ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

アイスランド(Iceland 🇮🇸): Protest of Open-Net Salmon Farming

2018-09-08 11:38:03 | 日記
2018年9月8日(Sat.) ニュースの表題を見て、これは何? と思ってしまいました。 ( ニュースソース: Iceland Review 9月7日発 )

<原文の一部>
Culinary Team Resigns in Protest of Open-Net Salmon Farming
養殖サーモンに抗議するため、料理チームが辞任します。(意訳)



All thirteen members of Iceland’s National Culinary Team have decided to withdraw from the team, mbl.is reports. The mass resignation is intended as a protest against the team management’s decision to sign a contract with Arnarlax, a company that engages in open-net salmon farming.

Team member Garðar Kári Garðarson announced the resignations on his Facebook page. “I am a member of the Icelandic Culinary Team,” read his post, “and we as a team protest management’s decision to sign a contract with a company that produces salmon via open-net fish farming. Such production practices are a threat to wild salmon and trout stocks and have numerous negative environmental impacts on the ecosystem of Iceland. I only use products that are produced in a sustainable way and in harmony with nature and can’t take part in promoting, on behalf of Iceland, products that are produced in this way.”

The post was then undersigned by all of the other members of the team who affirmed their collective intention to resign from the team, including one chef who was abroad at the time of the statement’s release but has since also confirmed his withdrawal.

(抜粋) Iceland’s National Culinary Team(料理チーム) の全メンバー13人は、チームから撤退することを決めました。 これは関連する企業が、サーモン養殖者と契約することに対する抗議の為です。
チームの代表の一人がFBで語っています。 その投稿によると、養殖サーモン事業との契約に抗議する為だと言います。 こうした生産(養殖)は、野生のサーモンやトラウトに脅威を与えるもので、アイスランドの生態系に関し、環境的に多大な負の作用をもたらすものだと。 私(代表)は、持続可能型の方法のものや、自然と調和しているものしか使いません。 アイスランドの為、このような生産方式(養殖)には関与できないのですと語っています。
この投稿は、チームから辞任するとした他の全員の署名がされたものになっています。 この時、海外にいた一人のシェフも含まれています。

***

自然由来・環境重視とか、持続可能といったことにこだわっている印象を受けました。 単に、効率的・安定的な生産や低コスト・金儲けを重視するのではなく、将来に向けて何が大切なのかを考えているようにも見えます。

もう一つ、こうした会社側や組織上層部(?)の決定に対し、構成員が声を上げ、しかも、職を辞してでも抗議する姿には、見習いたいものがあります。

日本人は、ややもすると、権威主義や組織人に埋没し、黙従・盲従する人が多すぎませんか。 ボーッと生きていたり、指示して下さいと言うような人にはなりたくないものです。

日本にいるだけで、外の世界を見ていないと、その違いに疎くなるのかも知れません。 これが杞憂であることを願いますが・・・。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。



***
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ドイツ発(datelined Germany... | トップ | アイルランド(Ireland 🇮🇪)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事