輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

Paul Simon / Graceland - The Remixes

2018年04月21日 | Rock(RE-ISSUES)&Remixes
<発売日> 2018/6/1予定

<JAN(規格番号)> 0190758466026

<内 容>
愛と敬意をもって壊す美学。ポール・サイモンの最高傑作『グレイスランド』をダンス・ミュージックのビッグ・スター達が革新的リミックス

ロック史上最高傑作と称えられる作品の一つ、ポール・サイモンのグラミー賞受賞アルバム『グレイスランド』(1986年発売)に、2018年ならではのリメイクが施された。グルーヴ・アルマダ、リッチー・アーメッド、ポール・オークンフォールド、MK&KCライツ、ヨリス・ヴォーン、ジョイス・ムニーズ、リッチ・ピンダー&ジョコ、ガイ・ボラット、シーベリー・コーポレーション、フォーテックらがそれぞれ独自の解釈を加え、ロックの名盤としては初めて全編通したリミックス・アルバムを作りあげた。

世界中で1600万枚のセールスを記録した『グレイスランド』はプロダクションにおいても伝説的作品となった。ポール・サイモンは多彩なサウンドとワールド・ミュージックの要素をサンプリングで取り入れることで、ポップ、ロック、アフリカのズールー人のイシカタミアやムバカンガの踊りを見事に融合させた作品を作ったのだ。「ポール・サイモンの楽曲のリミックスが出来て光栄だと言うだけじゃない」と「ボーイ・イン・ザ・バブル」の轟音リミックスを手がけたリッチー・アーメッドは語る。「自分がこれまで手掛けた中で一番気に入っているトラックだ」「『名盤をリミックスしてくれ』と頼まれたらどう返事するかって?普通なら断るよ!」とグルーヴ・アルマダのアンディーは笑う。「僕たちが20年間守り続けて来た掟だ。『グレイスランド』の曲のリミックスの依頼を受けるまでは。このアルバムは…僕たちに新しい音の世界を知るきっかけを作ってくれた作品だ。リミックスする曲を自分たちで選んでもいいと言われたから掟を破ることにした。「コール・ミー・アル」の中にホーンのリフがあるんだけど、1998年にロスのFais Do-Do’sBallroomで試して以来ずっとこれを自分たちのDJセットのネタで使っている。ダンスフロアが見事に一つになって盛り上がるんだ。このリミックスはそうやって自然と出来上がったものだ。しかも、僕らのこの鉄板ネタは今や(著作権保護期間が切れて)共有財産になっている」ディープハウス、アフロハウス、ドラムンベース、テックハウスを始めとした様々なダンス・シーンを代表する幅広いアーティストによる12のリミックスで構成されるこのプロジェクトを監督するのはプロデューサー兼プロジェクト・キュレーターのThe Duke Of New Yorkとしても知られるマイケル・ゲイマンである。『グレイスランド』が世界の音楽にもたらした影響を讃えるこの作品は非常に多彩なミュージシャンが参加して注目された本編のリリースから32年になる。特に当時アパルトヘイトで国が分断していたことを理由に欧米諸国がボイコット運動をしている最中の南アフリカ現地のパフォーマー達の参加は、話題となった。世界の様々な土地に存在する「ワールド・ミュージック」というものに多くのリスナーが触れるきっかけとなったこの異文化交流は後に、様々な楽器やフィールド・レコーディングをサンプリングし、大胆且つメインストリームにはない楽曲を生み出すと言う点で現代のエレクトロニック・ミュージックの礎ともなる。

