JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

8年

2019-03-14 09:09:48 | 日記
 今から6年前の春、私は以下のような記事をブログに載せていた。題名は「2年」という。風が強く吹き付けて砂の城が小さくなって行ってしまうように記憶や意識は風化して行ってしまうのだろうか。例えば今あなたが浴びている電灯の明かりは原子力発電によって作られたものなのか、石油石炭を燃料とする火力発電によって作られたものなのか、再生エネルギーによって作られたものなのか、あなたは意識しているだろうか。あの日の出来事を教訓にして4年後の2015年に「パリ協定」が生まれ「SDGs」が生まれた。もちろん教訓というのは言い過ぎかもしれない。しかし世界中の人々の意識を大きく変える一撃になったことは間違いない。

『2年』
 暑いのか寒いのかわからない陽気が続いていたが、ようやく本当に春が来たなと思わせる空気になってきたようだ。寒い季節が遠のき、ほんわかとした季節の到来を感じると心に余裕が生まれるて来る気がする。春はいい。

 しかし、2年前の今頃はもっと寒かった。余裕など微塵も感じられない緊迫した日々が続いていたのを思い出す。毎日のようにテレビで枝野官房長官の顔を見て、いったい今度は何が起きたのか、政府は何をしようとしているのか、原発事故はどこに向かうのか、冷や冷やしながら見守っている時期だった。

 悪化する一方に見えた原発事故の状況を打開するため自衛隊が動き出し、ヘリからの散水作戦が敢行され、さらに3号機近くまで消防車を寄せて放水したのが3月17日のことだった。翌18日にも放水は続き、炉心を冷やすことのできる意味のある放水だったのかどうか疑問に感じる国民の声がじわりと広がりもしたが、高レベルの放射線を浴びながら作業にあたる自衛隊員の勇気に対する敬意や感謝の気持ちがそれを打ち消していた。
 士気は高まったが現実的には自衛隊の放水ではまったく効果がなく、同時に準備を進めていた東京消防庁のハイパーレスキュー部隊がそれこそ命をかけて放水を開始したのが19日だった。
 
 余震が続き、震度5弱程度の揺れではもうあまり驚きもしない感覚になっていたけれど、静岡や福島で震度6を超える余震が発生し、富士山が爆発するのではないか、別の大きな地震が起きるのではないかと節電しながら心配していた頃だ。
 その一方で、津波の犠牲になられた方々の話しや避難生活で苦しむ方々の話しを見るにつけ聞くにつけ胸がふさがる思いになった。そういう事態でも、できる限りやれるだけのことをして人の助けになる作業に奮闘していた立派な方々が大勢いた事は、もっと後になってから知ることになった。
 
 そんな日々からもう2年が過ぎた、という。早い。この2年で何が変わったのか。見回してみるとがっかりすることが多い。被災地の復興が進まない、という話しではない。自分自身のことだ。自分自身を振り返って見て、この2年で自分自身を前進させる変化を起こすことができたかどうか怪しい限りなのだ。自分が変わらなければ周囲は変わらないし、組織も社会も変えることは出来ない。そう思ってきた。そう思っていながら、自分が前進できていないのなら、復興が進まないことをとやかく言えた話しではないと気後れしてしまう。自分を前進させる努力を欠かしては言いたいことまで言えなくなってしまうということだ。
 
 新しい春が来たこの時期、どんな自分になりたいのかしっかり考え、少しずつ目指すべき自分に近づけるようコツコツと努力をして行こう。1月が始まってそう思ったことを、今またそう思う。自分の中で、しっかりした目標が出来れば、一歩一歩が楽しい前進になるだろう。
 
 桜が咲き新緑が芽吹くこの季節は、夢のある計画を立てるにはもってこいの時期だと思う。2年経った今もまだ暗闇から抜け出せないでいる方々のところにも、少しでも光が射す計画が立てられる春が来ることを切に願っている。(三)


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 卒業 | トップ | 大人になんて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事