ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

アイルランド発(datelined Ireland):  Newborn rescued

2018-06-08 17:38:30 | 日記
2018年6月8日(Fri.) 幼い子供への虐待事件が発生しました(東京)。 子細は異なっても、類似の事案が、しばしば起こっているように感じます。 社会の構図が一因なのか、貧困がもたらすものなのか、未熟な親のなせる業なのか・・・。 しかし、せめて祖父母等の近親者が近くに暮しているのであれば、こうした不幸を減らすことが可能かも知れませんね。

さて、ブラジルで起きた新生児に関する事件、奇跡的に救出されたようです。 ( ニュースソース: The Liberal.ie 6月7日発 )

<原文の一部>
Horrifying: Newborn rescued after she was buried alive for more than eight hours
恐怖: 生きたまま埋められて8時間以上経ちましたが、新生児は救出されました。



***Warning the video in this article contains scenes some viewers may find distressing***
警告: 添付の映像(注: 原文サイトの)には、衝撃的なシーンも含まれています。

A newborn baby girl has miraculously survived after being buried alive for more than eight hours it has been revealed.

The horrifying story which Canarana Western Brazil, has become a global news story after footage of the infant’s was rescue operation was uploaded online.

It has been reported that the baby girl was buried by her parents after they believed she had died at birth, however after officers recieved an anonymous tip off from a member of the public, they were soon to be left in shock by what they were about to uncover.

(抜粋)新生児の女児が、8時間以上も生きたまま埋められていましたが、奇跡的に生存していました。 Canarana Western Brazil での出来事です。 この乳児が救出される映像がネットにアップ・ロードされて世界中の話題になっています。
報道によると、この乳児(女子)は、出産時に死亡したと考えられて、両親によって埋められたものです。 しかし、匿名の通報によって、救出行動に至ったのです。(一部、意訳)

Believing they were going to find the remains of the baby girl, officers investigating the incident which was reported after the parents failed to inform the relative authorities about the newborn’s death, were shocked to hear a soft cry from the girl who was buried under 50cm of mud.

In the footage officers can be seen frantically trying to rescue the baby by digging with their bare hands, before she is taken from the ground covered in mud and barely breathing.

The dramatic footage also shows the desperate officers issuing first aid to the newborn who still had her umbilical cord still attached.

Although the newborn is said to be recovering from the terrifying ordeal, doctors treating the baby girl say she still remains in intensive care and is under observation.

It is believed the baby girl’s mother a 15 year old girl, buried her child with her grandmother after they believed she died. The new mother claims she and her grandmother decided to bury her daughter as part of a traditional custom after she became unresponsive following her birth.

The baby’s mother apparently told police that she thought her baby died after the newborn hit her head on the bathroom floor. The distraught mother also told officers that she went into labour whilst in the bathroom and gave birth to her daughter alone.

Although the teenager’s story has yet to be verified, doctors treating the newborn have said the baby girl suffered two cranial fractures to the head.

Officers investigating the incident say they have arrested the grandmother with attempted murder, they have also said they are shocked at how the newborn survived for so long.

(超抜粋)その後、地中50cmに埋められていたところから、微かな鳴き声が聞こえたのです。 必死に素手で掘り起こしが行われました。 乳児は泥の中で微かに呼吸をしていました。 また、へその緒はついたままでした。 新生児は恐怖の体験をしましたが、医者が集中治療と観察を続けています。
新生児の母親は15歳で、乳児が死んだと思った後に、祖母と一緒に埋めたとされています。 新生児が無反応になったために、習慣(因習?)として、埋めたと話しています。
15歳の母親は、産み落とした時にバスルームの床に新生児の頭をぶつけたと警察に語っています。 また、この取り乱した母親は、バスルームにいた時に陣痛が始まり、新生児を一人で産んだと言っています。
この十代の若者の話は検証中です。 医者によると、新生児の頭部には2ヶ所の頭蓋骨骨折があるとしています。
当局は、祖母を殺人未遂で逮捕しています。 それにしても、この新生児が長時間生存していたことにも驚いています。

・・・ 原文サイトはこちら(映像あり: 要注意) ・・・

***

全体的には、疑問になる点もあるので、事件性も感じます。 しかし、8時間も生き埋め状態にされて、よく助かったものです。



2013年のドイツ滞在時、同じWWOOF仲間と一緒に、滞在先農家のリビングルームで映画を観ました。 題名は 「JUNO」 だったと思います。 女子高生が妊娠してしまい、大きなお腹のままで通学、出産。 その後、その子を養子縁組に出して、若者は普通の生活に戻ると言うものでした。 中絶には至りませんでしたが、何か、割り切れないものを感じた映画でした。

何れにしても、自らの行動規範に従って、先も読みながら行動したいものです。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。



***
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アイルランド(Ireland): ... | トップ | アイルランド(Ireland): ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事