Tove Styrke / Sway

2018年04月21日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2018/5/4予定

<JAN(規格番号)> 0190758582320

<内 容>
スウェーデンのポップ・スター“トーヴェ・スティルケ”の3rdアルバムスウェーデンの人気女性シンガー、トーヴェ・スティルケの3rdアルバム。母国スウェーデンでは人気オーディション番組『スウェディッシュ・アイドル』で登場した後、モデルなどの活動で人気を博す中、アーティスト活動を開始。2015年のアルバム『Kiddo』で世界デューを果たした。オルタナ感あふれるポップ・サウンドで、アイコナ・ポップ、リッキ・リー、トーヴェ・ロー等、同じくスウェーデン出身のガール・ポップ・シンガーとして注目されている。個性的なサウンドは、今作でよりミニマルになり、彼女らしいメロディラインがより際立つものに。現在25歳を迎え、自身が謳歌するガールズ・ライフを歌ったパーソナルなアルバムに仕上がっている。

■Mistakes https://youtu.be/dFVy5M3pceE

■Say My Name https://youtu.be/C2HzwODx9sE

Megadeth / Killing Is My Business...And Business Is Good - The Final Kill

2018年04月21日 | Heavy metal, Hard rock
<発売日> 2018/6/8予定

<JAN(規格番号)> 0889854630126

<内 容>
メガデス史上最も凶暴なファースト・アルバムが新ミックス、新ジャケットのデラックス仕様で発売!未発表ライヴ音源7曲含む10曲追加収録

メガデスの記念すべきデビュー・アルバム『キリング・イズ・マイ・ビジネス』(1985年)が、完全なる新ミックスと新ジャケットをまとった『キリング・イズ・マイ・ビジネス ーザ・ファイナル・キルー』として再リリースされることが決定した。 デビュー直前でメタリカを解雇されたデイヴ・ムステイン(G)が、彼らを見返すことを決意し結成したメガデス。1985年に見事デビューを果たしたものの、インディーズ・レーベルでレコーディング予算が少なかったにもかかわらず予算の半分をドラッグに使い込んでしまったため、『キリング・イズ・マイ・ビジネス』オリジナル盤は、その凶暴なまでに凄まじいパフォーマンスにそぐわないサウンド・クオリティとなっていた。またジャケットもメンバーが希望したイラスト・デザインが採用されず、代わりにチープなスカル・オブジェ写真になってしまったため、長年バンドが不満を募らせていたことはファンの間では有名な話だ。その後、商業的にも大成功を収めヘヴィ・メタル界のトップに立った彼らは、活動停止中の2002年に念願の再ミックスを行ない、ジャケットも当初バンドが意図したものに限りなく近いイラストを採用した形でリイシューを実現させている。今年バンド結成35周年という節目を迎え、2002年版以上の圧倒的なアップグレード・ミックス&最新マスタリングによって理想の音像に仕上げ、アートワークもゼロから作り直したのが今回のデラックス・リイシューである。 特筆すべきは、過去のミックスにはない音源パーツが本作のミックス・エンジニアであるマーク・ルイス(トリヴィアム、デス・エンジェル、デヴィルドライヴァー、ホワイ【ニュースリリース】メガデス史上最も凶暴なファースト・アルバムが新ミックス、新ジャケットのデラックス仕様で発売!未発表ライヴ音源7曲含む10曲追加収録。トチャペルなど)によって発見され本作で採用されていることだ。また、かつて著作者から「卑猥すぎる」とクレームが入ったことで発売後のプレスから収録を外され、2002年版で再収録されたものの“ピー音”連発だったいわくつきの改編カヴァー曲『ディーズ・ブーツ』が完全なる新録ヴォーカルで(“ピー音”無し)再収録されている点や、2002年版イラスト・ジャケットを基に精巧な“彫刻”ヴァージョンへと昇華させた再改訂ジャケット、さらに初期のフライヤーや秘蔵写真がパッケージ内にコラージュされるなど、35周年イヤーにふさわしいデラックス仕様となっている。とにかく本編8曲の新ミックス・サウンドは強烈の一言。彼らの最新作でグラミー受賞作『ディストピア』(2016年)と並べて聴いても遜色のないレンジ感を持ったド迫力な現代メタル・サウンドに仕上がっているのだ。また、2002年版にもボーナス収録された1984年のデモ音源3曲(「メカニックス」はメタリカの「ザ・フォー・ホースメン」の元デモ)の最新リマスターに加え、デイヴ・ムステインが自宅の屋根裏から発掘したVHSテープより、初出となる86年~90年の貴重なライヴ音源7曲が追加収録されるなど、「史上最高のスラッシュ・メタル・デビュー・アルバム」(VH1 - 米TV局)として世界中のメタル・ファンから絶大な支持を得てきた名盤が、33年の時を経てついに理想的かつ究極の最終形となって蘇った。

