JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

オジサマの光

2019-05-20 09:22:10 | 日記
最近、あいみょんを聴いてる。
今日はなんだか気分が乗らないなぁ、なんて日に聴くとテンションがグイグイっと上げてくれる。若さ溢れる歌詞と少し昔を思い出させるようなメロディーが心地よい。そして、ストレートな低音ボイスが今年で39歳である私の心を揺さぶる。
あいみょんの年齢は・・・分からなかったので、ググりました。22歳。若い!

若い人たちの曲を聴いている中で、昨日は結成27周年のミスチルのライブに参戦してきた。場所は東京ドームで観客数は5万人。ミスチルは中学生だった頃から好きになって、今もなおファンであり、ライブ参戦数はきっと20回ぐらいだと思う。

今回のライブは幸運なことにアリーナ席であったため、生ミスチルを近くで見ることができ、いつも以上に楽しめた。ライブが始まるとボーカルの桜井さんは右へ左へと走りまくる。そして圧倒的な歌唱力と歌の技術で5万人を魅了し続け、3時間があっという間に過ぎた。

今回のライブにて特に印象的だったのが「余裕」である。
ライブ中盤、桜井さんのみがギター一本で登場し、舞台の中央で一人、弾き語り始める。曲に合わせて観客は手拍子をし始めて最終的には5万人の大きな手拍子なった。

心地良い空間が生まれたにも関わらず、急遽、桜井さんは歌を途中で止めた。
「手拍子はすごく嬉しい。嬉しいけど、この曲は、この曲だけは、おれのペースでやらしてくれ!」
と、5万の手拍子をやめさせた。そして、自分のペースで弾き語り始めて最後は観客を唸らせた。
経験と自信からくる「余裕」が一つの曲の魅力をさらに引き出していた。

冒頭でも述べたが、ミスチルは結成27周年。メンバーの年齢は皆、49歳である。しかし、年齢を重ねながらもなお進化し続けて、周囲の人たちに強烈な光を放っている。

本当にカッコイイ。

帰りの道中で、ライブの曲がぐるぐると流れている。
その中で、彼らのように(・・・と言うとおこがましいかもしれないが)自分もこの先もっともっと光を放ちたいと思った。
最後にツアーが終わったら、ロンドンでレコーディングを行うと言っていた。また一つ楽しみができた。よし、今週も頑張ろう。(土)


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント