いつか海外暮らし!

旅行が好きで若い頃は国内旅行、今は海外旅行、いつか海外で暮らしたい。

バリ島旅行 2月14日 パダンバイへ(バリ島)

2013年04月06日 | バリ島旅行 2013/02/06~
7時過ぎ、起床。
朝食後、ATMでeバンクカードを使いRs1500,000を引き出した。(後日調べるとATM使用料が\500程度であった。バンコクでの使用料は\450である。)
その後、バダンバイ行き高速ボートのチケットを買いに行った。
シュノーケリング等の小さなチケット売場があるが、バダンバイ行きはどこで買えばいいのか?
昨日見掛けた高速ボートが停泊していた辺りに、MARINA SRIKANDIのチケット売場を見付けた。
10時30分発と15時発の2便があり、料金はパダンバイ経由クタまでRs300,000とのこと。
明日パダンバイへ向かうつもりが、急に思い立ち今日行く事にした。
今9時30分なので10時30分発は無理だ、15時発で行こう。
15時発のパダンバイまでのチケットを頼むと、Rs300,000と言われ、パダンバイまでの料金がクタまでと同じかと文句を言うとRs275,000(\2,750)にしてくれた。
14時にここに来いと言われ、チケットを受取った。

チェックアウト時間が12時だと思っていたが確認すると11時との事、あまり時間がない。
滞在中、荷物をひろげ過ぎ、バックパックにパッキングするのに時間が掛かった。
特に小物は定位置に入れなければ、行方不明になる。

11時前に、宿泊費3泊分Rs600,000(\6,000)を支払いチェックアウトは終わった。
高速ボートの集合時間14時まで3時間ある。どう過ごそうか?
取りあえず、インターネット・カフェに入った。
12時過ぎになって昼食のためレストランを探した。
ついでに、チケット売場の集合場所を確認しようとしたが見付からない。
小ぢんまりとしたレストランがあったので入った。

座敷のある東屋があり、その前にテーブルが並ぶ。客は西欧人カップルだけだった。
シーフード・ミーゴレンとビール大を頼んだ。
中国系インドネシア人家族8人が東屋に入った。更に西欧人8人グループがテーブルに付いた、そして西欧人カップルが入ってきて満員になった。
大変繁盛しているレストランであった。
食べ終わって、満員で居心地は悪いが14時ごろまで小説を読んでねばった。

小さなチケット売場がたくさんあり、集合場所の記憶もあまりなく、心配していた通り分からない。
地元も人にチケットを見せて尋ねて、ようやく着いた。
チェックインという言葉にチケットを渡すと台帳に名前を記入して半券をもぎ取って返してくれた。
後は待つだけだ。15分ほど経つと高速ボートがビーチに接岸したのが見えた。
乗客がバックパックを担いで動き出したので、私もついて行った。
高速ボートは船首をビーチに着けて泊まっていた。
船首の先端にハシゴを掛けて、乗客が降りている。
乗船が始まった。
船上のスタッフにバックパックを渡し、ハシゴを上った。
雨が降りそうだったのでデッキには行かずに船内に入った。
14時40分出発した。客が揃えば定刻より早くても出てしまうのか!
 

20分ほどでギリ・アイルに着いた。
ここはギリ・トゥラワガンよりも静かそうだ。
 

次に30分ほどでスンギギに着いた。
  

ロンボク海峡を高速ボートは猛スピードで走った。
このボートは、5日前パダンバイの桟橋で見たスズキの船外機が8台付いているタイプか?
1時間ほどでバリ島沿岸をボートは走った。
 

16時50分にパダンバイの桟橋に着いた。ギリ・トゥラワガンから2時間10分であった。
5日前まで泊まっていたKerti Beach Bongalow'sに向った。
隣の部屋に泊まっていた西欧人老夫婦がまだ宿泊していて、旦那さんと視線が会い、お互いにオーと驚いた。
スタッフも前回泊まった部屋が空いているのでチェックインは後でいいとの事で、部屋に入りシャワーを浴びて着替えてからチェックインした。

まだ、17時過ぎであったがビールが飲みたくてKerti Restaurantに行った。
急な階段を上がり入った、客はまだいない。
今日もまたイカのグリルとビール大を頼んだ。
イカ串焼き、ポテトフライ&サラダが出て来た、旨かった。
トータルRs66,000(\660)と安くて旨いレストランである。ガイドブックの地図には、Kerti Beach Bongalow'sは載っていないがKerti Restaurantは載っている。

夕日が沈むまでビーチにいた。
部屋で小説を読んでいて寝てしまった。激しい雨が降っていた。

いつもなら寝ている21時ごろにビールが飲みたくてレストランに行った。
ビールだけと言って急な階段を上がった。
この時間帯のほうが客が多いのだ。
レストランのスタッフも私を覚えていて歓迎された。

23時、就寝。

 
コメント