goo

中原千景

いつも優しくて大らかな、木下ダンスワールドの山内砂穂先生から
バトンを受け取りました、羽村ダンススクールの中原千景です。

1月も後半に入りましたが、皆様に新年のご挨拶を・・・
明けましておめでとうございます
旧年は大変お世話になりありがとうございました
今年もどうそよろしくお願い致します

私とキャッチコピー

企業や商品には様々なキャッチコピーがあります。
有名なものでは、「やめられない、とまらない」かっぱえびせん
「一目で義理とわかるチョコ」ブラックサンダー
「世界はひとつづつ変えることができる」富士フィルム
「Be a driver.」マツダ
それぞれ一言で上手く商品や企業の特徴や理念を表しています。
ちょっと調べただけでも多くのキャッチコピーがありました。
カッコいいもの、感動的なもの、おもしろいもの、皮肉のきいたもの。
JPCLでもキャッチコピーを作れば面白いかも・・・

ご存知の方も多いかと思いますが、日本で最初にキャッチコピーを作ったのは、
平賀源内先生だそうです。あのエレキテルの平賀源内先生です。
諸説ありますが、
昔々「夏になるとうなぎが売れなくてこまる」と知り合いのうなぎ屋の主人に
相談された平賀源内先生が「店先に、”本日、土用の丑の日”と書いた紙を貼ってみては」
と提案しました。
うなぎ屋の主人がそのとうりにするとお店は大繁盛!
当時は土用に「う」のつく食べ物(ウリやうどん、梅干等)を食べて、
夏バテ防止をする習慣があり、そこにうまく栄養満点の「うなぎ」を加えたのでした。
その後、多くのうなぎ屋がそれを真似したため現在でも「土用の丑の日はうなぎ」と
なったそうです。
さすが平賀源内先生!




キャッチコピーとは少し違いますが、
私には毎年「今年の言葉」のようなものがありまして、
ここ数年は「さぼれば錆びる」でしたが、今年は変えてみようと思います。
平賀源内先生、何かいいのありませんか?
夢に出てきて何か授けてください。

さて、次にバトンをお願いしましたのは、
はじける笑顔の爽やかGirl!笹生ダンススタジオの前田馨先生です。
快く引き受けてくださってありがとうございます。
よろしくお願い致します。

【真・管理人から皆様へ】

(↑クリックしてね)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 山内砂穂 前田馨 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。