JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

サッカーヨーロッパリーグ開幕

2019-08-26 13:52:29 | 日記
 8月に入り、サッカーヨーロッパ各国の2019-2020リーグが開幕、夏の移籍期間も残り1週間となりました。
日本人も多く在籍しており、活躍が楽しみです。
それにしても本当にヨーロッパに在籍する日本人選手が多くなりました。
主要リーグ(イングランド、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス)の1部だけでも10人以上、
2部リーグやその他の国も含めると、40人以上在籍していますね。
人数だけならヨーロッパ海外組だけで代表チームが2つ作る勢いです。
 リーグ在籍の動向としては、オランダ、ポルトガル、ベルギーに日本人選手が増えてきました。
特にベルギーは、シント=トロイデンVV(STVV)が、日本企業がオーナーということもあり。
リーグとしては主要リーグに比べレベルは劣りますが、若手選手の登竜門的なリーグで、
各国のスカウトも注目してますし、ステップアップするために、まず日本人選手がヨーロッパに移籍するには良い選択かと思います。
スペインも増えてます、日本人がなかなか結果を残せないリーグですので、是非活躍して欲しいです。
逆にドイツにいる選手が少なくなってます。以と比べて半分くらいになっているような気がします。
 昔は日本代表クラスの選手が数名いて、主に中盤の選手が活躍していたイメージでしたが、
今では代表経験のない若手選手だったり、ポジションもいろいろなところの選手が移籍してます。
小柄な体格の日本人では不利なポジションのゴールキーパーや、センターバックでも移籍増えてます。
ゴールキーパーは、ヨーロッパでは一番人気のポジションで、まだ不動のレギュラーというわけにはいかないが、
センターバックの選手が活躍出来ているのは、嬉しい限りです。
 また、若手選手が、レアルマドリード、バルセロナ、マンチェスターシティーといった世界トップチームと契約しているのが、本当にすごい。
まずはレンタル移籍やBチームに所属で、これからの出来次第ではあるが、日本のサッカー選手が評価されているのは嬉しい。
 来月からはワールドカップ2次予選も始まるので、リーグ戦で結果を残し、代表でも活躍して欲しい。(大)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業


コメント