Eleanor Tomlinson / Tales from Home

2018年04月21日 | Rock (NEW)
<発売日> 2018/5/18予定

<JAN(規格番号)> 0889854738921

<内 容>
女優エレノア・トムリンソンが歌手デビューサイモン&ガーファンクル、キャロル・キングほか、名曲をカバー

英BBCで大ヒット中のドラマ『ポルダーク』シリーズの主演で大ブレイク中の女優エレノア・トムリンソンのデビュー・アルバム。エレノア・トムリンソンは、映画『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)、『ジャックと天空の巨人』(2013年)、『ゴッホ 最期の手紙』(2017年)などでも知名度を上げてきた。シンガーとしてのデビュー作となる今作は、ドラマ『ポルダーク』シリーズの音楽も手掛けるアン・ダドリーがプロデュース。サイモン&ガーファンクル「早く家に帰りたい」、キャロル・キング「タペストリー」、ボニー・レイット「I Can’t Make You Love Me」等の人気曲から、トラディショナル・フォークや隠れた名曲までをチョイスした12曲を収録しており、収録曲「The Spinning Wheel」では俳優として活躍中の実弟ロス・トムリンソンとのデュエットを披露。アルバムを通して美しい歌声のみならずドラマを感じることができ、上質なミュージカルに出会えたような喜びに浸ることができる。

Hailey Tuck / Junk

2018年04月21日 | Jazz
<発売日> 2018/5/4予定

<JAN(規格番号)> 0190758402727

<内 容>
個性派ジャズ・シンガー HAILEY TUCK (ヘイリー・タック)のデビュー・アルバム

HAILEY TUCK (ヘイリー・タック) は、テキサス州オースティン生まれの現在27歳。18歳からパリをベースにライヴ活動を始める。デビュー・アルバムの制作には、メロディ・ガルドー等の女性ジャズ・シンガーのプロデュースに定評があり、ヘイリー自身が彼を称して「ジャズ界のマーク・ロンソン」と呼ぶ、グラミー賞受賞プロデューサーのラリー・クラインを迎え、LAのサンセット・スタジオにてレコーディングが行われた。ギターのディーン・パークス等、熟練ベテラン・ミュージシャンのヴィンテージ感漂う演奏に、ヘイリーのキュートな唄声が絶妙にマッチし、アルバム全体を通してリラックスした雰囲気の中にも心を揺さぶる瞬間が随所に散りばめられている。また、ポール・マッカートニー「Junk」を始め、The Kinks 「Alcohol」、コリン・ブランストーン「Say You Don'tMind」、 ジョニ・ミッチェル「Cactus Tree」等のカヴァー曲のセレクトも秀逸で、ヘイリーのヴォーカリストとしての表現力をより高みに押し上げている。 ノラ・ジョーンズからキャット・エドモンソンまで、女性ジャズ・ヴォーカルファンに絶対おすすめの一枚です。

