あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

「できない事はできると言い、できる事はできないと言う」

2009年08月03日 22時04分22秒 | 政治(麻生政権)
【赤旗】民主党マニフェスト/“日米FTA締結”明記/農業壊滅 批判に大あわて
(前略)日本共産党の志位和夫委員長は28日、記者団の質問に答え、「米国とのFTAは日本農業を壊滅させる。絶対に反対だ。そんな道に踏み込んだら食料自給率がかぎりなくゼロに近づくことになりかねない」と批判しました。
 農林水産省の試算によると、経済連携協定(EPA)やFTAで関税などの国境措置が撤廃された場合、日本の農業総生産額の42%に相当する3兆5959億円が失われ、食料自給率が12%に低下します。米国とのFTAが、日本の農業に大打撃を与えることは必至です。(攻略)


 えーっと。そうは言っても志位委員長、煽りすぎ。食料自給率に関する限りは、おそらく民主党の主張は間違っていない。米などの重要作物で自由化とかしない限り、12%とかまで激減はしないだろう。カロリーベースなんだから。
 無論、それは単なる隠れ蓑であり、実質コストベースで見れば、農産物の自給率、日本は実に8割を達成しているそうで(ソースはない。適当なんだが…)、そっちの方面。つまりコストベースで見れば、日本農業は大打撃を受けるであろう。これこそが最も重要な話。

 赤い確かな野党と農水省の役人は、コストベースでの試算で儲けが40%OFFになる事を記述した上で、カロリーベースの自給率も40%OFFになると言っているのだ。まあむちゃくちゃではあるものの、民主党側も、いつものように「嘘はついていないものの本当の事は言っていない」状態なので、目くそ鼻くそで反論すると自滅する状況なのであった。反論すれば自滅する状況ワロス。こいつらこんなんばっかりか。

 志位委員長も役人も、自ら「嘘つき」と同じ土俵に乗っかっての、戦略的対抗。これは効果絶大。

 国民の「民」っつー字は、「「目」を針で潰された人」と言う意味だそうで。国民を(非難される事を覚悟であえて)「アホ」と定義すると。
 アホを騙す為、アホのふりをする「アホ主党」の騙りを封じる為、自らもアホになって反論する志位委員長といったところだろうか。

 まさにウンコの投げ合い。地獄絵図だな。

【時事】自民の農政批判に反論=鳩山代表

 民主党の鳩山由紀夫代表は30日、長野県伊那市で講演し、衆院選マニフェスト(政権公約)に米国との自由貿易協定(FTA)締結を盛り込んだことを、自民党が「農業を崩壊に招く」と批判していることについて、「農業の将来を見えないようにしたのは誰だ」と反論した。
 鳩山氏は民主党が掲げる農家への戸別所得補償制度に触れながら「海外から(市場開放)圧力が掛かってきても、農家の経済的な状況は保てる制度を保証する」と強調。「コメなどの重要作物は、簡単に関税を撤廃させるつもりは毛頭ない」と述べ、理解を求めた。(攻略)


 そして、逆切れで、しかも自民党にしか反論する事ができない鳩山クンであった。逆切れ以外何者でもなかろう。自らの言葉にバックボーンがなければ、そーするしかないよな。まるでどっかの国のようだ。

 それで、生産調整とかいった理由で、良質で安価な国産野菜が山のように廃棄される傍ら、日本人は中国産野菜とかアメリカ産野菜を食うハメになるわけだな。

 FTAなんて、一部国民を犠牲にして、一部の大企業が潤う事が目的じゃないか。とは言え、優良日本企業の海外流出は大変な損失なので、税収面でお得意様を手放すことができない現実もあり、難しい問題なのはわかっている。
 それをさも、良い面しかないように紹介し、実際に日本人に辛酸をなめさせる行為を平然と主張するヤツらにはいつも怒りを覚える。

 自民党が官僚主導?お前らは誰主導なんよ。
 つくづく、政治の格言(表題)を思い知らされたよ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ダウト・ダウト・ダウト! | トップ | コンビニ本社側の反撃 »

コメントを投稿

政治(麻生政権)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事