JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

聴く力

2018-02-28 12:35:17 | 日記
今期の初め「聴く力」の強化 をテーマに掲げた。がしかし、思っていたようなことは出来ず、今に至る。今回はこの場を借りて「聴く力」について少し話しをしたい。

まず「聴く力」とは何か。
長い時間 相手の話しを聞いてあげる力 ではなく、相手の真意を端的に察してあげられる力を養って欲しいと考え、このテーマを掲げた。
その前 2016年度掲げたテーマは伝える方。「語れる技術者」とし、実際に先輩が後輩に、同期同士で など語っているシーンを見たり、伝え聞いたりしたが、相手が求めているのはそこなのかな?ということが何回かあった。話しをした方は「伝えたよ」と言っているが、案の定、聞いていた方には届いていない。的外れとまではいかないが、相手の真意を察することができず、自分の思いだけを話す。せめて少しでも相手の心に残ることがあればよいのだが、「いったい何が言いたかったのだろう」で聞いていた方は終わってしまう 残念な状況だ。
この状況を変えるにはお互いが相手の真意を察することができるようならなければ と思い今期のテーマとなった。

「聴く力」を向上させるのに特別な訓練は必要ないと思っている。重要なのは意識。聴くことへの意識改革は必要だ。
誰もが聴く力は備えているはず。生まれて今に至るまで、若い社員でも20年間、ほぼ毎日誰かしらと接している。相手は家族であったり、TVの中の人かもしれないが誰かしらが話す言葉を聞き理解しようとしている。365日繰返し繰返し活用している能力ならかなり洗練されてきているはず。だが、そうはなっていない。

では何を意識すれば良いのか?

まず、やって欲しいのは「相づち」をうつこと。ただこれだけ。
相手の話しに合わせて、「うんうん」と言ったり、うなずいてあげる。
当然、自分勝手なタイミングで相づちをうってはダメ。相手の話すスピードや話の流れに合わせて相づちをうつ。意識して相づちをうっていると自然と強弱がついてくる。
「うんうん」だけだった相づちが、「へぇ~」とか「あぁー」とかに変わっていくはず。
まずは日常の会話から「相づち」を意識してみましょう。
「相づち」を意識して行うと話す相手の顔をしっかりと見るようになります。表情だけでなくちょっとしたジェスチャーも気になるように。そうなればまずはOK。
話す方も嬉しいですよね。相手が自分の話しに興味を抱いているのがわかると。

「相づち」として次にやって欲しいことはまだありますが、今回はここまで、次の機会に。(ほ)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故防止に

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« フロスト | トップ | オールスター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事