ヤッセンボの七目八目 (By 鈴木ジョージ)

情報・通信の世界に半世紀以上います。擬科学の横行には??です。世情の動きにも切歯扼腕することがあります。

アメリカで雪の新年を迎えました 旅で見つける風景 18

2007-12-31 12:25:45 | 外国-旅
アメリカで新年を迎えたことが、2度あります。2001年のとき、ニューヨーク、ニュージャージーでは、久しぶりの大雪でした。

ニューヨークのダウンタウンから、車で30分ほどの長男の家にいました(通りの写真)。通りの除雪は、何時間おきにされますが、家から通りまでは自己負担です。年配の人など、雪かきを頼んでいました。小さな除雪車、ブルドーザーが使われます。
雪かきを経験しました。通りがかりの人が、声をかけて行きます。車社会なので、道路の除雪は最大の急務です。

あまりの寒さと、動けないため、予定変更でマイアミビーチへ移動しました。ただ、予想以上に、マイアミも寒かったですね。


コメント

年末・年始はテレビが 面白くない!

2007-12-31 11:45:46 | Weblog
 年末年始のテレビは特番だらけです。個人的感想/趣味の問題でしょうが、見るモノがなくなります。

・ 年末は総集編だらけ
・ 長いのが特徴のドラマ
・ 紅白: マンネリ? バックグラウンド ミュージック?
・ “はっする”、Dynamite などの格闘技;これはファンにはたまらないでしょう
・ タレントの失業対策的、多人数を集めた、クイズ大会(いろいろな趣向はありますが) ;おかげで、あの人も居たんだ、元気なのだ・・などがわかります。
・ 同様の、隠し芸大会、表芸でないものをみせるショウ
・ ・
テレビは、お笑いタレントで成り立って居ることがよくわかります。彼らがいないとき、前回のブームが去ったとき、何を放送していてか?と思います。記憶に残る、正月特番はないですね。

そこで、真剣勝負のスポーツに走ります。
高校:ラグビー、サッカー
大学、実業団のラグビー
サッカー:天皇杯
箱根駅伝、実業団の駅伝・・

 楽しめますが、これも常連化しています。新種の出る余地はないみたい。
 やはり、好みが古いんですね!!



コメント

ストックホルムのガムラスタン 世界街歩き 4

2007-12-30 17:46:17 | 外国-旅
 ストックホルム市街の正面の島に、Gamla Stan (Old Town)があります。市街地から、橋をわたるだけです。ここは、19世紀までの市街でした。古い建物、教会、王宮などがあり、今は多くのレストラン、土産物店、アンティーク店などがあります。石畳の道を、ゆっくりと散策しました。

 ストックホルムは5回訪れ、毎回Gamla Stanを散策しました。その度に、新しい発見があります。写真の奥に見える教会は、ドイツ教会です(1995年夏)。
コメント

建築家のメッカ シカゴ 旅で見つける風景 17

2007-12-29 23:50:44 | 外国-旅
 シカゴは、農畜産物の集散地でしたが、商業が盛んです。禁酒法時代には、マフィアとアンタッチャブルの戦いの話が記憶に残ります。ブルースの故郷とも言われ、ブルース専門のバー?もたくさんあります。

 中心に、マグニフィセント・マイルと言われる、ニューヨークの5番街に匹敵するような繁華な通りがあります。一方、近代的、野心的建築物が多く、建築家にとっては見飽きない街と言われています。

 写真はかつての世界1の高層ビル シアーズ・タワー(110階、443m)の展望台から、見下ろしたビル街です(1993年)。いろいろな形状のビルが見えます。曇天なのがちょっと残念です。

コメント

授業料の送金・納付ができなかった生徒さん?

