JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

お値段以上

2019-06-21 09:00:00 | 日記
Switchを持っている人はどのくらいいるのだろう。そのうち、Joy-Conのスティックが壊れている人は何人くらいいるのだろうか。
私が知っている中でも、Switchを持っていてかつJoy-Conが壊れている人は8割を超える。そして、かく言う私もJoy-Conのスティックが壊れたうちの一人だ。
Switchを買ったときにデフォルトでついてくるJoy-Conが壊れてしまったので、新しくマリオカラーの真っ赤なJoy-Conを購入したのだが、知っている人は知っているだろうが、Joy-Conって結構なお値段(8千円近い)なのだ。

壊れるたびに購入するとなると結構な出費な気がする。かといって、任天堂に修理依頼するのも「送る」「受付」「見積」「支払い」「修理」「受け取り」という工程が発生するわけだ。
私は修理に出したわけではないので、どれくらいの日数がかかるかわからないが、2週間くらいかかったりするのだろうか。
修理費用は、Joy-Con1本で2千円弱。2本だと倍の値段になる。

そもそも壊れるなよって話は横に置いておくとして、修理に出すのも結構な手間なんだと感じた。
ということで、自分で修理することにした。
用意したのはこちら、某ネットショップで1,622円で購入。新品のスティックも2個ついててこのお値段。1回の修理より安いじゃねーか。


早速本体裏のねじを外し。


バッテリーを外し、さらにバッテリーの受け皿をはずすと出てきた。問題のスティックだ。
写真では光の反射であまり見えないが、白くなってるやつがそれである。


さてさて、つづきといこう。古いスティックをはずし、新しいスティックをはめ込む。


あとは、開けた時と逆手順で閉めていくだけ


ぶっちゃけケーブル1本で接続されているだけなので、めちゃくちゃ簡単である。
初めての私でも動画を見ながら20分くらいでできた。本当に誰でもできると思う。

修理後は一瞬ゼルダをやってみただけだが、問題なく動いていたので大丈夫だろう。

スティックの方は2個セットが1,000円以下で購入可能なので、修理希望の方はスティックを持ってきてくれればその場で修理しますよ。
代金はグリコのお菓子(いくつとは言わない)で十分です。

(風邪によりダウン中のDG_K)


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント   この記事についてブログを書く
« バーチャルダイエット | トップ | アメリカドラマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事