あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

産経の姿勢は嫌いではない

2018-01-21 01:21:24 | 政治(安倍政権)
 タイトル見て、ほぼ無視してる記事だったので、ちょっと時流に乗り遅れたネタかもしれないが…。
 IZA(産経の記事まとめサイト)で見かけたので、たまたま読んでみると、とても好印象な記事であった。

【iza】ウーマンラッシュアワー村本さん 狙い通り〝炎上〟?「オホーツクはロシアのもの」
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/180118/plt18011819190022-n1.html

 ま、それでも記事を読む価値はない。なぜならタイトルが全てだからだ。
 ここまでくれば、確かに産経記事の言うとおり、村本のこの態度は「狙い通り炎上」であろう。彼はもう、パヨクにちやほやされるか、炎上ネタの提供で生きていくしか道がなくなってしまったのだ。

 ここで、ウチのブログのスタンスとして、村本に対して推奨したい態度とは何か?と問われれば。徹底的に無視である。
 しかし、俺はこうして村本をエントリであえて取り上げてしまっている。これは俺の本意ではないのだ。
 そしてそれは、産経のキモチでもあると思う。奇しくも、産経のこの記事を書いた記者と俺は、おそらくかなりのシンクロ率である。

 つまりこれは、産経記者の「注意喚起」なのである。村本はわざと煽っているのだと。こいつは相手にしたらダメな奴なんだと。逆に喜ばせるだけだと。

 正直、俺には「人に罵られる事を仕事にする」という人々の特殊なパーソナリティを理解できない。俺は自分の人生が一番大切で、豊かなキモチで生きていきたい。こんな生活、ストレスがハンパではないだろう。無論、なんにでも慣れはあるわけで。こーゆー生き方も慣れれば大してストレスにもならないのかもしれないが、そんな自分を俺は好きになれそうにないし、人に、特に嫁や子供に誇ることもできそうにない。

 炎上芸は、ツイッターで犯罪自慢をする連中に通じるものがあるけど。これとすら、一線を画している。

 だってな。ツイッターでの犯罪自慢ってのは、アホだから気がついてないんだよ。そーゆー連中には、「世界配信する前に、『あ。これはヤバイな』と気がつけよ。アップする事で発生してしまう事を、ちょっとは想像しろよ」と。説教すれば済む話じゃない。

 炎上芸人は、アホのふりをして開き直っているのである。いや、アホなんだよ?でも、アホでも経験上、何が発生するか、わかりきっている。
 でね。村本の場合、炎上して自分が嫌な目にあう事の見返りに、「特定なんちゃら人」関連の人々から極端に持ち上げられる。ぶっちゃけそっち方面の人々が、村本のスポンサーをやってくれるのである。シールズの奥田とまったく同じ構造。

 つまり、特定アジア人やら特定日本人辺りが、「ようこそ暗黒面に。仲間が増えてうれしいです。大歓迎ですよ」って喜ぶのである。
 村本の炎上芸を叩くってのは、そういう事なのだ。俺は連中が喜ぶ顔を見たくない。

 でも、矛盾するんだけど。こーゆーネタを放置するのはよくない。

 だから、発生源に大して執拗に批判するのはいいと思うんだよね。でも、そこから派生して、村本をチェックするようなマネは駄目だと思う。
 アレは、汚いものを見るような目つきで、誰にも相手にされないような状態にならないといけないのだ。「ママー。あの人何してんの?」「シッ。目を合わせちゃいけません」とか母親に言わせて、足早にさられるぐらいの感じが理想。

 産経のこの記事タイトルは、「あ。こいつわざとやってんのか。無視しよう」と思わせたい旨がひしひしと伝わってくるんだよね。

 いいね産経。俺は好きだよ。そーゆー仕事。俺も同意見だ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界


コメント (2)