Charlie Barnes / Oceanography

2018年04月21日 | Singer,SongWriter~A.O.R
<発売日> 2018/4/27予定

<JAN(規格番号)> 0190758509129

<内 容>
バスティルのツアー・メンバーを務めるシンガーソングライター、チャーリー・バーンズの3rdアルバム

1989年、英国リッチフィールド生まれのシンガーソングライター/マルチプレイヤー、チャーリー・バーンズ。これまでフルアルバム2作をリリース、2018年3月にリリースされた今作『Oceanography』が3作目となる。ハダースフィールド大学在籍中、エレクトロを駆使したソロ活動を始め、初のソロ作品『Geekk.』を2010年に発表。卒業後はリーズに移住し、ミュージシャンとしてキャリアを開始する。2015年にはSuperball Musicと契約、2作目のソロ作品『More Stately Mansions』をリリース。さらにマルチプレイヤーとしての腕を買われ、バスティルのツアー・メンバーとしても活動している。メロディックでドラマ性のある楽曲を歌い上げる表現力、さらにQUEENのフレディ・マーキュリー、MUSEのマシュー・ベラミーを彷彿とさせる耽美的でエモーショナルな歌声は注目すべき逸材である。

◆Will & Testament https://www.youtube.com/watch?v=zRxXZWUWZtc

Caliban / Elements

2018年04月21日 | Heavy metal, Hard rock
<発売日> 2018/4/27予定

<JAN(規格番号)> 0190758195322

<内 容>
ジャーマン・メタルコア界のトップバンド=キャリバンのニュー・アルバム

ドイツのメタルコア界において、圧倒的な存在感を誇るバンド、キャリバン。デビュー作『A Small Boy and a Grey Heaven』(1999年)以降、盟友のヘヴン・シャル・バーンと共に、哲学的、かつ社会問題に一石を投じる作品を世に送り出してきた。ロードランナー在籍時、イン・フレイムスのアンダースがプロデュースを担当した3作(2004年『The Opposite from Within』、2006年『The Undying Darkness』、2007年『The Awakening』)でドイツを代表するメタルコアへと成長、今作はCentury Media移籍後5作目(通算11作目)となる。ここ最近の作品では、従来の重厚なギターリフでグイグイ迫りくるスタイルから、磨き上げられたメロディを武器にクリーン・ヴォーカルを大幅に取り入れるなど、メタルコアの枠にとどまらないサウンドを聴かせているが、今作もそのスタイルの延長線上のモダン・メタルのスタイルで、より多くのファンを魅了する内容だ。ギタリストのMarc Görtzは、今作は前作をよりヘヴィでメロディックになっていること、Andyが絶叫からクリーン・ヴォーカルまでの全てを担当している点など、さらに進化を遂げた作品になったと語る。プロデューサーは、2007年の6作目『The Awakening』をプロデュースして以来、バンドの作品に関わってきたBenny Richterを再起用。Sebastian“Sushi”Biesler (Eskimo Callboy)と共に今作はヴォーカル・パートをメインに関わっている。さらに今作の特筆すべき点が多彩なゲスト陣の参加だ。「Ich blute für Dich」にはMatthi(Nasty)と“Sushi”が、「Before Later Becomes Never」にはChris “CJ”McMahon(Thy Art Is Murder)、さらに「Masquerade」にはKoRnのBrian“Head” Welchなど豪華な布陣がそろっている。アートワークを手掛けたのは前作『Gravity』に続いてDream On, Dreamer のヴォーカリストであるMarcel Gadaczを起用。ギタリストのMarc Görtzは、地球上にある空気、火、水といった<要素(ELEMENTS)>が今作のテーマになっていると語る。「それらの要素を、エネルギー、アイデア、感情のシンボルとして俺たちは活用してきた。それが自分たちの愛する音楽を創造し、進化させてきたし、今作のアルバム・アートワークに反映されているんだ」。

◆Intoxicated https://www.youtube.com/watch?v=9iznstzxsMs&feature=youtu.be

【収録予定曲】1. This Is War2. Intoxicated3. Ich blute für Dich4. Before Later Becomes Never5. Set Me Free6. My Madness7. I Am Fear8. Delusion9. Carry on10. Masquerade11. Incomplete12. The Great Unknown13. Sleepers Awake

