JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

上質なサービスってどんなもの?

2019-06-25 09:53:45 | 日記
先日、横浜にあるホテルで姉とアフタヌーンティーを楽しんできました。
姉と私、お互いの誕生日の月にはちょっと素敵なレストランを予約して二人で食事をするのがここ数年のおきまりで、今回は姉の誕生日お祝い。

予約しようとしたら、予約はすでに一杯とのこと。アフタヌーンティーは12時からということで、頑張ってちょっと早めに、11時過ぎにお店へ行きました。
しかし、12時までは40分近くある。(どうしよっかなー)「アフタヌーンティーを注文したいのですが。。。」とスタッフに尋ねると「お時間までお茶でも飲みながらお待ちになっては?」とすぐに案内してもらえました。中庭の見える気持ちの良い席です。ひとまず「よっしゃー!がんばったでー」と姉にメール。
 さて、とりあえずお茶を頼んで、、とおもったら「アフタヌーンティーセットのお飲み物はこちらからお選びください。お時間になったらお食事をお持ちします。」しかも。お代わり自由、種類が違ってもOKですって!(*@0@*)お茶飲みながら待ってはそういう意味だったのかー。さすが!

紅茶って産地によってお味が全然違います。前日の夜、雷が怖くて私の上に重石のように乗っていた愛犬のせいで疲れが取れずすっきりしたかった私が選んだのはUVA(スリランカの銘茶です)渋みが強く、シャキッとしたい時にはオススメですが、おいしく入れるのは意外と難しい。
久しぶりにこれぞUVAというものに出会いました。蘭に似た華やかな香り、スーッとするメントールの風味を持った渋みが絶妙なバランスで淹れられています。遅れてきた姉の注文を取りに来たスタッフにそのことをお伝えすると、(さて、ここからが本題です。)「ありがとうございます。奥にいる専門家がお客様のためにお淹れいたしましたので。」
 字で書いてしまうと「へー」という感じですが、この方(男性)自信とユーモアをもっておしゃっていて決して上から目線ではないんです。「ありがとうございます。(スタッフも喜びます)」とクールに対応しても良いと思いますが、絶妙なんですよね。横浜らしい感じが。カジュアルさと品格のバランスを取るのってとても難しい。「そうですよ。うちのホテルって素晴らしいでしょ。」という自信が心地よく伝わってきましたね。

ホテルで食事とかアフタヌーンティーって、特別な日を過ごすためにやってくるお客様も多いと思うんです。家族だったら、思い出に残るような記念のお食事だったりしますよね。家族や友人に特別にいい気持ちになって欲しくて連れてきたのに、緊張したままくつろげなかったり、高飛車な接客にあったりしたら悲しくなっちゃいますよね。
美味しかったり、よくしてもらったりしたら、必ずそれをお店のスタッフに言っちゃうんですが、帰ってくる反応がーーーーだと。気持ちはとてもショボーン。。。
私はサービス業に長くいたせいか、商品の良さだけでなく心遣いとか態度の美しさとかにとても、すぐに感動しちゃうんですよね。

休日も時間があれば(最近は家事に追われて,(_ _ ;)) 出かけます。街を歩いて、色んな物をみたり、サービスに触れるとそれがいいものでも悪いものでもインスパイアされるんです。
「うちのエンジニアってかっこいいでしょ、うちの商品って最高ですよ!」うまく伝えていけるようになりたいですね。
(くくる)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント   この記事についてブログを書く
« アメリカドラマ | トップ | 社会人って凄い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事