JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

ドラゴンクエストと3D酔い

2017-08-04 09:13:54 | 日記
最近はテレビCMも頻繁にやっているので、ご存知の方も多いだろうがドラゴンクエストXIが2017年7月29日(土)に発売された。
ドラゴンクエスト。ゲームを遊ぶ方はもちろん、ゲームをしない方でも名前は聞いたことがあるのではないだろうか?
RPG(ロールプレイングゲーム)としては、ファイナルファンタジーと並び、とても有名なシリーズである。
※ドラゴンクエストに関して書こうと思うが、ゲーム内容のネタバレなどはないので、遊ぼうと思っている方もご安心を…。

さて、そんなドラゴンクエストの最新作が発売されたとあり、自他ともに認めるゲーマーの私としては当然のように予約をし、当然のように購入している。
ドラゴンクエストXIはCMでも出ている通り、PS4版と3DS版の2種類が出ている。
私はどちらの機械も持っているが、持ち歩いて遊ぶことはないし、どうせなら綺麗な画面で遊ぼうと思い、PS4版を購入した。

購入して、家に帰り、さっそくゲームを開始したのであるが、一つ問題が発生した。3D酔いである。
3D酔いとは3Dのゲームなどを遊んでいる最中に発生する症状であり、乗り物酔いと同じような状態となってしまうものだ。
昔からゲームが好きで、よく遊んでいる割には、私はよくこの3D酔いに悩まされる。

だが、ドラゴンクエストXIのPS4版に関して少し調べてみると、多くの方が私同様に3D酔いに悩まされているようだ。
ゲーム内の設定でカメラの設定など変更可能であるため、まずはそういったあたりを変更して症状が緩和されるかの確認を行ってみたいと思うが、上でも記載した通り、ドラゴンクエストはとても有名なシリーズであり、多くの方が遊ぶことを楽しみにしていたシリーズであると思う。
ゲームの内容以外のところで評判が悪くなってしまうのは、とても残念に思う。

最近のゲームはバグが発生した場合など、ネットワーク越しにパッチを当てて修正することが可能である。
多くの方が悩んでいるようなので、できることならばパッチなどで対策を行ってほしい。

子供のころは母親によく言われたことがある、「ゲームは1日1時間!」。
設定の変更、パッチなどで対応が取れるまでの間は久しぶりに子供のころのように気を付けて遊んでみる必要があるかもしれない。
(阪)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故防止に

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大山に登ってきました | トップ | 蕎麦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事