あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

韓国人「私達は日本人を愛しています。日本人も私達を愛してください」

2019年03月13日 23時56分36秒 | 政治(安倍政権)
 さて。日本発で具体的な韓国経済制裁論が出始めた昨今。
 明日、行われる日韓局長級会合が、おそらく韓国にとってのラストチャンスとなると思われる。

【夕刊フジ】麻生財務相“報復措置”明言で韓国は戦々恐々 韓国紙「局長会談の結果は楽観できないという見方も」
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190313/soc1903130013-n1.html

 今回の件で、俺がさらに強く確信を持ったのは。やはり核兵器のような抑止力は重要だという事だ。韓国は、これまで日本との対話を強く拒んできた。それが、今回急に、簡単に実現してしまった。こんなあっさりと韓国と会合がもてたのは、韓国が本当に、本気でまずいと思っているからであろう。
 連中は、本当に困ってからでないと、日本の話を聞こうとはしない。それは、中国やロシア、北朝鮮にしても同じことで。だからこそ、日本国内にはびこる特亜勢力、中ロ韓に味方する特定日本人達は、憲法9条を日本人に「神が与え給うた禁書目録」としてひれ伏せさせ、日本に抑止力を放棄させようと躍起になるのである。

 それにしても、今回の日韓外交局長級会合もそうだが、なぜ日本はわざわざ韓国ソウルまで、韓国人の話を聞きに行ってやるのだろう。呼びつけ、来させればいいのに。別にそんな会合、持たなくても日本は困らないのに。

 …と思うのだけどさ。今回に限っては、韓国が日本を舐めたままの方がいいと思っている。韓国にわざわざ行って、連中のホームで、日本を舐めたまま、ラストチャンスを棒に振ればいい。以下の記事は、「グローバルニュースアジア(タイ)」より。

【グローバルニュースアジア】韓国は正常な判断出来ぬ国家「弱り目に祟り目」文在寅大統領
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5569&&country=1&&p=2

 この記事は、韓国の現状をよく見抜いていると思う。

優しく語りかけても日本を舐める癖があり鈍感でした。日本が韓国に対して経済制裁を本気で考えている事が分かり、少し慌てていますが、14日に金杉憲治アジア大洋州局長が、わざわざソウルに出向き、韓国外務省幹部と話し合いが行われるらしいとの事です。これが韓国のラストチャンスです。
 PM2.5などの大気汚染を全て中国に責任転嫁し、中国からも公式に抗議がありました。ソウルは世界一の大気汚染都市ですが、大気だけではなく様々な所が汚染されています。早期の政権交代が内外から望まれています』と指摘する。

 文在寅政権を見ていると思うのだが、マジで日本を舐めていると思う。

 これは中韓共通の、日本人との違いだと思うのだけど。言葉に付随する責任感が段違いなのである。改めて言われるまでもなく、中国は韓国ほどではないけれど、韓国人の言葉はマジで軽いのだ。
 明らかに、言葉を「他人を制御する為のツール」と割り切っている。日本人のように、自分の言った言葉に対して責任をとるような事はしない。言葉は、韓国人にとって自分をも縛るモノではなく、他人を操る為のものなのだ。

 そう考えれば、日本の野党の言動にも類似性が伺える。

 韓国人が、日本人の言葉を、自分達と同じような感覚で見ているのであれば、日本人の言葉を軽く見ている可能性は非常に高い。

 日本人が、「韓国人はウソばかりつく!」と激怒したりして、韓国人を知ったかのような気持ちになったとしても、「韓国人は、日本人とは言葉の使い方が異なり、自分を縛るものではなく、他人を操る為に使っている」とは考えないだろう?それと同じ現象が、韓国人に起きている可能性があると思うのだ。「日本人は、『約束』という言葉に弱い」と、日本人の事を知った気になったとしても、「日本人は有言実行する。我々韓国人のように、言いっぱなしにはしない」とは思わないのではなかろうか。

 これにプラスして、韓国人にはいつも「責任転嫁癖」がついてまわる。「慰安婦」に対する「ライダイハン」にしてもそうだし、上記タイ紙でも言及されているPM2.5もそうだ。タイ紙が言うには

PM2.5などの大気汚染を全て中国に責任転嫁し、中国からも公式に抗議がありました

 との事。日本でも一時期、中国からの偏西風によってPM2.5の流入が問題になっていたが、最近では、そう深刻な問題になっていない。
 中国は、徐々に大気汚染が改善傾向にあるのである。

 今、相当大気汚染がすこぶる悪化しているのは、韓国だけである。

 大気汚染もしかりだが、結局、自分達の所業を、他人のせいにしているだけなのである。それで、その「言葉の軽さ」が、米国という後ろ盾を失いつつある韓国にとって、対日外交では命取りになりかねない。

 14日。局長級会合はいったいどうなるであろうか。韓国では自分達の主張が通らなければ、相手に責任転化をしてくる。あるいは、悪く言えない相手であれば情けを乞うたり、突然愛を語ったりしてくると思われるが…。

 うすうす、日本が悪く言えない相手だと気付きつつある韓国は、どういう反応を見せるかね?やっぱ「私達はこんなにも日本を愛しています。日本も韓国を愛してください」なんだろうか。

 …リッパートさん、こんな事を言われてよく平気な顔をしてられたなぁ。俺には無理だわ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 韓国への制裁へ向けた長き道程 | トップ | 一日千秋の思いで韓国制裁を待つ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (POLLUTANT)
2019-03-15 01:16:02
韓国は反撃してくるみたいですね。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00080013-chosun-kr
 一応、日本はやるだけの措置は取ったんで、後は韓国次第って事じゃないですか?
Unknown (加藤隼戦闘隊)
2019-03-17 22:54:10
韓国人「私達は日本人(の持つ金)を愛しています。日本人も私達を愛して(金を)ください」

だろうなぁ。

コメントを投稿

政治(安倍政権)」カテゴリの最新記事