JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

災害ボランティア

2019-10-23 09:00:00 | 日記
このたびの災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

千葉にある実家は台風19号による被害が比較的軽いものだったので先日の週末は地元の災害ボランティアに参加してきた。台風19号は台風15号とは異なり広範囲に被害をもたらしているためボランティアの方が各地に分散していると思っていたが、それでも数十名の方が小さな町のボランティアセンターには集まり、活動を行っていた。

ボランティアに参加した際の流れを簡単に説明する。
まず、ボランティアセンターで受付を行った後、オリエンテーションとしてボランティアの心得や注意事項のレクチャーを受ける。その後、マッチングを行うエリアに移動し、被災者から出ているニーズとボランティアの人のマッチングを行う。
このマッチングの作業は、災害ボランティアを取り纏めている社会福祉協会の方が集まっている人の人数や特徴(高所作業が出来る、軽トラを持っている、自家用車を持っている、etc)から対応できそうなニーズをピックアップし、依頼内容を説明し、参加する人を募る。
私がマッチングエリアで説明を受けた依頼事項は物置の片づけと廃棄物の搬送であり、その場で6名のチームを作り、依頼内容から必要になりそうな資材(一輪車、土嚢袋、ロープ、ほうき、etc)を選び、現地に向かった。
マッチング後は即席チームにすべてが委ねられる。資材選びもそうだが現地に行き、必要な作業が何で、誰が、どう作業を進めるのか、最終的にどうなったら作業を終わりとするのか すべて考え、決めなければならない。依頼主も大抵の方が初めてのことで何をどうして良いかわかっていないので、「どうすればよいですか?」という表情でこちらを見ている。即席チームのリーダ役をやったが、庭に散らばった瓦や屋根が飛び、トタンの壁も剥がれ、雨ざらしとなった物置の家財や物品を見て、即断即決が求められるしびれる役回りだった。

作業を進める中でチームとなった人たちがなぜボランティアに参加しているか話しを聞く。この町に住んでいる方は一人だけで、県内には住んでいるけど 釣りに来たことがあるから という人。都内で外構工事をやっている方で、7月にたまたま遊びに来たことがあったから。と深い縁があるわけではないのに参加してくれており涙がでそうになった。

私の行った町の災害ボランティアセンターは10/22に閉所となるが、関東、東北、長野の多くの地域で災害ボランティアを募集している。市内在住の方に限定したり災害ボランティアセンター毎に募集条件は異なるが、今尚多くの方が助けを求めているのに変わりはない。今後も可能な限り出来ることをやっていきたい。(ほ)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント   この記事についてブログを書く
« 失敗は笑える | トップ | 信頼関係 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事