原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

最悪早期に命を落とすかも・・ 原発事故後の身体の異変『卵巣の腫れ、卵子の変型を指摘された』

2015-10-30 22:13:18 | 福島原発事故後の健康被害

最悪早期に命を落とすかも・・ 原発事故後の身体の異変

『卵巣の腫れ、卵子の変型を指摘された』


2015/07/17 (Fri) 00:35:56
愛知30代女性
元々花粉症や果物アレルギー、鼻炎持ち

原発事故のあった同年6月、
えづくほど咳き込む空咳が昼夜問わず続き、
咳喘息の疑いと診断。

以来、毎日の抗アレルギー薬と吸入ステロイド、
また年数回ステロイド点滴。

点滴は一時的にはよく効いたが、
酷い時は毎月のように打っていた。

今は咳の様子が変わり、
痰のからむ咳が出て、おばあちゃんみたい。

痰のからむ咳が込み上げるため、
仰向けに眠れない。

食後に痰がたくさん出て苦しい。

痰の味はするが、色は薄く白かったり肌色のよう。

同じ位の時期から、
就寝中についたであろう痣が常に3個ほど足についている。

押しても痛くないので余計に不気味。

もちろん、それまでには痣なんて
ぶつけた記憶のあるものしかついたことがないので、
旦那と不思議に思っていた。

2013年に突入あたりから、
それまで定期的にあった生理周期に異常が現れる。

月に2回来る時もあるし、1ヵ月半来ない時もある。
なかなか始まらなかったり、だらだら続いたり、
生理とは呼べないような不正出血のようなものがあったり。

婦人科を受診すると、卵巣の多少の腫れや、
卵子の変型を指摘される。

産婦人科医は気にする程度ではないと言ったが、
そんなことは今までで一度もなかった。

食事に関しては、徐々に食が細くなり、
すぐにお腹がいっぱいになり、あまり一度に食べられない。

また、咳症状が出る前まではパンが好きで朝食に食べていたが、
ここ1年は水分を取りながらでもパンを飲み込み辛い。

精神的には、起伏が激しくなったような気がする。

特に家に1人でいると、何もしたくなくなる。

常に眠気がある。

元々痩せているのに、更に1年に1キロずつ痩せていく。

自分の身に起こっていた異変が、
原発事故の影響の可能性があるなんて、
最近になってようやく気がつきました。

自分の体はもう治らないし、
最悪早期に命を落とす可能性も0ではないので、

自分の現状を何かに残さねばと思い、
書き込みをさせて頂きました。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 10月29日(木)のつぶやき | トップ | 10月30日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

福島原発事故後の健康被害」カテゴリの最新記事