Ray LaMontagne / Part Of The Light

2018年04月21日 | Rock (NEW)
<発売日> 2018/5/18予定

<JAN(規格番号)> 0190758378923

<内 容>
沁みわたる歌声 レイ・ラモンターニュの7thアルバム

ヴァン・モリソンやティム・バックリーを彷彿とさせる歌声、そして時に逞しい粗さと、時にアーシーな温かさを伴ったフォーク・ロックの旗手、レイ・ラモンターニュ。過去6作のアルバムのうち『Gossips In The Grain』『Supernova』の2作で全米アルバムチャート3位を獲得、アルバム『GodWillin’ & the Creek Don’t Rise』は2010年にグラミー賞最優秀フォークアルバムを受賞するなど、ツウなロック・ファンから厚い支持を受けている。45才を迎え、前作から2年ぶりとなる今作からは、先行してシングル「Such A Simple Thing」が公開された。時代の影に映る人々の心を見つめるような、慈しみに満ちた歌声とスティール・ギターの響きが印象的だ。

■Such A Simple Thing https://youtu.be/6POcQ5wiUa4

Peace / Kindness Is The New Rock And Roll

2018年04月21日 | Rock (NEW)
<発売日> 2018/5/4予定

<JAN(規格番号)> 5052946140024

<内 容>
UKウースターシャー出身の4人組バンド=PEACE(ピース)の3rd アルバムサムとハリーのコイザー兄弟を軸に活動する、UKウースターシャー出身の4人組バンド=PEACE(ピース)の3rd アルバム。デビュー前に「インディーの未来」(英ザ・ガーディアン誌)と評され、2012年、デビューEP『DELICIOUS』を発表。以後もBBC「Sound of 2013」にノミネートされるなどUKロック界の注目新人として話題を集め、これまでに『IN LOVE』(2013年)、『HAPPY PEOPLE』(2015年)の2枚のアルバムをリリース。SUMMER SONIC(2013年)、JAPAN JAM(2014年)、単独公演(2013年/2015年)の計4回の来日を果たしている。3年振り、通算3作目となる今作『KINDNESS IS THE NEW ROCKAND ROLL』は、プロデュースにサイモン・フェリス(ザ・ルミニアーズ、バッド・フォー・ラッシーズ)、ミックス、エンジニアにライアン・ヒューイット(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)を迎え制作され、これまで以上にエモーショナルな作品に仕上がっている。


The Weeknd / My Dear Melancholy

2018年04月21日 | R&B,SOUL
<発売日> 2018/4/13

<JAN(規格番号)> 0602567586258

<内 容>
★第60回グラミー賞で最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞を獲得した 『スターボーイ』以来の待望の新作ミニ・アルバム!                                          ★ケンドリック・ラマー、カニエ・ウエストを始め、数々のビッグ・アーティストを手がけるヒップホップ界のスーパー・プロデューサーMike WiLL Made-Itやベースミュージック界のトップ・スターSkrillex等、プロデューサー陣も超豪華。ファンのみならず必聴の作品!
                                                                                                                                                  

■The Weeknd: ザ・ウィークエンド”ことエイベル・テスファイは、1990年2月生まれ、現在26歳のエチオピア人系カナダ人。トロントを拠点に活動し、2011年に自身のレーベルXOから3作の無料配信ミックステープ『House Of Balloons』『Thursday』『Echoes Of Silence』を発表。当時、メディアからの取材をほぼ拒否しながらもインターネットを通じたファン・ベースを通じてその評価を確立。メジャー・レーベルに移籍して2012年にリリースされた3部作のボックス・セット『Trilogy』(未発表曲3曲収録)は、全米初登場4位を記録。2013年には初のコマーシャル・アルバム『キッスランド』を発表し、全米初登場2位を記録。その後、2014年にはアリアナ・グランデの「ラヴ・ミー・ハーダー」にフィーチャリングされ、2015年世界中で大ヒットした映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2月公開)にて自身の「アーンド・イット」が起用されては一気にファン層を拡大させ、6月Apple Musicのカンファレンスで新曲「キャント・フィール・マイ・フェイス」を初披露し、7月にはテイラー・スウィフトのニュージャージー公演にて同曲を共演。トム・クルーズが全米人気テレビ番組にて同曲の口パクパフォーマンスを披露する程全米のお茶の間に浸透し、遂にシングルはザ・ウィークエンド自身初の全米No.1に昇りつめた。そして今年3月16日に発売された国内盤 『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』に収録された「キャント・フィール・マイ・フェイス」は全米3週連続1位、60の国と地域のiTunesで1位を獲得。第58回グラミー賞では主要2部門を含め7部門にノミネートされ、いちやくトップスターに上り詰める。ロング・ヒットを記録した2016年発表の『スターボーイ』は第60回グラミー賞で最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞を獲得。
■本作:待望の新作ミニ・アルバム
■シングル「Call Out My Name」 のAUDIO: https://www.youtube.com/watch?v=rsEne1ZiQrk                                                                       

