いつか海外暮らし!

旅行が好きで若い頃は国内旅行、今は海外旅行、いつか海外で暮らしたい。

2018 タイ旅行 チェンマイ、パーイ&バンコク 2月11日(日) チェンマイへ

2018年04月06日 | タイ旅行 チェンマイ、パーイ&バンコク 2018 2/6~
今日は11:45発エアアジアでチェンマイへ向かう。

キャリーバックに荷物を入れ、最後に厚手のトレーナーとダウンジャケットを詰め込み、荷造りは終わった。

9時過ぎにチェックアウトしデポジット300バーツを受け取ってロッジを出る。
BTSビクトリーモニュメント駅への階段をキャリーバックを提げて上がるのは重かった。冬物衣料を追加で入れただけでこんなに重いのか!!
モーチット駅でドンムアン国際空港へのシャトルバスA2に乗り換えた。ロッジを出て1時間ほどで着いた。

ダウンジャケットと厚手のトレーナーをキャリーバックから出した。機内持込の重量オーバー(7Kg超)になるからだ。
自動チェックイン機にスタッフがいて、すべて操作してくれて、搭乗券を受け取った。
セキュリティチェックに向かうと外から丸見えであった。通常、内部が見える、こんな事は無いだろう!!
 セキュリティチェックへの順番待ちヤード
 

出発ロビーのマクドナルドでバーガーとコーヒーを取った。食事を取れる時に取っておいた。
搭乗口で本を読んで過ごした。
搭乗時間でもないのに、周りの乗客が移動した、搭乗口が変わったのか? 出発情報モニターを見るとやはりそうだった、搭乗口No.が変わっていた。

11:45発チェンマイへ向かった。
今回の航空券は1週間前で、この日が6,000円と安かったので買った。
本を読んで過ごし、1時間少しのフライトで、13時過ぎチェンマイに到着した。
 

旧市街へのエアポート・シャトルバスがあるとの事、乗り場が9番出口近くとなっているので、国内線から行くと国際線の一番奥にあった。
ターミナルビルの南端にシャトルバスの看板と受付があった。受付の女性が長々と電話している、私用電話だろう。
シャトルバスと声をかけると「10人集まらなければならない、あなたが一人目だ。タクシーにしなさい」と言う。
どうもこれではシャトルバスは実質は運行していない。40バーツで旧市街まで行けるシャトルバスを運行させる気が無い様だ。
ここは、観光地だ。久しぶりだ、戦闘モードに入った。
「待つ。」と言うと2時間、3時間待たねばならないと言う。
「待つ。」と言って外のミニバスに向かうと、慌てて追い掛けて来た。
他のスタッフに何か言っている。そのスタッフに付いて行き、ナイトバザールと行先を言うと50バーツでいいか確認され、ソンテウと交渉していた。1台目が駄目で、運ちゃんが私に100バーツでどうかと持ち掛けてきたが断る。その間、スタッフが別のソンテウと交渉していたが、なかなか50バーツでは見つからない、やっと見つかり私を呼んだ。

チェンマイは13年ぶりに来たが、車が多くなっているのに驚いた。
途中でソンテウは地元女性客を一人拾った。
Googleマップをスマホで見ているのと前回の記憶でどこを走っているのか確認しながら乗っていた。
旧市街外周の堀を周り、ワロロット市場で先ほどの女性客を降ろした。
ナイトバザールはもう近い。
Webホテル予約で予約したホテルはその手前だ、ブザーを鳴らしてソンテウを止めて、助手席に行って50バーツを払った。

13年前にもナイトバザール近くのピン川沿いのホテルに泊まった。
今回はその隣のThe Grace Houseにチェックインし、4泊分2,520B支払った。
1泊630バーツ(2,180円)と朝食付きでリーズナブルであったので選んだ。
客室広さは16㎡となっており、やはり狭い。
キャリーバックをどこで広げようか! 机の椅子に広げた。クローゼットがない!

旧市街をぶらぶらしようと出掛けた。
その前に軽食とビールをと思い食堂に入った。
タイラーメンとシンハービール大を注文した。チャンビールがなかったのだ。
シンハービールは、よく効く。やはり、アルコールが回って来て、これは駄目だ!!
ホテルに帰って寝た。3時間ほど寝てしまった。

20時頃 ナイトバザールに食事に行った。
13年前を思い出しながら行ったが、寂しい雰囲気で、現在はこの様になっているのか??
シーフードレストランでシーフード炒め物とチャンビール大を飲んだ。
帰りにナイトバザール内に明かりがこうこうとしている所があった、明日は、あそこへ行こう。
コメント