2007-12-29 11:43:46 | Weblog
12月28日の朝日新聞「声」蘭に、授業料の納付・送金でトラぶった生徒の投書がありました。その学校の、写真入り生徒証を提示しても本人と認められず、健康保険証を持ってくるように言われたそうです。授業料をマネーロンダリングに使うところがあるのでしょう。

知人の弁、健康保険証は写真がなく、本人かわからないと拒否された。確かに同年配の人なら、他人の保険証でもわかりません。そのときは、病院の受け取りを持っていればいいとか。たしかに、詐欺師?が、他人の健康保険証を取得する話はよく聞きます。

以前の経験ですが、住民税の納付と送金を一緒にしても、本人とは認められず、保険証をとりに戻りました。

金融庁の本人確認施行令(平成19年1月4日より)には、本人確認の書類として、免許証、保険証、パスポート・・など、氏名、住居、生年月日が書いてあるものとあります。“など”がありますが、その解釈は記述がありません。
写真があるのは、免許証、パスポートだけです。しかし、パスポートは、住所は自分で書きます。

かつて、身分を証明するものは、といわれたので、国立大学の身分証明書(写真入り)を出したが、だめでした。生年月日がなかったためでしょうか。日本は、身分確認の方法が曖昧です。

我が国は、身分証明書を携行しないでもすむ国でした。今も身分証明書はありません。それだけに、この施行令の運用には??を感じます。また、提示すると、コピーをとります。個人情報保護の時代に、送金の度にコピーし、その情報はどこへ行くのでしょう。それとも、身分証明書を発行し、その携行を義務化しますか。

お役所のお達しに対しては、実効をあげるのではなく、形式があればいいようです。この処理によるロス、コピーの手間とコスト、証明書をとりにもどるなどと、マネーロンダリング防止効果との関係を明らかにして欲しいものです。



コメント

中央線 国分寺にも駅弁があった 駅弁2

2007-12-28 13:58:58 | 国内-旅
 地元、中央線国分寺駅の、駅弁の包み紙(昭和3年、1929年)を紹介します。国分寺駅からは、東京駅に40分で行けます。通勤圏でも近い方でしょう。しかし、半世紀以上、この駅を使っていますが、駅弁の存在は知りません。

 武蔵の国の国分寺は、天平時代(平城京時代、8世紀)に建てられました。14世紀の源平時代に焼失しました。

 包み紙のデザインは、現在の「国分寺」の楼門、本堂です。発掘された瓦も描かれています。楼門、本堂の屋根、囲んでいる木の感じは、現在と変わりません。これらは、1773年の建立、昭和62年改築とのことです。
現在、この絵を利用しても、違和感はないでしょう。80年にわたり、よくその景観が保存されたと言えます。

 一帯は、都立の武蔵国分寺公園として整備され、かつての国分寺、尼寺の礎石があり、発掘された品などが展示されています。万葉植物園もあります。天気のよい日には、ハイキングがてらの人々が訪れます。自宅から、10分余なので、私も、ときどき散歩がてらに行きます。
コメント

月面で閃光! 月で”流れ星”が見えますか?

2007-12-28 12:12:42 | 科学・技術・・
 今月14日夜から15日夜にかけて、ふたご座流星群が見られました。このとき、流星が月面に衝突して鋭い光を放つ「月面衝突閃光(せんこう)」を、電気通信大や国内のアマチュア天文家らが同時観測し、動画の撮影にも成功したとのことです。
http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20071227ke07.htm
 
 流れ星の話は、なにかロマンティックですね。見ると、幸運が来るように思えます。しかし、長年見る機会もありません。流れ星は、小天体が上層大気中の分子に衝突し、プラズマになったとき、発光し見えます。常に見えるわけではありません。

 月の場合は、大気がないから、小天体(宇宙塵)、いわゆる流れ星が衝突しても、閃光、ホコリ、クレーターでしか起きたことわかりませんね。

 地球には、1日に1億個もの流れ星が届いています。月に届く流星は、引力比ぐらいの数でしょうか。ただ、大気がないから、遙かに多くの流星が月面に届きます。月面で活動する人、月面上の機器は、流星の衝突も念頭に置く必要がありますね。

 しかし、月面では、地球上のように流れる星は見えないので、「流星」の言葉が適切かどうか、変な疑問をもちました。
コメント

旅の楽しみは駅弁!! 80年前の駅弁

2007-12-27 17:17:59 | 国内-旅
 各国に弁当はありますが、日本ほどバラエティ、地域性のある所はないでしょう。米国のランチボックスは、サンドイッチかパン、ジュースなど飲み物、フルーツ、デザートが入っています。去年、カナダで貰った弁当には、サラダがドレッシング別で入っていました。最低だったのは、ハンガリーのホテルから貰った弁当で、歯が立たないくらい固いパン、サラミソーセージが10cmくらい、パプリカの大2個でした。飲み物はなしです。

