原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

福島第1原発:半径10キロ圏、遺体運べず 放射線量高く『10万cpmまで測れる測定器、針振切れ』(2011.03.28)

2014-06-11 22:49:45 | 放射能汚染

福島第1原発:半径10キロ圏、遺体運べず 放射線量高く

『10万cpmまで測れる測定器、針振切れ』(2011.03.28)

遺体が運べないほどの放射能!!
http://ameblo.jp/jp-nao10/entry-10844302278.html より
Tue, March 29, 2011 06:45:47

福島第1原発:半径10キロ圏、遺体運べず 放射線量高く

警察庁は28日、福島第1原子力発電所の半径10キロ圏内で見つかった遺体の収容を見合わせたことを明らかにした。遺体から測定された放射線量が高く、搬送は危険と判断した。放射線を浴びた遺体は今後も原発周辺で見つかる可能性があり、同庁は対応を検討する。

警察庁によると、遺体は成人男性で、27日に通報を受けた福島県警の警察官15人が同原発から5~6キロ離れた同県大熊町の作業所敷地内で確認した。警察官は防護服などを着装し、発見場所で遺体の放射線量を計測。10万cpm(カウント・パー・ミニット)まで測れる測定器の針が振り切れた。

cpmは1分当たりに測定器が検出した放射線の数を示す単位。福島県は被ばく量を計測するマニュアルで、全身を洗い流す除染が必要な放射線量を10万cpmと定めている。放射線量が高い遺体に近づいた場合、被ばくする可能性があるという。

このため県警は、搬送先で放射線が拡散するなどの危険があると判断。遺体を搬送せずに袋に納め、近くの建物内に安置した。

現場は避難指示区域内だが、原発関係者など周辺を行き来する人が遺体を見つけたとみられる。同県警は同原発の事故後、半径20キロ圏内での遺体の捜索を中断している。ただ、10~20キロ圏内では防護服を着用した上、避難をしていない住民の説得やパトロールを行っている。【鮎川耕史】

毎日新聞 2011年3月28日 20時27分(最終更新 3月28日 22時41分)



 

この記事についてブログを書く
« 2014.05.20 福島第一原発ライ... | トップ | (核の難民)科学者にだまされ... »
最近の画像もっと見る

放射能汚染」カテゴリの最新記事