JQ1ZEV WiRES ネットワーク コミュニティーズ

八重洲無線のC4FMやWiRESに関する情報を中心に、ALL JA CQ ROOMの運用情報もいち早くお伝えします。

第12回 近畿3エリア C4FMロールコールのお知らせ

2018-09-12 | C4FMロールコール

第12回 近畿3エリア C4FMロールコールのお知らせ

猛暑、酷暑だった夏も終わり、日中も過ごしやすい季節になってきました。
全国各地のC4FM User各局様、如何お過ごしでしょうか。

先日の台風21号では大阪近郊で広範囲にわたり甚大な被害がありましたが、皆さん被害はございませんでしたか?

今回いつもの145MHz帯/430MHz帯に加えて、2回目となる29MHzでのC4FMロールコールを開催したいと思います。
(51MHz C4FMロールコールはお休みとさせて頂きます。)
Esシーズンとしてはもうかなり厳しいと思いますが。

開催要項としては1エリア他で行われているロールコール方法に準拠します。

☆タイトル【第12回 近畿3エリア C4FMロールコール】
☆開催日:2018年 9月16日(日)
☆チェックイン受付時間:430MHz帯 / 11:00~12:00(約60分)←準備出来次第、前倒しで始めます。
            145MHz帯 / 13:00~14:00(約60分、若干の延長あり)
            29MHz帯 / 14:30~15:00(約30分、コンディション次第で延長もあり?)

☆運用周波数:433.400MHz ± QRM
       145.400MHz ± QRM
       29.140MHz ± QRM
      (各周波数共にセンター局側で混信が有る場合は20kHz Stepで変更)
      開始時刻の15分前と5分前に、433.300MHz、145.300MHzの各周波数デジタル呼出周波数にて、
      29MHzは29.300MHzでアナログ音声にて開催案内と運用周波数をアナウンスします。

      更に、WiRES-X / #20510 ALL JA CQ Room #1
              #20509 ALL JA CQ Room #2
      各Roomにてアナウンス予定です。

☆運用モード:DN(チェックイン受付時にはGM機能は利用しません。)

☆運用予定場所:兵庫県神戸市 東灘区 六甲山 山頂付近(標高850m付近)

☆運用ANT:Diamond X520M 高利得GP(145MHz/435MHz)、並びに指向性ANTとして以下を利用します。
      Amaちゃん自作工房オリジナル 435MHz 7ele Loop / 同 145MHz HB9CV
      10mBand用にはRadix RD-S106を用意する予定です。

☆運用RIG:FT-991M(145MHz/430MHz Tx PWR : 20W / 29MHz Tx PWR : 50W)
☆センター局:JS3KKT

★備考:暴風・荒天・悪天候時はやむなく開催を断念する場合が 有ります事を御了承下さい。

【ロールコール進行手順】

一般的に行われているシンプルな型式のロールコールです。
ロールコールはセンター局(JS3KKT)が順番に参加局の点呼を行います。

手順1 センター局が「チェックインを受け付けます」と宣言後、
    コールサインのみを送信してセンター局からの応答を得て下さい。

   ★必ずフォネティックコードを用いてコールサインを送信して下さい。
   ☆この時、センター局はコールサインを確認するだけです。

    複数局が同時にコールされた場合、順々に受け付けますので
    暫くの間お待ち下さい。

   ☆C4FM(デジタル通信)の場合、同時に複数のコールを頂くと
    ケロりが発生する事があります。
    また画面に表示されるコールサインも文字化けする事もあります。
    申し訳ございませんが、チェックインされる方は気持ちに余裕を持って
    コールして頂けるとスムーズに進行出来るかと思います。
    聞こえた&画面で見えたコールサインは必ずピックアップさせて頂きます。

手順2 センター局側で2~3局ほど受け付けをした後、チェックインをして
    頂いた局に対してそれぞれ順番に発言を促しますので発言を促された局は、
    ①自己紹介・QRA ②RSレポート/メリット ③リグ/ANT等の紹介
    ④運用出力・PWR ⑤運用場所・QTH ⑥天候・WX 等を
    御紹介頂ける範囲で結構ですので、ある程度簡潔にお話し下さい。
    (目安として1局1~2分程度でお話し下さい。)

    ロールコール(チェックイン)参加はこれで終了です。

29MHz FMでのロールコールは、まず初めにアナログで交信成立後、C4FM DNにMode変更を行います。
初めからC4FMデジタル音声で交信を行うと、他の10m FM User様のご迷惑になる可能性があるので。


☆参加ご予定の皆様へ重要なお願い事項

 FT-1Dや2D、FTM-400Dや100Dでご参加頂ける各局は
 GPS機能を「ON」にしてチェックインをお願いします。

 FT-991でご参加頂ける各局は、誠にお手数ですが手動にて
 運用場所の緯度経度を入力してチェックインをお願い出来ると幸いです。
 (スマートフォンのGPSアプリなどで緯度・経度の確認が出来ます。
  Apple iPhoneの場合、標準アプリの「コンパス」で確認可能です。)
 GPS機器と連動して運用されている方はそのままGPSをご利用下さい。

 ログを記録する際、センター局との距離も一緒に記録する為です。

 また、初期設定で行う運用リグへの自局コールサインの登録をお願いします。
 センター局がコールサインを聞き間違った場合でも、画面に表示された
 コールサインを見て再確認が出来ますので。

最後になりますが、Let's Enjoy C4FMコンテストのサービスも同時に行います。
ロールコールチェックイン局同士の交信でポイントアップ頂けるチャンスです。

各局、お時間ございましたら是非チェックイン並びにコンテスト参加頂けると幸いです。
何卒宜しくお願い致します。

P.S.
自宅から運用地までの移動中は、FTM-400DHで433.400MHzを聞きながら移動します。

de JS3KKT Shu-ji Sakai

C4FM 運用情報交流掲示板より引用
------------------------------------------
de JQ1ZEV WIRESネットワークコミュニティーズ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第33回2エリアC4FMロールコー... | トップ | 第33回2エリアC4FMロールコー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

C4FMロールコール」カテゴリの最新記事