Celtic Woman / Homecoming – Live From Ireland

2018年04月21日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2018/5/11

<JAN(規格番号)> 0602567093947

<内 容>
★ケルティック・ウーマン最新作は地元アイルランド、ダブリンで行われた2017年9月のショーを収録したライヴ盤。■ Susan McFadden, Mairéad Carlin, Éabha McMahonという3人の天使の歌声+息を呑むほどの美しいヴァイオリンの音を奏でる新しいヴァイオリニスト Tara McNeillを大フィーチャー。■新生ケルティック・ウーマンでの初のコンサート盤!■アイルランドならではの豊かな音楽、文化的な伝統を引き継いできたケルティック・ウーマン、これまでどおり人生を祝す曲をふんだんにフィーチャー、トラディショナルかつコンテンポラリーな内容で多くの人々を魅了。■もともとは2005年にPBSでデビュー、12枚のアルバム、8枚のDVD作品、9回のTVスペシャルをこれまでリリースしており、1000万枚以上のセールスを上げ、9カ国でプラチナ・アルバムを獲得。2016年の作品『Destiny』ではBillboardワールド・アルバム・チャートで初登場1位隣グラミー賞にもノミネートされた。■最新のメンバーによる最新のショーのライヴ作品であり、来年には来日も期待される!

同時発売情報
●上記アルバムのデラックス盤も同時発売('0602567093954 )
CD+DVD限定デラックス・エディション

●上記アルバムのDVD盤も同時発売('0602567093961 )

5 Seconds Of Summer / Youngblood

2018年04月21日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2018/6/22

<JAN(規格番号)> 0602567482222

<内 容>
5秒で恋する、ポップ・サウンド
全米・全英1位を獲得したセカンド・アルバムから早3年!ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)、待望のニュー・アルバムが遂に誕生。

■2014年の“バンド版ワン・ダイレクション”としての衝撃的な世界デビュー、そして“ロック・バンド”として独り立ちした2015年の2ndアルバムを経て、5SOSが帰ってくる!
■前作『サウンズ・グッド・フィールズ・グッド』から約3年ぶり、通算3枚目となる待望のニュー・アルバム。
■デビュー・アルバム『ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー』、セカンド・アルバム『サウンズ・グッド・フィールズ・グッド』共にアメリカ、そして地元オーストラリアではアルバム・チャート1位を獲得!日本ではアルバム発売後、初の武道館を行い、昨年はサマーソニックの出演も果たした。
■先行シングル「ウォント・ユー・バック」は2/23に配信がスタート。これまでの2作が違った作品であったように、先行シングル「ウォント・ユー・バック」はこれまでとはまた違う、新しいフェーズへ5SOSが入ったことを期待させるポップな新境地な楽曲となった。
■そのシングルは、アメリカを含む世界29ヶ国のiTunesで1位獲得、54ヶ国のiTunesでTop 5入りを果たすなど、ロケット・スタートを切った。
■2017年には日本のONE OK ROCKのアルバム『Ambitions』収録曲"Take What You Want"に参加して話題となった。
■シングル「Want You Back」のMV: https://www.youtube.com/watch?v=EhSXsTSNDyo 


