JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

刺激

2019-08-19 08:00:00 | 日記
 今日はお盆明け初日。横浜駅には足取りの重いサラリーマンがいつも以上に多い気がする。「今日は初日だし、早く帰ろう」なんて声もチラホラと聞こえてくる。何故、社会人の夏休みはこんなにも短いのだろうか。

 小学生である娘たちの夏休みは1ヵ月以上ある。ただ、羨ましい気持ちは余りない。なぜならば週に5日間はミニバスの予定で埋め尽くされているのだ。この酷暑の中、平日は3~4時間の練習をして、土日は朝から夜まで試合となる。

 ミニバスの子供たちに人気のスポーツドリンクは「グリーン ダ・カ・ラ」。程よい甘さですっきりとした飲みやすさは娘たちにも好評で、二人で1回の練習につき、600mlのペットボトルを3~4本を消費する。今までは近所のスーパーで数本ずつまとめ買いをしていたが、夏休みの期間は供給がとても間に合わないため、最近は24本入りの箱買いをしている。しかし、それでも2週間も持たずしてSOLD OUT。藤沢にあるミスターMaxは1箱、税込1500円(62.5円/1本)で購入できるため、先日はこの箱をまとめ買いした。



 娘たちがミニバスに入って約2か月が過ぎた。厳しい練習を耐えていることもあり、上達ははっきりと見て取れるし、もっと頑張れば、この先は試合に出れるかもしれない。親としては楽しみでもあり、嬉しい。しかし、一方で私の気持ちはなんだか満たされない。それは何故か。上達する娘たちが羨ましいと感じ、自分もスポーツで上達した喜びを得たいのだ。本当であれば娘たちと共にバスケをできると良いのだろうが、今からバスケを一から頑張れる気はしない。

 今年度からジェイエスピーではバドミントンサークルが発足した。私は学生時代、バドミントン部だったこともあり、サークルに参加させてもらった。5月に発足して月に2回程のペースで練習をしている。サークルの発足当初、練習には5~6人集まれば御の字かな、なんて考えていたのだが、若手たちが積極的に参加してくれるので、毎回10人以上が集まる。本当に嬉しい限りだ。

 私はバドミントンを頑張ろうと思う。今までのサークルの練習は楽しむことを重視していたが、今後は上達に目を向けて練習したいと思う。ただ、楽しむことも大事なので、周りのメンバーと楽しむことも忘れずに。恐らく、月2回の練習だけ上達するのは厳しいため、自主的に練習していく必要もあるだろう。まず走り込みからだ。(土)


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業



コメント   この記事についてブログを書く
« 深夜の飛行機 | トップ | 今、この時を全力で。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事