ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

デンマーク(Denmark): sell ’ugly’ veggies

2018-05-25 19:39:48 | 日記
2018年5月25日(Fri.) サツマイモの苗を植えるための畝を起こしてきました。 約1時間ぐらいの作業ですが、鍬(クワ)による手作業なので、そこそこの運動量になります。 一方、サツマイモの苗は発根してきていますので、近々、植え付けをします。 

さて、不恰好な野菜を積極的に販売しようとする活動が話題にされています。 ( ニュースソース: CPH POST ONLINE 5月25日発 )

<原文の一部>
Supermarket to sell ’ugly’ veggies at discount prices
スーパーマーケットで不恰好な野菜を安値で販売へ

Rema 1000 teaming up with food waste advocate in new initiative
Rema 1000 は食品廃棄物問題提唱者と協力へ(意訳)


French supermarket Intermarché has had great success selling imperfect fruit and veggies (photo: Intermarché)
フランスの Intermarché は、不完全なフルーツや野菜の販売で成果を見せています。(意訳)

May 25th, 2018 11:00 am| by Christian W

It’s difficult to say how much imperfect fruit and vegetables fails to make it to supermarket shelves. In Denmark alone, it is estimated that 33,000 tonnes of vegetables are wasted annually, partly due to growth imperfection.

But now the supermarket giant Rema 1000 is looking to do something about it, in co-operation with the food waste organisation Stop Spild af Mad.

(抜粋)どれぐらいの不完全なフルーツや野菜がスーパーの棚に並べられていないのかを言うことは難しいことです。 デンマークだけでも、推測で年間33,000トンの野菜が廃棄されており、その一部は成長不完全を理由とするものです。 しかし、今、スーパーマーケットのジャイアントである Rema 1000 は、これに関して取り組もうとしています。 食品廃棄物に取り組む Stop Spild af Mad と協業するのです。(一部、意訳)

Over the summer consumers in Rema 1000 will be able to purchase ‘ugly’ vegetables that would usually be discarded at a cheaper price.

“Imperfect and crooked vegetables taste just as good as the nice-looking ones and we have long campaigned for these kinds of vegetables to be sold in Danish supermarkets,” said Selina Juul, the head of Stop Spild af Mad.

“It will help reduce waste during primary production and generate growth for the food sector.”

(抜粋)この夏を通して、Rema 1000 の顧客は、通常ならば処分されてしまう不恰好な野菜を安い値段で買うことが出来るようになるでしょう。 不完全なものや曲がった野菜の味は、見た目が良いものと変わりません。 私達はこうした種類の野菜をデンマークのスーパーで販売できるようにする活動を永く取り組んできていますと食品廃棄物問題に取り組む団体の責任者が語ります。
これは、一次生産品の廃棄物削減や食品部門の成長に役立つことだとも語っています。

Following the French?
For every imperfect vegetable sold, Rema 1000 will donate 12.5 øre to Stop Spild af Mad, as will the vegetable producers behind the project: Alfred Pedersen & Søn and Gartneriet Østervang Sjælland.

Initially Rema 1000 will sell imperfect cucumbers, tomatoes and bell peppers in some of the chain’s 308 stores in Denmark, at a price that will be about 15 percent lower than what a typical vegetable with no imperfections would cost.

“It’s been accepted wisdom that people don’t want them, but we think this line of thought is archaic. The French supermarket chain Intermarché has had great success in recent years selling fruit and vegetables that otherwise would have been discarded,” Juul told Politiken newspaper.

(抜粋)フランス人に続く? : 不完全野菜の販売毎に、Rema 1000 は Stop Spild af Mad に対して 12.5 øre を寄付します。 
手始めに、 Rema 1000 は不完全なキューリ、トマト、ピーマンをデンマーク内の308店舗で販売します。 価格は通常野菜の15%オフ程度となります。 ”こうしたものを欲しない考えは通常のことでしたが、これらは古風な考えであると私達は思います。 フランスのスーパー・チェーンは、近年、すばらしい成功を納めているのです。” と食品廃棄物問題に取り組む団体の責任者が語っています。

***

食品廃棄物を減らす努力や工夫は、もっとされても良いでしょう。 また、安全な無農薬・減農薬のオーガニック食材なども市場に出回るべきでしょう。 低価格ばかりを追求すると、反って、取り返しのつかないほどの高価な代償を払うことになるのかも知れません。

一番は、消費者が賢くならなければならないのですが、その判断材料となる情報を提供するのはマスコミ関連の職務であり義務でもあると思います。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。



***
コメント