JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

最近の出来事

2020-08-03 09:50:53 | 日記
長かった梅雨もやっと終わりましたね。
8月に梅雨明けとなるのは2007年以来13年ぶり、8月1日というのは関東では過去4番目の遅さらしいです。
梅雨の間は洗濯物も中々乾かなかったりせっかくの休みでも公園にもなかなか行けずという感じで過ごしていましたが、一番影響を受けたのは我が家の家庭菜園。
今年は規模を縮小して庭での家庭菜園のみでミニトマト、中玉トマト、キュウリ、ナス、シシトウを育てていました。
中玉トマトは今までもうまくいかないことも多かったのですがそれ以外は正直初心者でもよっぽどのことが無ければ失敗しないような組み合わせ。
しかし流れ的にもうお気づきかもしれませんが今年は雨が多かったために収穫量的にも味的にもいまいちな結果となってしまいました。
比較的水が多く必要な野菜たちですがさすがに今年は多すぎです。中玉トマトは今までもうまくできなかった時は破裂してしまったことがあったのですがミニトマトが多く破裂してしまったのは初めてでした。
収穫できるタイミングが来ていたが、雨が降っていたために収穫できずにそのままにしていたのもその原因かなと思われます。
家庭菜園をやって色々と失敗するたびに農家の方々ってすごいなとスーパーで野菜を買い物しているときに感じてしまいます。

さてここからは全く別の話題。
梅雨の時期は除湿や乾燥機で、梅雨が明けてもこれだけ暑いとクーラーをと電気使用量が多い時期になってきます。
ちょうどある雑誌で再生可能エネルギーや発電所についてなどの記事を読んだばかりだったのでちょと電力ネタを。
SDGsの本も最近読んだりしてはいたのですが、日本は原子力発電所の停止を受けて現在は石油石炭を合わせた火力発電が約80%を占めています。この影響で二酸化炭素の排出が中々減っていきません。
ただコロナの影響で世界的にはエネルギー需要が減少するといわれています。
ぱっと調べただけだと日本の今年の電力使用量が出てこなかったのですが、日本も4月~6月は減っていると思われます。ただこれが生活習慣が変わったことによっての減少であればよいのですが、おそらく電力の大口利用者である工場や企業が止まっていたからということであれば経済を考えたときには喜んでもいられないですね。
とはいえコロナ後の世界が電力使用量自体が減れば発電の仕組みも変わっていく可能性があるのかなと考えると減っていく仕事もありますがそれによって生みだされる仕事・職種もあるのかなと。
減っていく仕事から全く別の仕事への転職は私も経験しているので簡単ではないですが日本の経済が良い意味で変わっていくチャンスなのかなと思ったりもしています。

テレワークが増えたことで自宅でのエアコンの使用量が増えることを考えるとトータルではどうなんですかね?弊社などは本社への出社人数は減っていますがビルでの空調としては動いていることを考えると弊社社員だけで考えると電力使用量が増えているのかなと。
エアコンを我慢して熱中症になってしまっては全く意味がないですがメリハリをつけた利用にしていきたいです。
ちょうど我が家の水光熱が洗濯機を大きくした上に家族が増えたためがここ数か月の水光熱が一気に上がってしまっているのでSDGsどうこう言うよりも我が家の家計のためではあるんですけどね。(の)
シンプル入退室管理
  限りなくシンプルなタイムカードシステム

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

Smart mat
  重さセンサIoTで在庫管理に革新を。
  自動発注&メールアラートで欠品・発注ミスを防ぎます

RealStocker
  リアルタイムに在庫を見える化!
  スピーディかつ正確な入出庫管理を実現します

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(moniシリーズ)、それに農業も手がけるIT企業
コメント   この記事についてブログを書く
« セルフマネジメント | トップ | 柄にもない言葉 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事