キマグレ競馬

競馬を中心にスポーツの話題や時事ネタ、自分の趣味について考えた事を書いています。

2022 ダービー結果

2022年05月29日 | Horse Racing
今年のダービーは、武豊騎手が騎乗したドウデュースが優勝しました。
------------------------------------------------------
【日本ダービー】ドウデュースがV!武豊騎手は前人未到6度目のダービー制覇! by netkeiba.com
29日、東京競馬場で行われた日本ダービー(3歳・牡牝・GI・芝2400m)は、後方からレースを進めた武豊騎手騎乗の3番人気ドウデュース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で前の各馬を差し切り、そのさらに後ろから追い込んだ2番人気イクイノックス(牡3、美浦・木村哲也厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分21秒9(良、レースレコード)。さらに2馬身差の3着に7番人気アスクビクターモア(牡3、美浦・田村康仁厩舎)が入った。なお、1番人気ダノンベルーガ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は4着に終わった。
------------------------------------------------------
今年は混戦模様でしたが、終わってみれば順当に上位人気組=皐月賞上位で決まりました。
前半の速い流れで先行した馬は直線で軒並み失速してしまい、中団から後方に居た人気の差し馬が優位の展開。中でも皐月賞で上がり最速だったドウデュースが、自慢の末脚を発揮して同じタイプのイクイノックスを抑えて優勝しました。
武豊騎手は、ダービー6勝目。馬を信頼し落ち着いた騎乗で、今年も栄冠を手にしました。近年若手が台頭していますが、大一番は経験がものをいう。本当に凄い騎手です。今年も見応えのあるとても良いレースでした。
ということで、私の贔屓馬の結果は、
◎ピースオブエイト:18着:直線入口では好位置でしたが、ズルズル後退。気が付いたら大差のシンガリ負け。距離の壁か、不利を受けて戦意喪失か。でも3着は無理でした。
〇セイウンハーデス:11着:先行しましたが、ペースが速過ぎました。粘れず失速。
▲ジャスティンロック:16着:最後方からの競馬。見せ場無く敗退。松山騎手でも無理でした
△アスクビクターモア:3着:先行して唯一馬券圏内に粘りこみ。これは上位2頭に拮抗する強さかも。菊花賞が早くも楽しみ。
△キラーアビリティ:6着:上位とは少し差があったけれど、下馬評よりは良いレースでした。
今年は残念ながら贔屓馬の活躍は見られませんでした。当然馬券はハズレ。実績がある騎手や厩舎が強かったけれど、競馬を楽しむという意味では、今回のやり方はなかなか面白かった。尤も馬券を買うのはまた別の話ですが、、。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2022 日本ダービー 予想して... | トップ | 週末スポーツ~Indy 500, F1,... »
最新の画像もっと見る

Horse Racing」カテゴリの最新記事