらに足繁く通い、ひたすら筋トレとランニングマシンで走っていた。現場が変わったことでだんだんと仕事が忙しくなり、1年程通ったところで辞めてしまったが、おそらくその頃に今の妻と出会った。その頃の自分は細マッチョでなかなかいい体だったそうである。まるで今はたるんでしまったかのような言い方をされるが、以前よりお腹がほんのちょっと出てるだけだ。

そして2度目。妻と結婚し今の住居に引っ越したのだが、その場所が以前通っていたジムに程近く、体も鍛えたいしまたちょっと通ってみるか、と妻と一緒に2度目の入会を果たした。特に目標や目的もなく。これがまずかった。やはり目的意識や目標がないと気持ちも続かないもので、2ヶ月くらいは休日に週1ペースくらいで通っていたのだが、だんだんと行くのが面倒になり、しまいには月1で運動もせず風呂だけ入って帰る、という非常に高価なスーパー銭湯みたいな使い方になってしまった。こりゃいかん、と程なくして退会した。

そして3度目。最寄り駅周辺の再開発が進み、新しい複合商業施設が1年ほど前に完成した。そこに新しいスポーツジムがテナントの一つとして入った。前回のジムで散々な辞め方をしていても新しいものは気になるもので、ずっと気にはなっていたものの入会には至らずに1年ほどが過ぎた。

そんな中、妻の友人の伝で市民マラソンのイベントに参加することになった。このイベントは月例で毎月行われており、マラソンと言っても下はファミリー向けの700mから最長は20kmと6種のコースがあり、速さや順位を競うというよりは月1で参加し続けることで健康な体づくりをみんなで楽しみましょう、という緩めのマラソンイベントだ。
妻は元陸上部(中学だけで短距離だけど)。私は通勤でギリギリの時間に家を出て駅まで走るというトレーニングを日々行っている。走れないわけがないと、妻の友人の多くがエントリーする5kmの部に軽い気持ちでエントリーした。が、思った以上に走れなかった。私はそれでも日々の鍛錬が実を結んだのかきついながらも走れたのだが、妻は日頃の運動不足がモロに祟り、完走もやっと、という状態だった。妻の友人は「全然走れませんよ」と言っていたのにも関わらず私たちの遥か先でゴールしていた。

と、いうわけで、妻の負けん気に火がつき、ジョギングするぞーと息巻いて近所の公園を走ったりしてみたもののなんか恥ずかしい。あ、そうだ、新しく出来たジムが気になるぞ、無料体験会やってるから行こう→今日入会すれば入会金安いですよ→じゃあ入らなきゃダメじゃん!のコンボがものの見事に決まり入会に至ったわけである。

まあ今回は曲がりなりにも目標がある。マラソンイベントで「全然走れませんよ」と宣った憎き友人を、夫婦2人で「お先に~、頑張って!^^」と爽やかにエールを送りながら涼しげに抜き去っていくという目標が。あと、入会から2ヶ月の間に、私の筋肉の増加量、妻の脂肪の減少量に応じて、ジムのショップで使えるクーポン券がもらえるお得なキャンペーンも開催中だ。これで頑張れないわけがない。大丈夫なはずだ。
数ヵ月後に取り戻せるであろう割れた腹筋が今から楽しみである。(村)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

三線

2014-05-20 08:35:23 | 日記
 先日某ホームセンターの広告を何気なく見てみると、ゴールデンウィークの特別企画として「空き缶で作る三線」のワークショップが掲載されていた。かかる費用は500円のみ。この値段で、手作りを楽しみながら、楽器を手に入れることが出来る。これは参加しないわけにはいかないと、カレンダーに予定を書き込んだ。

 事前予約は出来ず、人数限定のため、早めにいかないと一杯になってしまうだろうと、当日は開店と同時に入るつもりでいた。しかし当日の朝少し寝過ごしてしまったため、店に入ったのは開店から10分ほど経ってからだった。ワークショップを見つけて確認してみると、やはりすでに一回目は満員。まだ二回目は空いているということだったので、1時間後の開催分を予約した。

 ここで三線の少し説明を少しだけ。三線は「さんしん」と読み、沖縄や奄美を中心に用いられてきた楽器である。名前の通り弦は三本。沖縄音楽などで、その明るい音色を耳にした方も多いのではないだろうか。

 近くの家電量販店で時間をつぶした後、開始10分前にお店に戻った。ワークショップに行ってみると、まだ前の人達が作業している。なかなか苦戦しているようだった。それでも次の開始時間には皆作業が終了し、時間通り始めることが出来た。ゴールデンウィーク、かつ手作り企画ということもあり、子供ばかりで浮くだろうなと覚悟していたが、子供連れは二組程度。後はカップル二組、、ご年配の方が二人、同世代が他に一人と、作る物が三線のためか、思っていたほど浮くことは無かった。

 材料が前に並べられたが、さすがに短時間ということもあり、あらかたの部品は作られ組み立てられている。まずは棹の部分のヤスリがけから。荒く切りだされた棹の部分を、糸巻きの部分を削らないように、丁寧にヤスリがけしていく。削られた木の粉で、履いていたズボンが真っ白になってしまったが、最初に比べて随分と手触りが良くなった。

