原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10bq/kgの食事でも子供7割に健康被害>毎日1.8Bq/kg取得して200日後、心筋細胞に異変

2013-03-23 21:31:15 | 放射能汚染

<10bq/kgの食事でも子供7割に健康被害>

毎日1.8Bq/kg取得して200日後、心筋細胞に異変

(チェルノブイリ現地調査報告)

【10bq/kgの食事でも子供7割に健康被害~チェルノブイリ現地調査報告】
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6911250.html より

〔チェルノブイリでは障害のある子供が増加〕
2013年1月25日、
第46回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会で
「食品と暮らしの安全基金代表」の小若順一氏が
「10ベクレル/kg食で子どもに痛みが出る」とする発表を行った。

〔学会講演「10ベクレル/kg食で子どもに痛みが出る」小若順一〕
2013年1月25日、
第46回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会の冒頭で、
「10ベクレル/kg食で子どもに痛みが出る」と25分間にわたって
冒頭講演。
これまで­に症状が出ると知られていた最低線量の、
3000分の1で痛みが出たと報告した。
チェルノブイリにおける現地調査の結果を報告したものである。

〔食品規制値の10分の1で健康被害?〕
小若順一氏は、食品が10ベクレル/kgであっても
子供たちへの健康被害が重大であるとしている。

〔10ベクレル食で子どもの7割に健康異常〕
この根拠は、ウクライナの学校で
どこか体の痛い子供はと聞いたところ、
7割の子どもが挙手をしたとするものだ。

また、
ウクライナ政府が健康な子供は6%であると発表していると紹介している。
日本の食品基準は1キログラム当たり100ベクレルである。
しかし、同氏は10ベクレル/kgであっても危険であるとしている。

その根拠は以下のようなものだ。

*****

非汚染地域のコヴァリン村でも、「ひざが痛い」という子が半数いた。
この食事の5%をキノコが占め、そのキノコが200 ベクレル/kg 汚染され、
他の食品が汚染されていないとすると、
平均10ベクレルの食事で、健康に障害が起きていることになる。
(引用:食品と暮らしの安全)


*****

同氏は細胞分裂しない脳、心臓、腎臓への放射性物質の蓄積が
危険であるとしている。

放射性物質による子供への健康被害については、
東北大学が牛による研究結果から、
人間に対しても当てはまる可能性を示唆している。

放射性物質に対する子供の健康への影響は
まだ十分に解明されているとはいえないのかもしれない。

***********

【「さいたま市と同じ線量のウクライナで健康な子どもは6%」日刊ゲンダイ】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1496969284
の関連報告のような印象ですが、

【毎日1.8Bq/kg摂取しても200日後には・・・日本民族絶滅説の根拠】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410103400...

「↓右写真の異常な心筋細胞の汚染度は、僅か45Bq/kg。
心臓は他の臓器と違って、体内平均の10倍濃縮されるので、
体内平均は、僅か4.5Bq/kg。
毎日1.8Bq/kg摂取しても200日後にこのレベルの汚染心臓。
それは、60kgの人で、270Bq/kgに相当する。」

及び、

中山憲医師(コロンビア大学):

「私たちは、新しい基準でも緩すぎると思っている。
循環する食品の50%が汚染されているからである。」
(⇒程度差はあれ、国内流通食品の50%が汚染)

「1日10Bq/kg食品を食べ続けたら
600日で1,400ベクレルが体内に残留。
1,400ベクレル体内に残留すると
半数の人が心電図に異常が出る」
と指摘しています。
http://portirland.blogspot.jp/2012/05/201254.html#

【セシウムの心臓へのリスクを警告】(バンダジェフスキー博士)
http://peacephilosophy.blogspot.jp/2012/03/blog-post.html
「僅か20-30Bq/kgでも心拍異常が出てきて いる。
それが突然死の原因になりうる。」

の趣旨がよく分かるのではないでしょうか?

現在の国内一般食品規制値〔100bq/kg〕の10分の1でも
健康被害というチェルノブイリ現地調査報告を
どのように受け止めますか?

特に汚染地区に居住し、現在の「国内食品規制値」
を盲信的に食べ続けると、
終局的には日本政府に殺されるとは思われませんかね?

PS

【現在でも200万人の子供達が放射能被害で治療を必要としている
~チェルノブイリ26年目】
〔現EU議会(EUの国会に相等)の
環境委員会・副委員長を務めるコリーン・ルパージュ〕
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1181869041

 

補足
〔学会講演「10ベクレル/kg食で子どもに痛みが出る」 小若順一 〕
(2013年1月25日、
第46回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=k3HaNo3W3p0

この報告は必見です。
 

 

(画像)異常な心筋細胞 ※転載元を参照ください。

45ベクレル/kg  体内平均:4.5ベクレル/kg

毎日1.8ベクレル/kg取得して200日後に、このレベルの汚染の心臓になる。

 

 

この記事についてブログを書く
« 2号機だけ停電しなかった理... | トップ | [1]【芸能人の病気、けが(201... »
最新の画像もっと見る

放射能汚染」カテゴリの最新記事