あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

辛坊治郎氏の暴言3

2012年12月04日 22時29分04秒 | Weblog
【拙】辛坊治郎氏の暴言2
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/8d2d48550886065ddd395bd48d3c6216

 今朝、すまたんで、また辛坊治郎がいい加減なことを言っていた。
 TPPについてなんだが、

「民主党以外はみんな反対してるけどねぇ…。どうせ与党になったらやらざるを得ないと思いますよ自民党も。『聖域なき関税撤廃なら反対』と、条件を1つだけつけて反対しているので…」

 とか、まあこんな事を言っていたのだ。
 ちなみに、自民党はTPPについてはほぼ「絶対に反対」と言い切って間違いないスタンスである。微妙な事を山ほど書いているメディアがいるが、少なくともこの件についての自民党のスタンスは遥か前から微動だにしていない。

【自民党】TPP交渉参加の判断基準
http://www.jimin.jp/activity/colum/116025.html

1.政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
2.自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
3.国民皆保険制度を守る。
4.食の安全安心の基準を守る。
5.国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。
6.政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。


 ISD条項については、ウチでは以前から指摘しているが、危険視する人々が若干誇張している感があると感じているものの…

【拙】ISD条項は誇張されているか
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/4ae748ec1ea9214e30e18d5807392b94

 そもそもせっかく返してもらった日米修好通商条約の領事裁判権を自ら放棄するようなのは愚行以外の何者でもないのだ。
 それ以外にも、保険・金融サービス・食の安全基準等、関税とは異なるアメちゃんの言うところの「参入障壁」は、どいつもこいつも、国の体をなす為に必要不可欠なものばかりで、これを撤廃するとか、平成の植民地化であろう。

「早期に交渉のテーブルにつかねばTPPに参加する意味がない」

 と言われ続けて1年以上たつのに、なぜ今でも日本がTPP交渉に参加できるように配慮されているのかと言えば、アメリカと日本でTPP参加国の9割近い需要があるからで、要するにカモネギの日本がいなければTPP参加国に旨みがないからなのだ。

 そんなカモネギに、何故進んでならなければならないのか。

 俺は、小倉智昭や辛坊治郎は、いけすかない男だと思いつつも、その知識量と提供する話題については一目置いている。
 口を開けば単なるキチガイという田原総一朗や鳥越俊太郎とは一線を画す。

 田原や鳥越は失笑の対象だが、辛坊治郎や小倉智昭の発言には、クズらしい計算がほのみえて殺意を覚えるのだ。

 こいつらは、安倍氏の言葉尻を捉え、TPPに賛成したとか反対したとか、発言の曲解を繰り返し、最終的に自民党がTPPに反対すると「ぶれたぶれた」と叫びだすのである。
 これは、古来より朝日新聞の必殺技である「マッチポンプ」と呼ばれるプロパガンダ手法なのである。自分のマッチで火をつけておきながら、自分で火を消す。自作自演ともいう。

 実に腐ったやり方で、俺は許せない。

 幸い、すまたんでは番組連動でツイッターとかやっている。
 どうせ、産経新聞の古森義久記者みたいに、TPP大好きな辛坊は、今後も何回も繰り返すのだ。
 幸いウチも、公式ツイッターを持っているので、似たような発言をやったらリアルタイムでなんかやってやろうかなぁ。なんて思っていたりする。

 とりあえず、さっそく担当の森ちゃんのツイッターをフォローしたった。

人気ブログランキングへ

日本経済の真実―ある日、この国は破産します

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 大連立を諦めない読売新聞 | トップ | 衆院選前に前回衆院選のおさらい »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事