 地理の教官だった父は、よく旅行しました。そのコレクションに、昭和初期の駅弁の包み紙があります。古い方の代表として、沼津駅・桃中軒の包みを図示しました。昭和2年ですから、80年も前ですね。文は三保の松原を扱っています。沼津ではないが、知名度から題材にしたのでしょうか。なお、桃中軒は、今も営業しています。

 時代とともに、デザインが変わり、戦時中には、標語が載り、紙の質も悪くなります。時代を反映しているので、興味深いものがあります。

 単に弁当と書いてあるのは、幕の内でしょう。あと、寿司、サンドイッチがあり、変わったものは“鯛飯”と“かしわ飯”だけです。

 寿司が20銭で、他は30-35銭です。大学出のサラリーマンの給料が、50-70円のころです。35銭は、70円の1/200です。今の月給を20万円とすると、1/200は1000円です。相対的には、あまり変わらないようですが、大学出が少なかったから、当時では高値でしょう。しかし、今の駅弁、弁当の品揃えはすごいですね。

PS: 上記の日記は当初、25日に書きました。一部、私の誤解がありました。27日に、桃中軒から丁寧なメールをいただいたので、その部分を引用させていただきます。

”沼津にも、三保の松原のように、千本松原という松が植樹されているところがあります。沼津港の西に千本松原という地名もあります。
昭和2年の掛紙も沼津の千本松原をイメージしたものです。
三保の松原のような天女伝説はありませんが、
実は、千本松原にもそのむかし、かなりのドラマがありました。”

「むかしむかし、塩害と風を防ぐために
増誉上人というお坊さんが、
1本1本お経を唱えながら、植樹したという松原がございます。
明治大正の頃、その松原を伐採する計画が持ち上がったとき
反対運動をしたのが、晩年沼津に居を構えた歌人の若山牧水でした。
若山牧水記念館もその地にございます。
・・・」

包み紙には、その地の歴史、風俗を反映していることがある。を銘記したいと思います。
記事を判読して、”天の羽ごろも・・・三保乃松原・・”から早とちりしました。訂正いたします。
コメント

目を見張ったブライスキャニオン(米) 旅で見つける風景 16

2007-12-27 14:05:57 | Weblog
 旅の途中で、今までの知識にない景色に会うと、得をした気になります。何度かありましたが、もっとも古いものを紹介します。1667年夏の、アメリカ横断旅行の途中です。アメリカの自然を紹介する写真集をもっていたので、事前に多くの名所の景色は、何となくなじみになっていました。

 イエロウストンから南下して、グランドキャニオンに向かう途中で、ブライスキャニオン(Bryce Canyon,ユタ州)に立ち寄りました。視界が開けたポイントに立ったとき、こんな所があったかとしばらく呆然としました。奇岩が乱立している風景です。岩を頂上に、鋭い形の山が続きます。その間に、緑が覗きます。何カ所かのビューポイントがあり、歩くコースもあります。

 日本で紹介されるアメリカの風景に、取り上げられることも少ないのですが、最近は、時々、ツアの中に組み込まれています。ゆっくりと歩きたくなる景色でした。
コメント

トリビアで”チャイナフリー”の実験はいかが

2007-12-27 10:32:13 | Weblog
 中国の貿易高は世界2位だそうです。ただ、安全面で配慮が足りない品とコピー商品が多いため、販売禁止になることがあります。
 
 アメリカのクリスマス用品の6割が、中国製との記事がありました。アメリカでは、中国製品を売らない・使わない意味の“チャイナフリー”の語があるそうです。
 かつて、アメリカ土産に、米国製品をと思ったら、なかなか見つかりませんでした。40年前です。ただ、当時は、日本製、台湾製、香港製が優勢で、中国製はありません。

 現代、コストを重視した場合、ほとんどの分野で、中国製品なしではすみません。一番中国の恩恵を受けている分野で、次の実験はどうでしょうか。

・ 百円ショップは、品揃えも多く、2万点以上あるそうです。百円ショップで、中国製品を除いたら、何点残るでしょう。
・ ユニクロで、同じ事をしたら、商品が残るでしょうか。

 安心、安全な中国製品を望みます。それがコスト高になるかもしれません。
あるいは、出所の明らかな?国産を愛用しましょう。この頃、国産に??のものもありますが。
コメント

