JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

死にゲー

2019-04-04 10:43:48 | 日記
皆さんは死にゲーというものをご存じだろうか?
3月に発売された「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」というゲームの話である。

そもそも死にゲーとはどういうものか、というところから説明したい。
死にゲーとはゲームのジャンルの一つで、難易度が高く何度も死にながら、何度も挑戦して覚えてクリアしていくようなゲームである。

紹介している「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」というゲームはまさに死にゲー。とても難易度が高いのである。
これまでも「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」を販売している会社のゲームは死にゲーというジャンルといわれており、私はそういったシリーズもプレイしていた。
※「ダークソウル」シリーズなど

そう、私は死にゲーというジャンルに慣れている・・・人間だったはずなのである。
とはいえ、今回の「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」は一味違った。
とにかく敵が強い。マップ上のそこらへんにいる様な雑魚敵一人にしても倒すのに苦労するほどである。
うっかり敵に囲まれてしまおうものなら現れるのは画面上に大きな「死」の文字である。
もちろんそこらの雑魚敵でさえそれなのだから、ボスともなるとさらに強敵である。
私もプレイしていて、最初のボスの時点で何度死んだか覚えていないほどだ。

と、ここまで書いていて、そんなに難易度の高いゲームはおもしろいのだろうか、と思われる方もいるかもしれない。
別に私はこのゲーム会社の回し者ではないが、とても面白い。
もちろん難しい、とても難しいのであるが、しっかりと攻略する方法はあり、何度もやられているうちに攻略法を見出し、強敵をやっつけることが出来るのである。
その過程として、徐々に進んでいる感覚、最終的に強敵をやっつけられる達成感もあり、楽しくプレイしている。

これはあくまでゲームの話であるが、継続することで何事もなせば成る、ということで、なんとなーく仕事につながるような感じにして今回のブログは終了とする。
(阪)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 年度始め | トップ | ひとりでできるもの。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事