ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

ドイツ(Germany): stray water buffalo

2018-05-15 17:48:30 | 日記
2018年5月15日(Tue.) 新潟の小2女児殺害事件の犯人がやっと逮捕されました。 真相は未解明の段階ですが、報道によると、女児を車ではねてしまい、パニックになって首を絞めて殺した・・・などと供述しているようです。 しかし、こんな話は信じられない内容です。 普通なら、救急車を呼んで救護に全力を注ぐ筈でしょう。 そして、このような言い訳や話を取り繕う有様からして、かなり悪質で、卑劣、身勝手な考えの持ち主であると見えてしまいます。 やって良いことと悪いことの判断が出来ないようです、この男も・・・。

さて、ドイツのアウトバーンで、水牛が長時間にわたって道を塞ぎました。 しかし、水牛を責めるわけにはまいりません。 ( ニュースソース: THE LOCAL.de 5月14日発 )

<原文の一部>
Crane called in after stray water buffalo cause massive autobahn logjam
さまよう水牛によるアウトバーンの大渋滞のため、クレーン車が出動しました。(意訳)


Photo: Oliver Köhler/WDR/DPA

The A3 between Düsseldorf and Cologne was closed down on Monday morning due to five water buffalo blocking the motorway. Emergency services had their work cut out trying to gather the bulky beasts back in.
(抜粋)デュッセルドルフとケルンの間のA3が、月曜の朝、5頭の水牛が高速道を塞いだ為に閉鎖されました。 緊急隊はこのかさばる動物を元に戻すことに成功しました。

Motorists had to endure considerable traffic jams as a result of the closure. It took nine hours for the fire brigade and the police to collect the water buffalo and remove them from the autobahn.

The A3 motorway near Leverkusen was temporarily closed in both directions, a police spokeswoman said. Only later in the morning was it possible to open up the motorway again.

It was a struggle to get the large animals off the road as some of them were walking between the stopped cars, the spokeswoman added. One of them had also become trapped in a guard rail and had to be freed.

Only after a veterinarian from the Cologne Zoo anaesthetized the animals could they be gathered and finally transported back to their field. Emergency services were able to complete the big task with the help of a crane.

The five buffalo are believed to have broken free from a nearby pasture in Leverkusen late on Sunday evening. They then sauntered toward the A3 autobahn.

(抜粋)ドライバー達は交通渋滞に耐えなければなりませんでした。 消防隊と警察が、これらの水牛をアウトバーンから移動させるのに9時間を要しました。 A3高速道は双方向とも一時的な通行止めになっていました。
この大きな動物を確保するのは戦いでした。 中には、停車中の車の間に行ってしまうものや、さらに、ガードレールに絡まってしまうものもいて解放する必要もあったのです。 ケルン動物園の獣医によって麻酔処理が施され、彼等を集めることができました。 その後、最終的には彼等のフィールドに戻すことができました。 この処理にはクレーン車の助けが必要でした。
この5頭のバッファローは、日曜日の夜、Leverkusen の牧場から逃げ出したものと考えられています。 そして、A3アウトバーンをふらついていたのです。


別のサイトで掲載の写真。


***

渋滞に巻き込まれた人達にとっては迷惑至極だったのでしょうが、この水牛たちに罪を問うことはできません。 どちらかと言うと天災(人災なのでしょうが)として受け止める余裕が欲しいところです。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。



***
コメント