シャンテ サラのたわ言・戯れ言・ウンチクつれづれ記

"独断と偏見" で世相・経済からコミックまで 読んで楽しい 面白い内容を目指します。 

トランプ化 ?する世界のリーダーたち

2022年01月29日 | 政治家 政治屋?
フランスのマクロン大統領 (※1から)。 バイデン氏、FOX 記者への悪態がマイクに (※2から)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最近 世界の首脳たちの間で低俗な発言が増えてきているようです。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
『ワクチン未接種者を “うんざりさせたい” 仏大統領の発言を野党が非難』(1月6日 BBC News Japan ※1) __ 大統領は仏語で「くそ」を意味する「merde」から派生した「emmerder」(くそくらえ) という下品な言葉を使い、未接種者の接種を望む強い思いを語った。

『バイデン氏、FOX 記者への悪態がマイクに拾われる』(1月25日 CNN ※2) __ バイデン氏が無表情のまま、「なんてばかな野郎だ」と呼んだ声が、マイクに入っていた。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
どちらの発言ににも “くそったれ” という表現が含まれています。 仲間内で使うなら問題とされませんが、どちらも主要国の首脳ですから、公けの場でらしくないという観点から話題になったのでしょう。

でも これが前大統領のトランプ氏の発言だったら、ニュースにならなかったと思います。 なにしろ あの人は元々それくらいはいうだろうと多くの人が予想していましたから。 多くの首脳もトランプ色に染まってきているのでしょうか?
………………………………………………
この2人以外に 記憶にあるのは、英首相ブラウン氏の失言です __「2010年 労働党のブラウン首相は市民と対話していたところ、ひとりの女性から移民の多さについて怒りをぶつけられた。 マイクを服に付けたまま車に戻り、側近に<ひどかった。 あの女としゃべらせないでほしかった。 前は労働党支持者だったという、ただの偏屈な女だ> と答えた」(2019年12月5日 BBC News Japan ※3) __ この後 彼は首相を続けることはありませんでした。

また 同じ※3記事中にあるのが __「2005年 ロシアとドイツの首脳と話していた最中、マイクが切れていると思ったシラク仏大統領は、イギリスのことを指して<あんなに料理が下手な国の人は信用できない。 あの国はフィンランドの次に食事がまずい>といったとされる」のも興味深いです。

これには後日談があります __「英国でブレアが議長を務めた先進国首脳会議 (G8) の晩餐会がこの数日後に開催され、小泉首相は供された食事を摂りながら、<英国料理はうまいよな? ジャック!(Excellent English food, isn't it, Jacques?)>と大声でシラクに向かって叫ぶことでたしなめ、フランスを牽制しつつホスト国である英国の面目を助けるアドリブを放った」そうです。 シラク大統領は、苦い顔で放言を否定したそうですから、そうするしか無かったんでしょうね。

そして イタリアのかつての名物首相ベルルスコーニ氏の発言です __「イタリア・ミラノで開催された自らが率いる与党の集会で、オバマ米大統領夫妻について <あの2人はビーチに日光浴に行ったんだ。 だから奥さんも日焼けしている>と述べた。 観衆からは拍手や笑い声もあがった」(2009年9月28日 AFP BB News ※4)

ベルルスコーニ氏は失言癖でも知られていますから、元々確信犯なんでしょうね。
………………………………………………
岸田首相はお堅いというか、真面目な感じですから 失言・放言はなさそうに思います (別のいい方をすると 面白みに欠けているのかも …)。

なかなか 難しいですね。 政治家の発言も。 若くして首相候補といわれていた某衆議院議員氏 (上記エピソードで言及した人の子息) も、放言ではないのですが ”ぶっ飛んだ発言” が多く、ポエム (詩) といわれているそうで、もう 首相候補の枠には入ってないように感じます。 

今日はここまでです。
コメント    この記事についてブログを書く
« 上司の当り運が良けりゃ | トップ | 草の根オーディオ同好会? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治家 政治屋?」カテゴリの最新記事