JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

最近の家の様子

2019-11-28 12:03:54 | 日記
2人の子供たちの様子をつらつらと。

第二子の男子が今年の7月に誕生して数ヶ月経ちます。
相変わらず、2、3時間おきにミルク欲しさに夜は泣いて起きてくれます。
泣き声で起きたわたし達は、片方が抱っこをして泣き具合を落ち着かせ、片方がミルクを作るという連携をして対応します。
慣れてきてはいますが、なかなか辛いです。
「早く成長してくれ~」と思ってしまいますが、今しかない苦労だと思うので、夫婦で頑張ろうと思っています。

当たり前の話ですが、急激には成長はしないものの徐々に成長はしており、「何だかムチムチ度が高くなってきたなぁ」とか変化は見られます。
一番の変化は寝返りが出来るようになったことです。
片方向への転回しか出来ませんが、得意気にコロコロしています。
コロコロはできますが筋力が無いので、うつ伏せ状態で顔をうずめる状態にすぐなってしまいます。
窒息してしまいそうなので、勝手にコロコロしないよう、クッションなどでコロコロブロックを作ったりしています。
「早く成長してくれ~」と思う気持ちもありますが、この可愛らしい光景や、やり取りをもう少し楽しみたいと思います。

第一子の女子。4歳になるお姉ちゃんは、お姉さん度が増しており、弟の面倒をよく見てくれています。
寝返り、窒息防止のコロコロブロックを作ってくれていたり、泣いている弟をどうにか泣きやませようと奮闘したりと。
「何でもわたしがやるもん!」といった面倒なお姉ちゃんにはなっておらず、親としてはとても助かっています。
たまに困ってしまうのが、姉の愛情の強さによる姉の誤動作です。
弟がかわいいようで、チュッチュ、チュッチュ、しているのですが勢いがあまってかじってしまう時があり、弟から聞いたことの無い泣き声が聞こえることがあります。
お姉ちゃんが早く衝動を制御できるようになることを願うばかりです。

えっと、オチも何もないです。

子供達、かわいいです。
今度、手ごろな会社イベントがあれば、勝手ながら皆様にお披露目させて頂きますね。
可愛がってやってください。
(八)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント   この記事についてブログを書く
« One for all, All for one | トップ | Stop my cough !! Don't touc... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事