JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

かみなり

2019-09-11 12:00:42 | 日記

昨夜の帰り道、空がピカッと光ったような。 一度でなく二度三度。これは…気のせいではなさそう。音もせず、雨も見られず…だが、おそらく雷。遠くでピカピカしていたのだろうか。

…雷が苦手なのです。昨日遭遇したくらいのものであればそこまで怖くはありませんが。近くで激しい 雷雨、落雷が起きているときの、あの大きな音と光が合わさるととても落ち着いていられません。「ドカーン」「バーン」「パリパリパリパリ…」こうした音のときは身構えてしまいます。 日がおちた後の雷も嫌ですね。暗いので余計光が目に入る。。先週ひどい雷雨に見舞われたときには、窓から近い席にいたので怖さ一層でした。その時は、(野)さんと一緒に2階のお店へ。このお店には窓がないので心おだやかでした。

対して、「雷が鳴るとワクワクする」人たち。わたしの周囲にはそういう人もいるのですが、共感しかねます。「地震雷火事親父」と言われるくらいなのだからそれなりに怖いもの、危ないものなんだよ、と思います。「地震雷火事親父」…天災にまざる親父。自分の父親に対して天災と並ぶ?に次ぐ?ほどまで恐ろしいと感じたことはありませんが、それだけ大きな存在であるということでしょうか。
諸説あるようですが、「親父」は元は「山嵐(やまじ)」だったという解説がでてきました。山嵐より怖い親父をお持ちの方が変えたのでしょうか。日本語はおもしろい。

「大山嵐」という言葉もあり、それは「台風」を表すそうです。先日の台風は大変でしたね。交通の混乱はすさまじいものでした。すぎた今でも壁がはがれた建物があったり、なにかの破片が落ちていたりします。停電が続く地域もあるようで、自然災害は親父よりもはるかに怖いです。

さて、午前中が終わりました。いまのところ、横浜は雨や雷の心配はなさそうですね。おだやかな午後となりますように…。(よ)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業

コメント   この記事についてブログを書く
« WEB会議システム「Zoom」を使... | トップ | モンスターハンターワールド ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事