あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

意外と楽しみなG20

2019年05月17日 00時20分21秒 | 政治(安倍政権)
 夕刊フジの「トランプ大統領、靖国参拝の可能性」という一面トップの大見出しが話題になっている。
 まあ、夕刊フジって日刊ゲンダイよりゃ信用できるって程度の信用度合いなんだけど。

 

 実際の紙面を見ていないし、フェイクかもしれんが、この時期にこの話題が出る事には大きな意義があると思う。

 とりあえず、中国のファーウェイの、米国の締め出しはかなりガチである。実際に締め出した事があったZTE(中興通訊)のスマホは、Androidのアップデートが止まって大変な事になっていた。
 同じことがファーウェイで起こると考えると、かなりキツイ。
 最近話題の米中貿易摩擦というものは、実態的には米国の中国への嫌がらせである。
 ファーウェイの締め出しは米国が音頭をとって進めていたが、他国はあまり乗っかってくれなかった。
 戦略的にうまくいってなくてもヘタれずに進める点で言えば、トランプ大統領は日本の安倍総理と違い、安定感がある。
 ファーウェイを締め出しても、米国にメリットはそんなにない。でも、トランプ支持者は基本的に中国の事が嫌いだから、「人気取り」という意味でのアンチ中国キャンペーンは重要なのである。

 そんなトランプ氏だからこそ。靖国参拝はあり得る。また、そーゆー情報が日本で流れ、あり得ると国民に思わせる事も、大切だと思う。

 もし、トランプ氏が靖国参拝しちゃったら…。米中貿易摩擦において、中国が折れる事がなくなっちゃうだろうな…。メンツの国だし、そこまでコケにされたら、中国は米国に妥協できなくなるだろう。米中貿易摩擦、ダメージは中国の方が当然大きいわけで。中国だって、靖国参拝なんてガチで米国大統領にやってほしくない。だから、こーゆー事前の嫌がらせは、トランプ流の、交渉術の一環なのだろう。

 それで、中国がトランプ氏を納得させるだけの妥協案を提示してくる事を待っているのだ。

 でだ。このトランプ流・交渉術は成功するだろうか。
 …失敗するだろうねぇ。いくら靖国参拝をやるぞやるぞ詐欺をされても、ここまで米国にコケにされている段階で、中国は既に妥協がかなり難しい。それで、米国の思惑通りにならなかったら…。トランプ大統領は、有限実行するのである。

 この時、もし米国大統領が靖国参拝を望んだら…。
 日本の総理大臣は、トランプ氏の単独参拝を許すだろうか?ね?


 安倍総理は、ハワイのアリゾナ記念館に、現職総理としては初訪問している。
 その時の事を思えば、トランプ大統領の靖国参拝は、日米両国民に歓迎されるように思う。アリゾナ記念館訪問時の安倍総理みたいに。
 トランプ大統領にとって、人気取りは重要なファクターである。

 今はちょうど、クリントン元米国大統領の日本パッシングの頃とは逆で、なにかにつけて、中韓が排除される流れになっている。

 思いの外、トランプ大統領の靖国参拝の可能性は高い。
 すると、同時に安倍総理も参拝する可能性は、非常に高い。

 最初、トランプ大統領の「靖国参拝するぞするぞ詐欺」かもしれないけれど。中国が米中貿易摩擦において米国に譲歩しないのであれば、それは詐欺ではなくなる。

 もうすぐ、G20でトランプ大統領は訪日する。
 そこで、当然ながら米中・日米首脳会談は行われるのだけど…。

 結果如何によっては、米中首脳会談が2分で終了し、いきなり日米トップの靖国参拝が実現するかもしれない。あるいは、時期的に敗戦記念日あたりになっても、いいなと思う。
 何にせよ、G20の結論がどうなるのか、今はその前哨戦ムードである。
 いやあ。結構楽しみだよG20大阪。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx



コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 便利なマスコミの暗黙ルール | トップ | 意外と楽しみなG20 その2 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ん)
2019-05-20 22:08:27
>ファーウェイを締め出しても、米国にメリットはそんなにない

え?
ファーウェイをこのまま許していると、米国に害悪を及ぼすのは事実だよな。

まあソースが悩ましいのは事実ですが、
是非トランプ大統領と安倍首相がそろって靖国参拝して欲しいですね。

コメントを投稿

政治(安倍政権)」カテゴリの最新記事