原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

バンダジェフスキー博士:「体内セシウム100bqで、100%心臓に異常」「体内汚染50bq/kgでも30%が白内障」

2012-08-10 09:12:17 | 未分類

バンダジェフスキー博士:

「体内セシウム100bqで、100%心臓に異常」

「体内汚染50bq/kgでも30%が白内障」

2012年3月19日に東京で行われた講演での話↓↓
http://siroyagi2.blog.so-net.ne.jp/2012-07-11 より

内部被曝の専門家であるユーリ・バンダジェフスキー博士によれば、「40ベクレルでも高すぎる」としています。

あの大学の武田邦彦教授は、食品のセシウム汚染は、1キロあたり20ベクレルまで、としています。

バンダジェフスキー博士:「体内セシウム100bqで、100%心臓に異常」

来日中のユーリ・バンダジェフスキー博士の講演のメモが、ネット上に次々とアップされています。その内容を見ると、驚愕の事実が続々と明らかになってきています。

バンダジェフスキー博士は、セシウムによる内部被曝の専門家。プロフィールは次のとおり。博士は、研究成果に対して、ラルーシコムソモール賞、アルバート・シュバイツァーのゴールドメダル、ポーランド医学アカデミーのゴールドスターを授与されています。1990年には、ゴメリ医科大学を創設、初代学長に就任した経歴の持ち主です。

体内の放射性セシウムの量が100bq/kgになると、ほぼ100%心臓に異常が出る、というのです。さらに、たとえ100ベクレル以内でも、健康に支障をきたすということです。

以下、仙台市の講演会に出たという人のメモからの引用です。

一般に体内汚染が5bq/kgの場合、15%に心電図異常が生じてくる。

12-25bq/kgでは60%に異常。

30bq/kg以上になると代謝異常が生じ、心筋に顕著な影響が起こってくる。

100bq/kgではほぼ100%で心臓に異常が出る。放射能原因による死者のうち、99%に何らかの心筋障害があらわれる結果となっている。

2012年3月 仙台バンダジェフスキー氏講演会 より。
http://togetter.com/li/273981

日本の暫定規制値は高すぎる(危険)、ともコメントしているようです。ベラルーシでは、子供の基準値は37bq/kgですが、これでも高すぎるのだそうです。
セシウムは、たとえ微量の摂取でも、必ず体内に蓄積されるので、1bqといえども摂取しないことを強く勧めています。大事なのは放射能汚染地域の食品を避け、セシウムの摂取を減らすこと。

ベラルーシのベトカ地区の子供たちは、体内汚染50bq/kgの時点で30%が白内障になってしまったそうです。

この記事についてブログを書く
« ACTAの危険性。今のような反... | トップ | 原発災害10年・20年後はこう... »
最近の画像もっと見る

未分類」カテゴリの最新記事