JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

入院

2017-12-05 09:57:41 | 日記
月一で担当させていただいているこのブログですがもう12月ということで私自身は今年最後のブログとなります。
で今年最後にあまり明るい話題ではないのですが今回は入院というタイトル。

先日のブログでは娘が中耳炎で高熱がという最後で締めくくったのですがその後高熱が下がらずなんと入院という事態に。。。
私自身今年で40歳になりますが、両親に丈夫に産んでもらったこともあってか入院経験はなし。娘はまだ2歳3か月にして初入院。
特に検査の結果で何かがあったというわけではないのですが、40度前後の高熱が5日ほど続いた状態で中々食べたり飲んだりも最低限しかやってくれない状態だったため血液検査の結果脱水の症状があるということで念のためにと入院となりました。
幸い家から徒歩で行ける病院だったのですが、平日の午前中に突然入院となり午後からは仕事に行くつもりだったのでその調整や入院に必要な生活用品を持ってきたり入院手続きを行ったりで一気にバタバタとなりました。
そのバタバタの最中に娘は人生初の点滴をされに妻や私と離され悲鳴を上げながら個室へ消えていったのですが、そこで感じたのが看護師の方のすごさ。
あれだけ叫んでいた状況にもかかわらず5分後には手に点滴を打たれた状態で娘が現れました。小児科なので子供を年がら年中相手にしているのだからそれが仕事ですという感じなのでしょうが、あれだけ手足をばたつかせている状況でどうやっててんてきをさしたのだろうかと感心いたしました。

個室であれば基本的には無料で済んだのですが、人見知りが激しいことや看病する側の周りとの関係でのストレスなどを考え個室にしたのですが1日8000円。。。年末にかなり痛い出費です。
点滴を常に打っていたこともあってか熱は徐々に下がっていき、38度程度の段階でぐったりしていた娘はもう早く公園に行きたい!と元気にはなってきたのですがそれはそれで問題で個室とはいえ病院では遊べることも限られる状況。
アンパンマンが見たいということで気付いたらポータブルDVDプレーヤープラス新しいアンパンマンのUFOキャッチャーが購入されていました。あぁ、またお財布が。。。
後、入院となった段階で気にはなっていたのですが病院食を全く食べない。結局うどんのみ食べるということでうどんばかり出してもらっていたのですがその結果大好きだったうどんは退院後全く食べなくなってしまいました。

そんなこんなで結局4日ほどで無事退院とはなったのですが元気になった子供とは別に私は肉体的にも精神的にもお財布的にもかなり厳しい結果となりました。
家族が入院になるのは大変ですがこれが自分となったら仕事とかも困るとかというレベルではないなということも感じました。
気を付けなければといいつつ会社にいるときは弁当とカップ麺を食べている生活さすがに見直そうかな。
その結果はちょうど一週間後の人間ドックにて明らかになるでしょう。(の)moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故防止に

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 会議風景 | トップ | 年末の大掃除 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事