クラシックカーに乗った! 旅と車2

2007-12-26 14:29:58 | 外国-旅
 ときどき、クラシックカーの展示や、ドライブがテレビで紹介されます。

 ストックホルムに2週間ほど滞在する間(1984年)に、大学の研究員が自宅に招待してくれました。市内から、車で30分弱の所で、緑の中です。真贋はわかりませんが、浮世絵が10枚ほど飾ってありました。

 1929年製のクラシックカーが自慢で、このとき、55年経っています。良く整備され、街を1周してくれました。街中の人が振りかえります。車だけテレビに出演したとのことです。車の名前は、聞いたのですが、覚えられませんでした。

 私自身が運転したクラシックカーは、1932年製のアドラー(独)です。免許取り立ての1959年の運転なので、30年は経っていませんね。

 この研究員は、自宅から1時間くらいのところに、別荘とボートがあるとのことでした。日本とは違う、豊かさとゆとりを感じさせられました。
コメント

右側の車、助手席のドアが開いた!

2007-12-26 10:19:28 | Weblog
 マイクロバスの自動ドアが開き、サッカー少年が外へ放り出されて亡くなりました。痛ましい事故ですが、あってはならないですね。

 私が壮年の時代です。信号のある小さな交差点で、中央に右折車が止まっていました。その横を直進したら、直前で助手席のドアが開きました。開けたのは、女性です。思わず左にハンドルを切りながら、停車しました。交差点を見たが、右折車はいません。

 冷や汗をかき、ここでぶつかったら、こちらに責任があるのだろうか?と思いました。警察にも言いませんでしたが、これほどびっくりしたことはありません。

 恐らく、半ドアを閉め直したのかと思いますが、道路の真ん中で左側のドアが開くなど、予想する人はいないでしょう。
 半世紀も運転していると、こんな経験もあります。
コメント

クリスマス狂想曲 はなくなった?

2007-12-25 12:04:42 | Weblog
 キリスト教徒ではないし、老夫婦だけになるとクリスマスは無縁になります。近所の分までケーキを作ったこともありましたが、昔のことです。

 ダンスホールやキャバレー、バーが満員の時代もありました。今年は、各地のイルミネーションが話題でしょう。

滞米中にクリスマスを迎えました(1966年、2000年は直後に)。飾り、商戦、ギフト・・など、いろいろな経験をしました。
やぶにらみの感想です。

・ 教会でミサがあり、宗教音楽を聴くこともできる
・ 公園、家庭のツリー、飾りがきれい
・ オモチャ業界のかき入れ時、これを目当てに新製品も投入
・ セール、セールでショッピング・ビジネスのチャンス

・ 七面鳥の受難日(日本だとブロイラー)
・ スパークリングワインが売れる
・ 子供が貰うギフト;数十点にもなる。多すぎる。贈る方も大変です。
     日本はお正月もあるし、それほどではないですね。

・ クリスマスが過ぎると、売れ残り処分のセールがある。
大型地図帳、自動車の写真集が1/2~1/3に値下げになったので、購入しました。未だ持っています。
コメント

-C型肝炎薬害で-日本は「三権分立」が機能しています? 

2007-12-24 17:48:36 | Weblog
C型肝炎薬害問題について

・司法 : 大阪高裁は和解案を提示

・行政 : 政府は線引きで実施を発表

・立法 : 議員立法により、被害者の一律救済をはかる。中味はこれから・・


・三権が別な案を出すとき、どれが優先するのか?

・薬害の原因についての責任は : 何となく消える?
コメント

ブタの片足(アイスバイン、独) 旅と料理 2

2007-12-24 17:39:31 | 外国-旅
 ツアでは、予想外の食べ物に巡りあ会うことがあります。

 ドイツの郷土料理の一つに、ブタの脚を長時間煮た、アイスバインがあります。香草がきき、あぶらが抜けて居るのですが、脚1本は多いですね(ドレスデンの近くにて、2000年8月)。

 量の多さでは、アメリカで食べた1ポンド1/4のステーキよりあるでしょう。ステーキには、特大のアイダホポテトが付いて居ました。

 アイスバインには、ザワークラフトとポテトがついていますが、ポテトは少なかったので助かりました。私は脚の半分でギブアップしましたが、若手には完食した人がいました。
コメント