JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

父娘二人旅

2019-09-03 11:29:12 | 日記
今回のブログはお盆休み期間中の帰省についてを書かせていただきます。
毎年私の実家の神戸にはお盆と年末年始の年に二回、車でというのが子供が生まれてからの定番となっていました。
そして今年もいつも通りにと予定していたのですが、急遽妻の体調が悪くなったためにさてどうしましょうかと。
私の両親が元気であれば逆に来てもらってなどもできるのですが、父親が手術後ということもありそういうわけにもいきません。
とはいえ片道7時間近くの車を私と4歳になったばかりの娘と二人では渋滞中など何かあったときの対応が難しい。
ということで急遽新幹線で娘と二人で帰省することにしました。
ちょうど娘も新幹線というものを認識するようになり、一度乗ってみたい!といっていたので一石二鳥。

今回のお盆休みは長いので混雑のピークをずらすことも考えたのですが、後半の予定もすでに入っていたため一番のピークの10日(土)に行くことに。
子供が生まれるまでは新幹線で帰省をしていましたがその時は計画を立てて指定席を予約していましたが今回はチケットがない状況。
しかも調べてみると幼児は自由席は新幹線がただ!ということがわかりもちろん自由席での帰省を決意致しました。
朝からTwitterで東京駅の混雑状況が更新されていましたが大体40分~1時間待てば座れるとのこと。
うーん、絶対ぐずる。。。
とはいえほかに選択肢はもうないのでとっとと出発。

まず最寄駅から東京駅までが1時間かかります。
まずは東武東上線にて池袋駅を目指します。
はい、寝ました。



池袋駅到着!もちろん熟睡。
抱っこをしながらスーツケースをごろごろして何とか山手線へ乗り換え。
まだ寝てます。

東京駅へ到着。噂には聞いていましたが本当に地獄絵図のような感じです。
暑い!
急いでホームへ行くとこんな感じ。

ちなみに東京駅到着で目が覚めてこの写真の足元に娘がいます。

混雑で鬼のような暑さの中熱中症にならないように水分を取っては汗をかくというのを繰り返しながら1台乗り過ごし2台目で無事座れました。
本数的にはじゃんじゃん新幹線は出ていますがホームごとに並んでいるので1台乗り過ごすと大体20分追加。結局ホームでは30分ぐらいですかね?
できれば新幹線内で寝てほしかったのですが新幹線ではひとまず元気。
最初はウキウキでしたが新横浜の段階ですでに新幹線には飽きている様子。
窓側が取れなかったので確かに楽しさはないですよね。
DVDで時間をつぶす。

そわそわする。

名古屋にまだついていない段階で娘から「まだつかないの?」の一言。
いや、まだ半分来ていません。。。

そんなこんなで色々だましだましで京都を過ぎた段階でようやく窓側の席をゲット。

そうこうしているうちに新大阪駅到着。
ふー疲れた。しかしなんだかいつもより混んでいる新大阪駅。

なんと本日は偶然淀川の花火大会。こんなお盆休みのタイミングだったっけ?
どんどん長くなっていたのでここからはさらに簡単な内容に。

京セラドームに到着。

野球観戦。

飽きて花火観戦。

風船飛ばしてとっとと帰宅。

帰りの電車で寝る。

帰りのタクシーの運転手が明らかに70代で正直とっても怖いうえになぜか近距離で乗ったのに古い地理しかわからずさらに怖い。

やっと実家到着。
さすがに二人だと気を抜く場面がなく疲れました。
娘が寝たりつかれたタイミングで抱っこをしまくったこともありお盆休み明けからは腰痛がどんどんひどくなり病院へ。。。
その病院は病院ですごい先生に出会ったのですがブログはここまで。
続きが気になる方は(の)へGO!(の)
moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント   この記事についてブログを書く
« クライムノベル | トップ | 夏休みの宿題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事