スポーツ記録箱

スポーツの記録や用語、人物からランキング等を独自視点で分かりやすく解説!スポーツ観戦のための「スポーツ記録箱」登場!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2007初場所展望

2007-01-07 14:13:26 | その他
◎展開予想
20回目の優勝を目指す朝青龍がダントツの超本命。唯一のライバル白鵬は怪我が治りたてなので優勝どころではなく、角番脱出が精一杯の状況。昨年初場所を制した栃東も怪我で出場がやっとの状態。千秋楽まで持つかも微妙であり、優勝争い自体は残念ながら興味薄と言わざるを得ない。
問題は朝青龍を誰が倒すかである。これも昨年優勝した両名が本来本命であるが、ともに怪我のため難しく、露鵬、黒海、安馬の3人で確率5%、稀勢の里、普天王の日本人ホープで5%、把瑠都が5%、琴欧洲が5%、その他5%で全体で25%の確率。つまり75%は全勝と見てよいだろう。

○注目の力士
一昨年は琴欧洲が躍進、昨年は白鵬が躍進し横綱を追いつめたが、今年は誰が台頭するか。
最も有力なのは把瑠都と見て良いだろう。肩越しに上手をつかむスタイルを下から取るスタイルに現在変更中で、これが今年中に成功すれば横綱を破る事も十分に可能で、それどころか優勝の可能性すらある。考えて見れば昨年の初場所はまだ幕下だったのだから恐るべき怪物である。
二番手は稀勢の里。大関取りは来年になるだろうが、その基盤として三役で二桁を勝てるようになっておきたい。
三番目は琴欧洲の復活。膝の怪我もだいぶ良くなり今年は復活の年としたい。琴欧洲が本来の力を発揮すれば白鵬とともに今年夏以降は綱取り合戦とともに朝青龍独走時代を本格的に打破できるかもしれない。
十両の豪栄道と栃煌山のライバル争いも注目で、栃煌山は年内に上位挑戦も可能か。

○優勝予想
幕内最高優勝  朝青龍  95%
対抗馬     琴欧洲   3%
三番手     把瑠都   1%
殊勲賞     把瑠都
敢闘賞     琴奨菊
技能賞     安馬
十両優勝    栃煌山
コメント