原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

【肺炎】宮城県でチェルノブイリ同様に肺炎患者、急増発生中【咳・喉痛も要注意】

2012-06-15 19:50:38 | 未分類

【肺炎】宮城県でチェルノブイリ同様に肺炎患者、急増発生中【咳・喉痛も要注意】

http://pop-rin.seesaa.net/article/206111142.html より

2011年06月01日

マスコミでは、宮城県で肺炎患者が多数いる石巻赤十字病院が発表したとのこと。
また、チェルノブイリでも事故後、免疫低下による肺炎患者が急増したとのことです。

http://enenews.com/pneumonia-cases-surge-japans-tohoku-region-frequency-pneumonia-increased-after-chernobyl

(以下抜粋訳)

Pneumonia cases rise in Tohoku, Kyodo, April 20, 2011:

SENDAI - At least 11 people have died of pneumonia and about 150 have been hospitalized with the illness at Ishinomaki Red Cross Hospital in Miyagi Prefecture since the March 11 quake and tsunami, the hospital said Tuesday.

3月11日の震災後、少なくとも11名が『肺炎』で死亡また、150名以上が現在石巻の赤十字病院に入院中だと、病院から発表された。

The number of patients is five to six times higher than during the same period last year, it said.
発表によると、前年中よりも患者数は5~6倍高くなっているとのこと。


Distinct changes in the clinical picture of acute pneumonia were noted in patients subjected to constant prolonged (1986-1990) effect of small doses of ionizing radiation as a result of residing in the contaminated territory after the Chernobyl atomic station disaster.
異なる点として、チェルノブイリ原発災害の後に汚染された地域に住んで、一定の期間(1986年~1990年)少量の電離放射線の影響を受ける患者に急性肺炎の症状がみられた。

この記事についてブログを書く
« 上杉隆氏 「除染は無理。水で... | トップ | 6月15日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

未分類」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事