 次が糸掛けに弦を巻きつける作業。糸掛けに三本の弦を巻きつけるだけなのだが、これがなかなかうまくいかない。解説図をみながらやってみるが、強くひっぱるとすぐに弦がはずれてしまう。他の人達もかなり苦戦していて、指導している人達も、うまく結び付けられないときがあり、てんてこまいだった。

 何とか糸を結び付け、次に歌口を木工用ボンドで棹に取り付ける。弦をそれぞれ指定の糸巻きに巻きつけ、ウマを立てて、ほぼ完成。マスキングテープで缶の部分を飾り付けてようやく出来上がり。本当であればこの飾り付けにもっと時間を使う予定だったのだろうが、糸付けにかなり時間をとられてしまってため、子供達を除き、みなテープを一周回しつける程度で終わらせていた。



 弦を弾くと、あの独特の明るい音色が響く。家に帰り、弾き方の初心者向けサイトを調べてみた。三本の弦はそれぞれドファドに調弦しないといけないらしい。糸巻きをクルクル回しながら調節したみたが、どうにもうまく音を合わせることが出来ない。タイミング良く帰ってきた娘に頼み込んで調弦をしてもらった。

 サイトを参考にしながら弾いてみる。弦の抑える位置にテープなどで目印を付けておくといいらしいのだが、ほどよいテープが無く、改めて買いにいくのも面倒だったので省略。結構時間がかかったが、ドレミファの練習から始まり、最終的にはチューリップの花を一曲なんとか弾くことができた。

 留め方が良くないせいか、しばらくほおっておくと、弦が緩んで音がずれてしまっている。まずは自分で調弦が出来るようにならないと練習もままならない。単なる置物にならないように、少しずつでも練習をしていきたいと思う。(池)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント

消えてゆく地方

2014-05-19 08:35:23 | 日記
 日本の未来を予想するためのパラメータにまたひとつ新しい条件が加わった。そのうちひとつは、地方の高齢者が減少し始めている、という事実。もうひとつは、東京を中心にする都市部には今もって地方から若年層が集中しているという事実。

 これからは少子高齢化だという言葉に目が曇って、今後は地方でも高齢者向けのビジネスが急伸するだろうと考えていたが、地方ではすでに高齢者人口ですら減少に向かっているのが実態だそうだ。そのため高齢者向け施設は維持が難しい状況になりつつあるという。高齢者が急増する前提で地方で起業した老人介護施設を運営する団体は今、行き場を失い予想通り高齢者が急増して施設入居待ちになっている東京を中心にする大都市圏に進出を始めている。

 大都市圏で最近増えている介護老人ホームは地方で起業した資本によるものが多いそうだ。その手の施設には、地方の地元企業に就職した若者たちが働きにやって来る。もともとは地方にあった企業が消費者と働き手の両方を求めて大都市圏に集中する。都会に憧れて飛び出してきた若者も地元に就職したつもりだった若者も企業の生き残りをかけた戦いに巻き込まれて都心部に吸い寄せられてしまう。

 地方からやってきた若者たちにとってあこがれの都会は住居費が高いために、何もかも金のかかることばかりに見えるだろう。地域の人達との繋がりを持たず、拝金主義の塊になったような企業の活動に合わせて日夜緊張を強いられた上で結果を求められれば、知らず知らずにおおらかさを失ってもしかたがないことかもしれない。厳しい都会の現実の中で子供を産んで育てようという意欲は増々減る一方で、人口はさらに減少してしまう。

 高齢者も若年者も失ってしまった地方は、生活圏として成り立っていかない。今のまま手を打たないと都心だけに人がいて地方は廃墟があるだけという、寂しい日本の未来が見えて来る。しかもその都心すら急激に規模が小さくなっていくという現象に見舞われる。借金はどんどん増えるのに、返し手の人はどんどん少なくなる。プツンと未来のどこかで国自体が破綻してしまう前に地方を元気にする策を取りたい。

 地方を元気にする最も重要な策の一つは、各企業が地元意識を持つことだろう。地産地消の方向性をより強く工夫する。地元で頑張っている地元の企業への関心と関係を積極的に持って行くことが大切だ。新しい産業を興しながら地方を再生することが出来れば言うことはない。

 自動車産業を始め多くの産業が国外に拠点を移してしまったために廃墟となった都市を抱えて苦しんできたアメリカでは、再生エネルギー分野の産業を起こす、シェールガスをエネルギー源にして従来に無いバイオ産業を起こす、そして近年急激にロボット産業を起こすなどの流れも始まっている。さて日本の未来のデザインはどうあるべきなのか。危機が迫る時代だからこそ、反面生きがいを感じる面白さがある時代でもある。そう感じて若い人が思いも寄らないアイデアを出してくれることを願いたい。

 わがソフトウェア開発の業界は、多くが地域とは無縁に生きて来た。国の歪みと同じ歪みを持った業界ではないかと思う。それだけに、この改善策は人ごとではないと感じている。(三)


monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント