goo

菅野純代

頼れる姐さん、遠藤知美先生よりバトンを受け取りました、
イシカワヒロユキダンススタジオの菅野純代です。

先日の7月29日(日)は京王プラザホテル八王子にて
「イシカワヒロユキダンススタジオ 15th Anniversary Party」が行われました。

ご出演くださった皆さま、ご来場くださった皆さまに感謝申し上げます。

色々と不手際もあったと思いますが、
パーティー自体は何とか無事に終わることができたと思います。

私自身は思わぬところで負傷してしまいましたが…
えぇ、まさかのお尻串刺し事件です。

今まであるようでなかった事件だと思います。
長文ですので、興味のある方だけお読み下さい。

プロデモでの出来事です。
ある曲のエンディングがスライディングでした。

スカートがめくれて入っちゃったんですよね。
その瞬間「熱っ!痛っ!!」

これ摩擦だよねー。
擦りむけるとこんなに痛いんだ~、くらいに思っていました。

ホントならもっとザーッて滑る予定だったのに、
摩擦で行けなかったなー、なんて反省したりして。

まだデモは残っていたので、着替えの最中チラッと見ると
皮が白くめくれているように見えました。

なので、絆創膏で皮(らしきもの)をおさえることに。
そしてエンディングまで踊りきりました☆

片付けしてなんやかんや、よし、打ち上げ行くから着替えよ~。
あ、絆創膏でも貼り直そうかなー。

なんて触ったら、ものすごく固いじゃないですか!
え?皮が乾くとこんな固くなるっけ??

あれ?これもしかして木材じゃない?
えーと、どうしよう、痛すぎて自分じゃ抜けない!!

と一人プチパニックになりました。
先に打ち上げ会場に向かった石川に電話するも出てくれず。

よーやく繋がり「木が刺さってる(泣)」と伝えると
急いで様子を見に来てくれました。

これは自分たちではどうにもならない。
すぐにホテルの方に連絡して救急病院を探してもらうことに。

石川には打ち上げに戻ってもらい、
私も一瞬顔を出してすぐ救急病院へ。

当直の先生に事情を説明。
(たまたまですが外科医さんでした!)

幸い表面に近い箇所だから、そのまま抜けるかもとのこと。
部分麻酔をしてもらい、いざ処置へ。

「あー、なるほどなるほど。うん、メス」
え?メスって言った?

どうやら、出ているところより中に入りこんでいるところのほうが幅があるらしく、少しだけメスで切らないと抜けないとのことでした。

麻酔がきいてしまえば恐くありません。
全てお任せしました。

出てきたブツは7cmほどありました。
よくまあ折れずにいてくれたもんです。

一応本体は抜けたし、中を洗浄して薬も入れてくれました。
けど、木だから細かい木屑が残っているかもしれない。
その場合膿んでくるから、必ず病院に行くこと、とのこと。

傷口は1.5cmくらいあるけど、縫わずに終わりました。
万が一膿んだ場合、その出口がないとダメだそうで。

一通りの説明を受け、打ち上げ会場に戻りました。
そこで皆さまに報告。

みんな「えー!!」って。
ですよね…

よく踊れたねと言われましたが、
だって擦りむけてると思い込んでいたんですもん。

木片だと気付いていたら踊れていなかったと思います。
思い込みってすごいですね!!

どんなものが刺さっていたのか気になるかたは私までどうぞ。
スマホのデータにおさめてあります(笑)

このような事故の被害に合ったのが私で良かったです。
お客様や賛助の先生だったら謝罪してもし足りないことになっていました。

そして無事だったから笑い話になるけれど、
もう少し奥に入っていたり長かったりしたら神経に触っていたかもしれません。

そしたらもっと大がかりにメスが入っていたでしょう。
お尻の表面で良かったね、と言われました。

スライディングなんてデモではよくやることだし、
ケガをするようなことはありませんでした。

今までこのような事故は聞いたことがありません。
でも今後あるかも知れません。

スライディング系の技を入れている方は、
リハーサル時にしっかりフロアを確認する事をオススメします!

以上がこの度起こった出来事でした。
皆さま、長文にお付き合い頂きありがとうございました☆

次は、そんな現場に居合わせた正藤ダンススクールの正藤智子先生にバトンをお渡ししました。
智子先生、よろしくお願い致します。。。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 渡辺勝彦 正藤智子 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。