同時発売情報
●上記アルバムのデラックス盤も同時発売(0602567482239)
★ボーナス・トラック収録のデラックス盤                                                       

Denis Solee, The Beegie Adair Trio / Gershwin On Sax

2018年04月21日 | Easy Listening~inst.New age,Healing
<発売日> 2018/5/18

<JAN(規格番号)> 0792755615720

<内 容>
★ガーシュウィン生誕120年を記念してサックス奏者Denis Soleeとビージー・アデール・トリオによるガーシュウィン曲集。■Denis Soleeはこれまでミリタリー・バンド、シンフォニー・オーケストラ、ブロードウェイ・ショーなどで演奏してきたマルチ・リード奏者、またレイ・スティーヴンスからレイ・チャールズなどのレコーディングにも参加経験がある。

Marc Sinan and Oğuz Büyükberber / White

2018年04月21日 | Rock (NEW)
<発売日> 2018/5/18

<JAN(規格番号)> 0602567170549

<内 容>
★ドイツ人の父とアルメニア/トルコ人の母を持つギタリスト/コンポーザーMarc Sinanの約5年ぶりとなるECM3作目。■本作はトルコ人クラリネット奏者/コンポーザー Oğuz Büyükberberとの初のデュオ作品。2人は2009年に初めてイスタンブールで出会って以来さまざまなシチュエーションで共演を果たしているが、Sinanoの前作『Hasretim: Journey to Anatolia』にも参加していた。Sinanはクラシカル・ギタリストとして西欧の伝統の中でトレーニングしたが、即興ととるこのマテリアルにどんどん魅了されていった。それに対し、 Büyükberberはとるこの音楽に囲まれて育ち、自身で音楽を学んだ後にアムステルダム・コンサーヴァトリーに向かい、その後即興家/作曲家になった。■本作では両者が新しい曲を提供、Sinanの5パートから成る “Upon Nothingness”は第1次世界大戦中にドイツに追放されたアルメニア囚人の歌の録音に対する音楽的回答。 この世名歴史的なフィールド録音はSinanの作品の中の一部となり織り込まれている。また、エレクトロニクスも自由に使用され、現実なのか超現実なのか分からなくなる効果が。Büyükberberはまた、リンクしているシリーズ、「There、I-V」を提供、作曲された部分、ガイド付き即興、さらに自由な演奏部分などが全て含まれた楽曲群。                                                             (パーソネル)Marc Sinan(guitar, electronics) Oğuz Büyükberber(clarinet, bass clarinet)

Ketil Bjørnstad / A Suite of Poems

2018年04月21日 | Jazz
<発売日> 2018/5/18

<JAN(規格番号)> 0602567283560

<内 容>
★ECM通算14作目。2014年作品『A Passion for John Donne 』に続く4年ぶりの作品で、スカンジナビアで最も広く賞賛されている現代作家の一人、Lars Saabye Christensenの詩に曲を書いたという詩の世界も楽しめる作品。■ノルウェー語 - デンマーク語の著者であるLars Saabye Christensenはビヨルンスタと同じオスロの生まれでお互いに10代の頃からの友人同士、Chrisutensenが何年もの間、世界中を旅する過程で、友人であるビョルンスタに "ホテルの詩"を送るようになったのが本作のきっかけ。■なんとその"ホテルの詩"に音楽をつけることを始めてから20年以上経つそうで、 これらの文学のはがきは、様々な気分を味わうことができるそう。 ビヨルンスタ曰く、「私は別のホテルの部屋で作られたこれらの詩の孤独で実存的な視点に結びついている」とのこと。■この録音のためにvoiceではポップグループのBel Cantoの元ボーカリスト、Anneli Dreckerが参加!                               (パーソネル)Anneli Drecker(voice) Ketil Bjørnstad(p) Poems by Lars Saabye Christensen