JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

夏の始まり

2019-07-31 09:00:00 | 日記
住宅街の道を歩いていると林の中へとのびる小道がある。軽自動車が一台通れるぐらいのその小道を進むと目的地の入り口に辿り着く。
夕陽が沈み、あたりが暗くなりつつあるが、まだここが入り口だとわかる程度の明るさは残っている。
「こっちだね」と子供たちを連れて入り口に入るとクッションのような柔らかい感触が足元から伝わってきた。暗くてよく分からないがウッドチップが敷き詰められているのだろう。その日の午前中 雨が降ったが、ぬかるんだ土の感触はなくウッドチップの柔らかい感触が足元を包む。
入り口から入ったこの道には等間隔でろうそくが立てられている。あたりは暗くても淡いろうそくの光が進むべき道を照らしてくれている。
ウッドチップの道を数十メートル進むと少し開けたところに出た。谷戸の奥地、谷戸の地形を田んぼとして利用しているが、ここが野生のゲンジホタルを鑑賞できるスポットだ。

我が家から車で10分程度のところにある「石川丸山谷戸 ほたるの里」は地域の方々やボランティアの方々を中心にホタルの生育を見守る組織が形成され、その環境維持の努力により産卵から羽化までの自然のサイクルが保たれた場所になっている。
6月上旬のある日、今が見頃かも という情報をもらい、夕飯を早く済ませ家族でホタル観賞に向かうことにした。

谷戸に着くと すでに多くの人が集まっている。暗闇となる前に座れる場所を確保し、田んぼの向こうの森を見つめる。
暫くすると「光った!」と子供の声。「どこどこ?」と子供の指さす方向を見ると一つ、また一つとホタルの光が見え始めた。随時十数匹は光っていただろうか、「どこどこ?」と探す必要もなく、森全体のいたる所でホタルが光っては消え を繰り返す。「こんなところがあったんだなぁ」と一時間程 幻想的な景色を楽しんだ。

身近なところにある魅力。見ようとしなければ見つからない。皆さんもぜひ周りの様々なモノに目を向けてみましょう。
下の写真は、日中帯の写真を拝借したもの。ウッドチップが敷き詰められた道と谷戸に出たところの田んぼの脇に設置されている観賞用スペース。



我々のようなホタルを見たい人のために地域の方々やボランティアの方々が整備してくれている。感謝だ。(ほ)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント   この記事についてブログを書く
« 25年 | トップ | 時間管理アプリ「Toggl」を1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事