あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

お花畑民主党

2010年05月16日 22時25分07秒 | 政治(国内・その他)
 さっきのエントリで、俺は民主党に「現実処理能力」がないって語ったが、そのものすごくわかりやすい事例を見つけたので、ここに紹介する。

 例の口蹄疫発生地域の地元民主党議員、「外山いつき」氏のブログである。
 一部引用する。

 http://blog.goo.ne.jp/izki-toyama

「国は初動に関しては迅速に動いていたと私は認めます」

「個人的には国の防疫が成功しているから、今の制限エリアに食い止めれているのではなく、運よく食いとどめてるのではないか。」

「思いきった対策が、今、必要であり。超法規的に考えないといけない部分もある。役所に任せるのではなく、政治主導で終息させなければならない。」


 俺が何にムカついたかわかるだろうか?俺はこう解釈した。

「国はよくやってるが、結局広がってる。役人は所詮マニュアル通りにしか動けない。しかし民主党なら、民主党だからこそ!!大胆な政策を打ち出してこの問題を収束させる事ができるのだっ」

 ああムカつく。こいつ何を言ってるんだ。言っている意味が理解不能。
 基本、政治ニュースを読むスタンスは、怒りではなく「こいつらアホじゃのう…」的ブラックジョークでさらりと流したいのだけど俺は。

 口蹄疫の問題は、ウォッチしている人は本当に腹が立っていると思う。
 まず、動いているのは国ではなく地元の県だ。本当に命懸けで収束させようと日夜努力している人に謝れ。お前の地元だろう。信じられんわ。
 お前のような奴の地道な努力のおかげで、多分今度の参院選は、民主党が大敗北する事になるであろう。その点は感謝してやらんでもないが、もう二度と出てくんな。


 ちなみに、「国民の知らない反日の実態」というブログでは、有志の人々が、今回の口蹄疫問題について、時系列に整理している。

 口蹄疫問題時系列
 http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1230.html

 個人的には、「森政権時、世界に賞賛された口蹄疫・余裕の完全制圧」の時系列を一緒に載せて欲しいと思っていたりする。誰かやってくんないかなぁ。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 次の参院選で自民党は勝てる... | トップ | 消費税増税の意味がわからない »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-05-17 11:04:59
2000年の自民党政権の口蹄疫への対応と、民主党の口蹄疫への対応を比 http://anond.hatelabo.jp/20100511231152
っていうのがありました。
3/25確認から5/10終息宣言まで37日間ですね。

21日目
4/15 宮崎県議会、臨時本会議で国への要望決議。(1)激甚災害並みの対策を講じる(2)防疫態勢を確立する、など四項目。「口蹄疫まん延防止等に関する検討会」開催。農水省、検査の遅れを謝罪。

さて今回はどのような謝罪をされるのでしょうか????
・・・たぶん謝罪はしないのでしょう・・・と思っております。
口蹄疫 (マゴチ)
2010-05-19 17:34:37
http://kaleido11.blog111.fc2.com/

コメントを投稿

政治(国内・その他)」カテゴリの最新記事