ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

ドイツ(Germany): Counting critters

2018-08-04 16:41:44 | 日記
2018年8月4日(Sat.) 農業用水が畑の脇の側溝を流れる可能性があったので、午前10時頃に畑に行ってきました。 期待通りに水が流されており、畑の作物に十分の水を撒くことができました。 しかし、気温は36〜37℃は既にありましたので、作業は30分で終了です。 もうキケン領域の作業です、ホント。

聞くところによると、例年は、この時期には一度だけ田圃に水を加えるらしいのですが、今週は一日置きぐらいに繰り返し流されているようです。 この異常な猛暑と、降雨ゼロが続いていることへの対策なのでしょう。 通常、 水を自宅から運ばなければならない我が家としては、用水が流れると助かるのです( ちなみに、用水利用料はキッチリ支払っています)。

さて、ドイツの虫に関する調査が全国規模で行われるようです。 ( ニュースソース: DWーDE 8月3日発 )

<原文の一部>
Counting critters: Germans invited to join first insect census
生き物カウント: ドイツ人は、初めての虫の一斉調査に協力を求められています。

German conservationists want the public to head outdoors and count creepy crawlies this weekend. They're holding a nationwide insect census to collect crucial data on a population they say is under threat.
ドイツの保護主義者(生物環境関連)は、今週末、一般の人に戸外へ出て虫のカウントをするように求めています。 国全体の、脅威にさらされている虫の生息数に関する重要なデータを調査しています。



German nature conservation group NABU is asking people to take part in a nationwide insect count this weekend to gather data on the country's six-legged species.
Soaring summer temperatures bring out all sorts of bugs — from grasshoppers and butterflies, to bees and aphids. There are around 33,000 insect species native to Germany, according to estimates. But conservationists warn that number is shrinking.
"Insects really aren't doing well," NABU insect expert Daniela Franzisi said. "That's why it's important to count them, collect data on them, and protect them."

(抜粋)ドイツの自然保護団体 NABU は、国の6本足の種に関するデータを集めるため、今週末、人々の協力を求めています。 急上昇している夏の気温が、バッタや蝶、ハチやアブラムシまで、明らかにします。 推定で、およそ33,000種の虫がドイツに生息しています。 しかし、関係者は、その数は収縮していると警告しています。
虫は、本当に良くない状況にありますと NABU の専門家が言います。 だから、彼らをカウントしたり、データを収集し、彼らを保護することが重要なのですとも。



The organization says nature lovers who want to do their bit for biodiversity should find a place that's sunny, warm and not too windy, and spend at least an hour observing insects. Sightings can then be lodged online, or sent to NABU via an app called Insektenwelt (Insect World).
Those taking part should keep their eyes peeled especially for butterflies, such as the old world swallowtail and the small tortoiseshell. Other commonly sighted bugs include the violet carpenter bee, the seven-spot ladybird, the striped or minstrel bug, the southern hawker dragonfly, the common carder bee and the great green bush-cricket.
Those having trouble identifying the critters can also find photographs of Germany's native insects on the app.

(抜粋)この機関は、自然愛好家に対し、生物多様性に関する協力を、晴れで暖かくて風も少ない日に、少なくとも1時間の虫の観察をして欲しいと語っています。 観察されたものはオンラインで集められ、または、アプリで NABU へ送られます。
(注; 様々な虫たちの名前が記されていて、それらの写真なども収集されることが期待されています。)

A bug's life
Environmentalists warn that pesticide use and intensive agriculture have led to falling insect numbers in Germany — a decline that could have devastating consequences for biodiversity and food supply.
Many insects play a role in pollinating plants that humans rely on for sustenance. They are also food for other species in the food chain, such as birds.
Franzisi, of NABU, says many of the over 550 wild bee species in Germany are under threat, and the number of butterflies has also fallen sharply.
The results of the insect counting blitz, which runs until August 12, will be published later in the year.

(抜粋)虫の生涯: 環境保護論者は警告しています。 集約的な農業によって殺虫剤が使用され、それがドイツにおける虫の生息数の減少を招いています。 この減少は、生物多様性と食糧供給に深刻な結果をもたらす恐れがあります。
多くの虫が受粉植物に関して役割を果たしています。 それは人が依存している食物なのですが。 また、彼ら自身が他の種の食べものになっています、食物連鎖として。 例えば、鳥の。
NABUの関係者が語ります。 ドイツには550種の野生のハチがいて、その多くが脅威に晒されており、また、多くの蝶も急激に減少していると。
今回の調査の結果は、8月12日まで続けられるのですが、年末までには発表される予定になっています。

***

ミツバチや蝶などの受粉虫が激減していて、結果、食物連鎖として、野鳥の数も激減していることや、主要穀物の生産にも影響が出るとの報道は既に出ています。 なので、これらを裏付ける調査になるのでしょう。

日本でも、こうした重要な調査の実施や、情報の共有化などが行われているのでしょうか。



スポーツマンシップなど、全く無いようなスポーツ競技の運営主体もあるようです。 こんな腐った・陰湿な小世界は一掃し、こんな情けない話題がメディアに多く占めるのは終わりにしましょう。

それにしても、角界もそうでしたし、日大アメフト関係、そしてボクシングも・・・。 非民主的で、傲慢、陰湿、権威的、形式的、教条主義的、盲従・黙従を強いる。 まるでマフィア社会を感じさせる出来事が続きます。

これらを見ていると、日本人の思考は、まだまだ民主的なものではなく、前時代的な因習に包まれた部分が少なくないようです。 もっとも、安倍政権の思考や行動は、この構図に酷似していますので、これを正すことが先決でしょう。 これがわからない輩(ヤカラ)は、100年前を生きる人同然です(極論ですが)。

また、安倍に盲従する自民党議員は、後になって、自分達も被害者だったと言い訳するのは明々白々です。 こうした連中は、時の権力におもねる日和見主義で・ご都合主義で・カメレオン主義であり、こうした言い訳も絶対に許してはなりません。 彼等は、議員としての価値は全く無いのと同然であり、サッサと政界から追放するしかありません( 国民にとって迷惑でしかありません)。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。



***
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アイルランド(Ireland): ... | トップ | アイルランド発(datelined I... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事