あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

世界に拡散したい日本型リベラル

2018-04-14 22:59:50 | 政治(安倍政権)
 この記事を5chのスレで読んだ時の期待感を返して。

【zakzak】「究極に頭が悪い」政治家とは? 典型例は「自己矛盾に鈍感な人」
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180414/soc1804140003-n1.html

 と、元記事を読んだ時に思った。結構な失望感であった。
 ケント・ギルバート氏かよ…。

 確かに、俺は以前からこんな主張をしている。「日本人識者の言う、ネット右翼的な発言よりも、外国人が日本人に味方をしてくれる流れが必要である」と。
 なので、ケント・ギルバート氏や、モーリー・ロバートソン氏みたいな外国人は、大切にするべきだと…。

 なんか、期待していたのと違ったんだよなぁ。
 ケント・ギルバート氏にせよ、モーリー・ロバートソン氏にせよ、拠点を日本国内に活動拠点を移しちゃったんだよ。

 ホントは、トニー・マラーノ氏のような動きをしてくれる事を、期待していたのだ。
 俺は、外国人に、日本の実情を拡散してくれる人が欲しかったのだけどな。日本国内にいると、それは難しいと思う。
 まあ、別に悪印象を抱いているわけじゃない。日本を好きになってくれて、とてもありがたいと思うし、きっと英語圏の人々に、個人的な範囲であれば、拡散してくれていただろうと思う。

 ただ、「ジャーナリスト」としての拡散能力じゃないんだよね。
 だから、俺はZAKZAKのあの記事を読んで、日本国外で、日本の野党がどれだけスカバカ有害なのかを拡散してくれてる人が、国外にまた出てきたんだ!って思ったら…。
 ケント氏だったんだよねぇ…。

 
 ▲ケント・ギルバート氏

 ケント氏は、日本国内で活躍されていて。どっちかと言えば、「日本国内の論調はこんなだけど、国際的にみた常識じゃないからね」的な情報を、日本人に提供してくれている組だと思うのである。それはまあ、モーリー氏も似たり寄ったり。

 もちろん、その種の情報を提供された時、実に有用でありがたく思うのだけど。まあ、別にケント氏がこの手の発信をしてても問題はないし有益なのは確かなんだけどさ。

 …俺が勝手に勘違いしただけなんだよね。
 ただ、期待してただけに、失望感が先にたっただけで。

 でも、そろそろ俺は、日本の野党の政治手法が、国際的に批判されてもいい時期だと思うのである。
 だって、日本の政治がまるで機能しないのって、国際社会的にも困るでしょうが。
 別に、日本の野党が今よりゃマシなレベルで健全で、与野党が共闘すべきものは共闘できるならいいんだよ。こーゆーのやってくれても。
 ぜんぜんやってないやん。野党の連中がやってる事は「一刻でも早く、安倍独裁を粉砕する。そして日本の政治を正常化する。これが最も正しい。」なのである。安倍政権はゴールに背を向けて全力疾走してるから、まずはそれを止めなければなのだ。連中の正義はソレ。だから、今日本政府が無政府状態になる事すら、まるで平気。

 日本の野党は、日本国内のみならず、世界的にバカなのだ。

 うん。せめて、俺はこのケント氏の記事を英訳し、別の海外メディアでも紹介してほしいと思うんだけどなぁ…。そーゆー活動も、やってほしいところなんだけど。

 …やってくれて…ないよね?多分。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

「悪くあれ! 」窒息ニッポン、自由に生きる思考法

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 中韓外交は日本の社会人世界... | トップ | 反LGBT男さんに1票 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブタヲ)
2018-04-15 07:05:34
やってないでしょうなぁ。
もう日本のタレントさんですもんね。
好感は持てますけどね、日本人として。
Unknown (ヒトビロ)
2018-04-15 07:31:05
わたしも似たような感想を持ってしまいました(笑)
でも、ケントさんはマイケル・ヨン氏が慰安婦強制連行は虚構であると2014年に英語で発信してくれたものを、いち早く彼と連絡とって日本語に翻訳してくれたりしましたよね。
韓国や中国の最終的な敵はアメリカ(母国)という視点から、ヨン氏はその後もずっとこれらの問題について調査し発信し続けておられるようですが、日本の議員たちも彼らに甘えず世界に目を向けてもっと具体的に行動して欲しいですよね。

コメントを投稿

政治(安倍政権)」カテゴリの最新記事