あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

黒田勝弘氏の時代遅れ

2019年03月20日 00時15分30秒 | 特定亜細亜
 昔、産経新聞の黒田勝弘といえば。韓国国内の反日事情を日本国内へと紹介してくれる、有名&有能な「愛韓の人」であった。

 同時に、朝日新聞記者との対談本なんかを出されていて、その内容を読むに「朝日は極端に韓国へ迎合し、甘やかしている。韓国人を対等とみなしていない」と批判的であったように思う。

【文春】「日韓断交!」「報復制裁!」なぜ日本人は不愉快な反日ニュースに興奮してしまうのか
https://bunshun.jp/articles/-/11082

 そんな彼が、最近の日本の嫌韓を批判する立場に変じている。しかも、あまりに一方的で根拠が薄い。上記の記事タイトルを見れば、「日本人がなぜ興奮しているのか」とか書いてあるから、何かそれを解説しているのかと思いきや、実は文中で何も明かされていない。

 考えてみれば当然で、黒田氏の真骨頂は在韓ならではの韓国国内情報の発信なのである。日本人の事情に詳しいわけではないのだ。
 はっきり言って、読む価値のない記事だと思ったのだが、裏を返せばこれは「韓国国内から見る日本人観」なのである。これはこれで貴重なご意見なのかもしれないと、思うに至った。

 在韓日本人である黒田氏から見れば、「日本人は興奮している」と見えるかもしれない。実際、韓国メディア記事を読んでいれば、韓国人はそのように誤解している。
 が、それは誤りであろう。日本人は別に興奮なんてしていない。どちらかと言えば、「苛立っている」のである。
 「苛立ち」とは「興奮」ではない。「苛立ち」とは、冷静な韓国観測が前提にあり、機会損失に陥りがちな動きの鈍い日本政府の対応に、不満を見せつつ静観している状態である。

 苛立ちから、やがて興奮の域に達したと言えるのは、日本であれば特定日本人に扇動された反原発デモや、中国漁船衝突事故の時のデモ、フジテレビデモに代表される大規模なデモや、麻生総理退陣時の左右両陣営の応援合戦が挙げられるだろうか。
 興奮とは、悪く言えばヒステリーの前駆症状と捉えてもいいと思う。我慢強い日本人は、そう簡単に興奮なんてしないのである。
 そう簡単に興奮する韓国人の国で生活しているからこそ、黒田氏の発想は若干韓国人に寄っており、日本人を語らせるとピントがずれてしまう。

 10年以上昔、韓国の情報はそう簡単には日本国内に入ってこなかった。マスコミに多くの韓国人が潜伏しており、ネガティブなイメージを日本国内に持ち込ませなかったからだ。
 そんな中、かなりあけすけな黒田氏のコラム…「ソウルからヨボセヨ」は、かなり異彩を放っており、そんな情報を日本国内へと発信し続ける黒田氏は、韓国のイメージ悪化を「悪」と捉える日本のメディアからは異端視されていた。

 時代に合っていたんだな。ニッチな需要を、当時の黒田氏は捉えていたのだ。

 俺は、黒田氏のスタンスが、日本の嫌韓を受け、愛韓の徒という事もあって、変節したのかと思っていたのだが、どうやら彼は、昔から一貫して変わっていなかったようだ。

 単に、日本国内の事情に無知な、在韓日本人であった…らしい。
 昨今、彼は頻繁に日本人に警笛を鳴らしているが…。今の日本の「警戒心」は正しい。なぜならこれは、放って置いては日本の国益を著しく毀損するモノだからだ。ちゃんと情報が国民に伝わっているのであれば、日本人は「正当防衛」的に、かかる火の粉を打ち払う必要がある。薬を嗅がされ、皮膚の感覚が鈍らされ、かかる火の粉が払えずに火膨れを起こしているのに、なぜ火傷になっているか、理解できなかった昔の日本人とは違うのである。

 以前、俺は黒田氏のことを、嫌韓ブーム以降「耄碌した老人」と評価した事があるのだけど。その評価は撤回する。別に耄碌したわけではなかったからな。
 単に、マッチングできていない分野に、彼は手を出してしまっただけであった。

 今や、韓国の国内事情なんぞ、いろんなルートで入ってくる。黒田氏の情報は、その十把一絡げにすぎない。
 そして、最近書かれている、日本人分析は韓国人目線でもってピントがズレている…。明確に、彼が時代遅れとなってしまった感があり、すごく寂しく感じるのであった。

 老害・耄碌ってのは、その人の脳内アップデートが止まる事を示している。誰の言葉だっただろう?
 だから、別に彼の脳内アップデートが止まっているわけではないのだ。単に、手を出した分野がマッチングできていないだけで。

 シンシアリーさんみたいに、韓国人分析を日本人に紹介するのに特化しちゃえばいいのにな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 一日千秋の思いで韓国制裁を待つ | トップ | ワリとレコチャが好き »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これだけ (淡水真珠)
2019-03-26 12:06:26
長いこと韓国にいたら情が移って韓国寄りになっちゃうかも?前日本より韓国の方が居心地が良いとか?言ってたし…(-.-)zzZ

コメントを投稿

特定亜細亜」カテゴリの最新記事