JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

歌うたい隊

2020-01-24 09:00:00 | 日記
最近の流行。それはそうカラオケ。なぜか最近カラオケに行きたくて仕方がない。
なぜだろう。何か叫ばないと爆発するようなことでもあったかな。いや。あるかもしれない。

正直仕事の量?種類?が多くて目が回りそうなんだった。
1日の中で発表資料作ったり、iOSアプリとかandroidアプリを開発したり、お客様対応したりしてるからかな。
そこに、会社に提出する書類の宿題やら、とあるイベントの施設予約やら。後ブログ書かなきゃいけないしね。

ということで、結構仕事は忙しい。何かで発散しなければ。そうだ。カラオケだ!

さてさて、皆さんカラオケはお好きかな?そうか、答えてくれてありがとう。

ということで、大好きなカラオケについて簡単に調べてみた。
まず、カラオケボックスという事業が誕生したのは1980年代半ばらしい。
そして、今の機種の大半を占める通信カラオケと呼ばれるものが出てきたのが1992年だ。

初期のカラオケは、テレビ画面はなく、紙をみて歌っていたらしい。PVを楽しみにしている私からすると「う、嘘だろ・・・」という感じだ。
でも子供の頃にカラオケに行ったときは、歌の一覧が乗った電話帳みたいなもので番号を探していたなぁ。
入力もテレビのリモコンみたいなものだったし。子供の頃を思い出すだけで時代を感じる。。

カラオケボックスによく行く人はわかるだろうが、カラオケボックスで聞かれる機種は主に「DAM」「JOYSOUND」だろう。
実は分かる人にはわかる「UGA」という機種もある。こちらは、スナックやキャバクラなどで主流らしい。

そして、業界の最大手はDAMを手掛ける「第一興商(だいいちこうしょう)」で65%のシェアを占めているとのこと。
この会社、カラオケ以外の業務も手掛けており、パーキングビジネスなるものもやっている。

ちなみに、シェア2位はJOYSOUND手掛ける「エクシング」だ。他にも会社はあったようなのだが、ほとんどこの2社に買収等されたようだ。

私の印象としては、DAMは一般向けのPVが多い印象、JOYはボーカロイドとかアニソンとかいわゆるオタク系統の曲が充実している印象だ。
だが、今はどちらも変わらないのかもしれない。強いて言えば採点方法とか、ランキングの付け方とかなのかな。

実際、機種どちらがいいですかと言われても「別にどちらでもいいです。」と答えるDG_Kである。

と、いろいろ書いたが、つまるところ何がいいたいのかというと、カラオケに住みたいということだ。
カラオケも年会費制とかにすればいいのに。行き放題、歌い放題なら毎日でも行くのになぁ。

最後に分かる人にはわかるデンモク&キョクナビたちの画像でお別れしよう。


仕事が落ち着いたらどうやったらカラオケに住めるのかを考えてみるかな。
(DG_K)


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業


コメント   この記事についてブログを書く
« おかしなやつ | トップ | 激闘!御殿場ルート »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事