小田原箱根 美味さんぽ 〜小田原・箱根グルメブログ〜

小田原や箱根を中心に美味しいランチ・ディナーや、観光地の情報をお伝えしていきます!
HAKONE OMOTENASHI

本日7月7日は七夕 JSフードシステム5節句プロジェクト

2018-07-07 | 水産事業部

食を通じてすべての人の幸せに貢献する

株式会社JSフードシステム

English | 中文 | 한국

みなさんこんにちは 小田原・箱根を中心に飲食店を展開する株式会社JSフードシステムです

当グループでは日本の良き文化を体感していただきたく5節句プロジェクトを開催しています。

ささやかではございますが、季節の料理や店内装飾をご堪能いただければ幸いです。

7月7日「七夕の節句」です。

 

 

▲株式会社JSフードシステム 5節句プロジェクト

七夕の節句

読み方:しちせきのせっく

同義語:七夕〔たなばた〕・乞巧奠〔きこうでん〕 関連語:盆 七夕〔たなばた〕とは「7月7日の夕方」を意味しています。七夕行事は、中国に古くから伝わる牽牛・織女星の伝説から発達した乞巧奠〔きこうでん〕の行事に、日本古来の棚機津女〔たなばたなつめ〕の信仰が混ざり合って形成されたものでした。 織姫と彦星が逢瀬を重ねる日 7月7日は、織姫と彦星が逢瀬を重ねるのを星を見守る日として知られています。

この日、芸技が上達するように、出会いがありますようにという願いを詩歌にした短冊を竿竹にくくりつけると祈りが届くとされています。

また、この時期はお盆(旧7月15日)を迎えるための準備(七夕盆)としての意味をもち、畑作の収穫祭を祝う祭りが人々の間で行われていました。

この時、健康を祈り素麺の元となったお菓子「索餅〔さくべい〕」が食べられていました。索餅は熱病を流行らせた霊鬼神が子供時代好きな料理で祟りを沈めるとされていました。やがて、索餅は舌触りのよい素麺へと変化し、七夕に素麺を食べるようになったそうです。

七夕と機織娘 日本では古来より、「棚機つ女」といわれる女性が、機〔はた〕で織った布を神におさめ、病気や災厄が起こらないように願ったという話がありました。

7月7日〔しちせき〕を「たなばた」と呼ぶのは、この「棚機つ女」がもとになっています。 そして、中国の文化に強く影響を受けた平安貴族たちは、竹竿に糸をかけて願いを星に祈るとかなえられるという乞巧奠の習わしに従い梶の葉に歌を書き付けて手向ける「星祭り」を行うようになりました。 その後、乞巧奠が大衆の間にも広まり、やがて棚機つ女と結びつき現在のように7月7日の七夕となっていったようです。

江戸時代に入ると、短冊に詩歌を書き、笹竹に軒先に立てる風習が寺子屋の普及とともに浸透していきました。明治になり、各地の商店街などで大規模な七夕祭りが開かれるようになり、さらに一般の人々の風習として広まっていったようです。

各地の七夕伝説 7月のはじめ頃に竹に願い事を書いた短冊を作ります。短冊を軒下に飾るのは6日の夜で、7日は七夕飾りを海や川へ流して神様に持ち去ってもらいます。

現在は環境汚染問題から川に流すことは困難である為、神社で燃やしてもらうのが一般的なようです。 また、日本各地に七夕にちなんだ伝説があり、特に大阪と福岡が有名です。大阪府枚方市・交野市の地域は、昔は交野ケ原と呼ばれ、「天の川」という七夕にゆかりのある名前の川が多いそうです。福岡県小郡市の大崎には、七夕伝来の地と言われている「七夕神社」があります。 七夕の伝説が本当だとしたら・・?ロマンを感じますね。

 

■参考文献・ウェブサイト • 子どもに伝えたい年中行事・...萌文書林編集部 萌文書林 1998 • 年中行事・儀礼事典東京美術選書川口謙二 池田孝 池田政弘 東京美術 1997 • 祝祭日の研究―「祝い」を忘...角川oneテーマ21産経新聞取材班 角川書店 2001 • 小笠原流「七夕祭り」『小笠原流弓馬術礼法』 2003 (2004.7.1) • Yumi 『七夕 伝説 .. 星座』「+- Yumi's Room - +」2000 (2004.7.1)

 

各店にてささやかがらお食事後に【いかソーメン】サービスさせて戴きます。 皆様のご来店心よりお待ちしています。

 

▲小田原駅でランチなら海鮮丼専門店「小田原魚河岸でん」

 

▲小田原の観光名所 海鮮料理が人気|小田原早川漁村

 

▲漁師の浜焼 あぶりや ららぽーと湘南平塚店

 

▲箱根絶景ランチと自然薯|箱根自然薯の森 山薬

 

箱根仙石原 ランチにそばを堪能|じねんじょ蕎麦箱根九十九

 

▲静岡駅より徒歩3分 ランチも楽しめる居酒屋|三代目魚寅

▲お隣さんの鉄板28号の豚玉も最高!!

 

関連記事【その他のイベントに関する記事はコチラ】


 

 

~小田原箱根の名物グルメ~ 株式会社JSフードシステム

〒250-0031 神奈川県小田原市入生田165 >>地図はこちら

TEL:0465-23-5637 FAX:0465-20-6225

 

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 小田原早川漁港特産 鯵の酢〆... | トップ | 箱根自然薯の森 山薬に珍客?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

水産事業部」カテゴリの最新記事