JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

疲れたなと感じた日

2018-08-14 08:36:41 | 日記
「疲れたな~」と感じる日が最近多くなりました。
それも外に遊びに出かけて思いっきり遊んだあとに感じるようなどこかすかっとするような疲れの感覚ではなく、どこかずしーんと重くなるような疲れの感覚です。
自分も少し年を重ねてきてもう若いころのようにはいかないのだなと思います。
もう夜更かしもしんどいですしね。

さて、疲れを解消するために疲れの原因にはどんなものがあるのかなと調べてみました。
肉体的な疲労の主な原因としては、

 ・エネルギーの不足
 ・疲労物質の蓄積

があり、精神的な疲労としては、

 ・ストレスを原因とする疲れ
 ・視神経や脳の酷使に伴う疲れ

があるそうです。
前者の肉体的な疲労は兎も角として、仕事がら後者の視神経や脳の疲れは不可避ですね。
どうしたって目や頭を使いますからね。

これらを改善する為のアプローチとして、

 ・姿勢
 ・休養
 ・睡眠
 ・運動
 ・食事

等を気を付けましょうとあります…が、どれも出来そうで出来ていない気がします。

まず【姿勢】。
デスクワークをやっている人には必須の項目ですね。
同じ姿勢での緊張状態が続くことで筋肉が緊張して疲労物質が蓄積します。
さらに動かないことで血流が悪くなることで疲労物質が出ていかないという二重苦です。
とはいっても、作業に集中しているとどうしても気を付けることが出来ないですね。

次に【睡眠】。
取れるときは取れるけれど、取れないときはなかなか取れない睡眠。
最近は朝早く目が覚めてしまい深く眠ることが出来なくなってきました。
よく周りにおじいちゃんみたいたなと言われています。
後は子供に蹴られて起こされたり…。

そして【運動】。
社会人にはこれが一番厄介なのではないでしょうか。
どうしても時間が取れないし、運動をする為に出かけるなら【休養】に充てたいとか思ってしまいます。

調べてみましたといったものの、やはり疲れを改善する為には日常生活の基本的な部分を改善していくのが一番のようです。
まずは改善し易そうな食事と姿勢あたりを意識的に疲労回復に努めていきたいと思います。

なにより健康が一番です。(こ)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 傾き | トップ | 終戦 からの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事